アレルギー検査へ

今日は朝から早起きをして、ローマ中心街に程近い病院へと梅ちゃんのアレルギー検査へ行って来た。

最初の電車を下りて、地下鉄に乗り換えようとしたんだけど、ちょうど早朝ラッシュの時間帯だったので、あまりにすごい人で断念。3本くらい見送って待ってたんだけど、梅ちゃん抱っこであんな電車に乗れないよ。押しつぶされる。イタリア人って押すからねー。必要以上に。

私と旦那だけだったらどうやってでも乗ってたと思うけど、あれは・・・ね。なので、そこから病院まではタクシーを使うことに。タクシーでも結構道は込んでて普通なら10ユーロもかからない距離なのに15ユーロもかかった。

で、ここの病院、大学病院ですんげえデカイ。病院内、小児科アレルギー部門探してあっち行ったりこっち行ったり・・・もちろん旦那の機嫌もいつものことだけど(笑)どんどん悪くなる。廊下で道を聞く看護婦さんとかにもお礼も言わずに、ブツブツブツ・・・で、私が申し訳なさそうに『有難う』と礼を言って旦那に着いていく(笑)。

アレルギー部門に着いたはいいけど、そこの人に『先に会計済ませてからでないと、受け付けられない』と。
旦那も『9時に予約入れてるんですけど(この時点で9時10分)、それからでも大丈夫なんですか』って聞くと『みんなそうだから、大丈夫』と。

なので、私と梅ちゃんがここに居残り、旦那だけ会計課へ戻っていく。会計課での待ち人数40名(^^;)。
私と梅ちゃんとで待ってる間、梅ちゃんも比較的機嫌よく廊下を行ったり来たり、クラッカーを食べながらうろうろうろ。で、廊下のベンチに座ってるお婆ちゃんと一緒に来てたマテオって男の子(7歳くらいかなぁ)がGameBoyしてるのに釘付けになり、ず~っと彼の前でゲームを覗き込んでる。

こっちの子供って前から思ってたんだけど、大きい子供は小さい子供にほんとに寛大って言うか、優しいんだよね。
梅ちゃんに向かってゲームボーイの説明を始めるマテオ君(爆)。隣にいたおばあちゃんが、『マテオ、この子は小さすぎてお前の言うことはまだ分からないんだよ』と。
で、マテオ君梅ちゃんを撫で撫でしながら、『キミは本当に可愛い娘(こ)だね。いい子だし、おとなしくしてるし・・・云々』と、まるでナンパでもしてるかのようなせりふ(爆)。でも、そうじゃないんだけどね。ただ本当に年下の子を可愛がってるだけなんだけど、なんだか見てて『こうやってイタリア男って出来上がっていくんだなぁ』と一人感心(笑)。

その内、梅ちゃんに何を言っていいか分からなくなり、自分のおでこや頭を手の平でぶっ叩いて、ウケを狙い始めるマテオ君。梅ちゃんもそれを見て大喜び。けらけら笑い出す。

で、なんでも真似する梅ちゃんが自分のおでこを叩き始めたのを見て、そっと梅ちゃんの手を取り『ダメだよ、これをすると痛いんだよ。キミは真似しちゃいけないよ』と。
やさしいね。
でも意味の分からない梅ちゃんはずっとおでこを叩き続ける。で、またマテオ君『ダメだよ。しちゃいけないよ。痛いよ。』と優しく梅ちゃんの手を取る(^^)。
『この子は何でも真似したがるのよ』と私もマテオ君に言ってみたけど、止める風でもなく自分を叩いて梅ちゃんを笑わそうとする。
梅ちゃん大うけ。

その内マテオ君の番になり、お婆ちゃんと一緒に一室へと消えて行った。で、旦那が会計から戻ってきて(結局、ただだったんだけどね。何の意味があるんだろう。わざわざ会計済ませてから・・・なんて言ってたのは。)、待つこと1時間くらい。

