イタリアに帰り・・・

かなり後ろ髪を引かれながらのイタリア帰国。

心配していた飛行機の中での梅ちゃんも、乗り換え地のウィーンへ着陸する時にかな~り愚図った以外はとてもいい子で機嫌良くしてくれた。愚図ったのはおそらく気圧の変化で耳が痛かったのと乗って間もなくして2時間寝た後8時間ずっと起きっぱなしで眠かったからじゃないかと思う。

空港まで送ってくれた両親。お別れする所で母が涙をこらえてる姿を見て、こっちまで切なくなってしまった。

海外に住むようになってトータルで10年以上になる。その間、日本への一時帰国を何度もやってきたけれど、年が行ったせいか、それとも子供が出来て自分も母になったせいか、今回の帰国ほど『帰国の有り難味』ってものを感じたことがなかった。

20代の頃、カナダに住んでた時の帰国はただただ親が『帰ってきなさい』って言うから、仕方なく帰ってきてて『日本に帰るせいで有給使ってしまって、ほかの場所に旅行がいけない』なんて思ってたもんだ。それに2週間の滞在でも十分って思ってたし。

それが今回、ひと月も居たのに全然足りなかった。ま、子供が居るせいでやりたいことの半分も出来ないから余計に時間が足りないような気がしたのかもしれないけど。

それになにより、『親の有り難味』もひしひしと感じた今回。特に母。やっぱり、子供の世話を母に手伝ってもらうのって、いいなぁ。こっちも思いっきり甘えられるし、母も母でめったに会えない孫と遊ぶのを楽しんでくれる。

日本滞在中に私の両親は梅ちゃんに『げんこつ山の狸さん』を叩きこんでいた(笑)。お陰で未だにげんこつをした両手を叩いて、私に歌えと催促する。それに『おっぱい飲んでー♪』の所になると、一緒に『ぱっぱぁー(おっぱい)』と歌えるようにもなった。それもタイミングばっちりで。

後は出発2日前に従兄の名前が言えるようになった。かずきって言うんだけど、『かぁきー』と階段の下から指を指して上の階に住む従兄を呼ぶのだ。
今でもかずきの写真を見せると、『かぁき!』って嬉しそうに言う。で、私の母の写真を見ては『ばあば』。
遊んでもらってよっぽど楽しかったんだろうね。もうしばらくは、ばあばもかぁきも一緒に遊んでくれないこと分かってんのかなぁ。なんかちょっと可哀相。

後の最近の梅ちゃんの成長振りは、ティッシュを持って鼻をかむ振りをしたり、ウエットティッシュをほっぺに当てたり、ブラシを頭にさすったりしながら『キレイ、キレイ』って言う(笑)。で、おならが出ると恥かしそうに『ぷっ』って言う(爆)。

何かを手渡す時には必ず『どーじょ』。言い方がこれまた超可愛いんだよね(^^)。だけど本人、物を貰う時も『どーじょ』と思ってるらしく、何か欲しい時も私に向かって、『どーじょ!どーじょ!』と催促する(爆)。
後、嫌なことが有れば、『もーっっ!!』って怒る。これってひょっとして私が言ってるの聞いて覚えたの?ヤバイ、ヤバイ(^^;)。

それに昨日くらいから『これ』も言えるようになってきた。何かを指さしては『これ!』って嬉しそうに言う。

d0009639_632147.jpg日本に居る時に梅ちゃん用に音の鳴るプーさんのスリッパとアンパンマンのスリッパを買ってあげたのに、見向きもせず家の中ではしょっちゅう大人用のスリッパか、私の靴を嬉しそうに履いて歩く。あの~、うちの中土足禁止なんですけど(^^;)。(写真参照)

ご飯も最近は自分で食べる楽しみを覚えたのか、みずからスプーンを手にとってこぼしながらも食べるようになって来た。今までは食べさせてもらって満足だったのにね。

ほんとにどんどん、どんどん進化していくね(^^)。

追記:そうそう、ウイーンで飛行機をローマ行きに乗り換えたときに、機内に入った途端たくさんのイタリア人たちの何かに対して大声で文句を言ったり、怒ったりしてる様をあっちこっちで見た。
『あ~、イタリアに帰ってきたんだ~』って思ったね(爆)。何で、イタリア人ってあんなしょっちゅう何かに怒ってるんだろうね。もちっと平和に行こうよ(^^;)。
[PR]
by honestpumpkin | 2005-10-14 23:18 | 育児
<< ニャンコと梅ちゃん 出発を直前にして・・・ >>