やっと私たちの番が来て、検査室へ入る。生まれてからこのかたの色んな質問をされて、簡単に往診。今回は、生まれた頃から中耳がしょっちゅう赤くなってるし、中耳炎もしたのでひょっとしてそれがアレルギーが関係してるかもしれないって言うことで来たので、耳も一応診てもらったけど、耳垢でよく見れなかったらしい(^^;)。
でも、梅ちゃん耳を診て貰っていた間や、上半身裸で聴診器当てられたりしてる間、すごいいい子にしてた。ほんと12月に耳鼻科に行ったときや小児科検診でも最近ほんとにいい子にしてる梅ちゃん。以前は泣きっぱなしだったのに、ちゃんといい子でおとなしく検査を受けるのだ。母感動(T-T)。

で、アレルギー検査。ひじから手首の間の腕の内側で行うパッチ検査だったんだけど、これも結構いい子でおとなしくしてて、でも液体を押し込む作業だけ『タイターイ』でちょっと痛がったけど、頑張って何とかクリア。

その後20分待つように言われて廊下で待機(なんて言いながら、忘れられて1時間も待った(怒))。その間も、また別の年上の男の子と知り合い、梅ちゃんとっても嬉しそうだった。

d0009639_7335613.jpg今回知り合ったのは、私がもう婿候補にしたいくらいのいい子。さっきのマテオ君は大きくなったらプレイボーイ風になるかな、って感じだったけど、今回のフランチェスコ君(10歳)はもうすんごいジェントルマン。10歳にして、まるでリチャードギアのような感じをかもし出している(^^)。

梅ちゃんの赤ちゃん語に対しても、常にニコニコ(写真の笑顔で)、ベンチの上を歩く梅ちゃんの足元を常に注意して、自分の手でかばって梅ちゃんが落ちないように気を使ってるし、梅ちゃんがベンチから下りようとすると、そっと手を貸して抱っこで下ろしてくれ、登る時もそっと抱っこをして登るのを手伝ってくれる。見てても、常に梅ちゃんが怪我しないように細心の注意を払ってるのが伝わってくるのだ。

梅ちゃんたらフランチェスコ君がかなり気に入ったらしく、口にちゅーしようと顔を近づけると、フランチェスコ君嬉しそうな顔しながらそっと自分の口をずらしてほっぺにちゅーさせる(何て紳士なの!梅ちゃんの唇は奪わないなんて!:写真参照)。しかも何度も。で、梅ちゃんが両腕を開いて、フランチェスコ君を抱擁すると、そっと彼も梅ちゃんを抱擁する。とっても嬉しそうに。これも何度もやってた梅ちゃん(^^;)。さすがイタリア人の血が入ってるぞ、あんた(笑)。

きゃ~。ほんとたった10歳なのに、私まで『素敵~!』なんて思ってしまったよ(爆)。もう、是非、うちの娘の婿に!なんてね(笑)。

と、その内フランチェスコ君も順番が来て去って行ってしまった。で梅ちゃんの検査結果を通りがかった(アレルギー検査をやってくれた)先生に聞いたら、すぐに見てくれて『何にもアレルギーで引っかかってませんね』と。良かった。
後はさらに詳しい検査の為に後日PristとRastという血液検査をするよう指示される。

なんか、ほんとめんどくさいねー。また今日みたいなめんどくさい事しなくちゃいけないんだ。とほほ。ま、これも子供の為。頑張らなくては。

☆★☆


ローマはおとといから冬のセールが始まったんだけど、昨日梅ちゃんの来年用のコートでいいのが有ったので即買いした。だって、70%オフだったんだも~ん。
それもDPAMので。
d0009639_7554521.jpgこのブランドってフランスのだけど、日本でも売ってるんだよね。70%オフよ、70%。
色は正直言って他のが欲しかったけど、さすがにこの値段、これしか無かったの。それも最後の一個だったし。
でも、家に帰ってじっくり見たら、結構気に入ってきたかも。ありがちな色でもないし、つるつるタイプの素材だから雨もはじきそうだし(^^)。

何よりも目立つ色だから迷子にもなりにくいし(笑)。ただ、来年くらいはきっと梅ちゃんも自分の好みとかがより一層ついてきてそうだから、ひょっとして『お母さん、これ嫌』なんて言われるかもね(^^;)。梅ちゃん、着てね。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-16 23:03 | 育児
<< ひえ~、何これ~・・・。 海外からの便り >>