冷蔵庫到着!

今日やっと冷蔵庫が我が家にやってきた。

旦那が先日電気屋さんで『配達は午後の14時以降にしてください』ってわざわざ言っていたにもかかわらず、やって来たのはお昼の12時40頃(ーー;)。

いや、ここはイタリア。なんとなく想像はしていたんだけどね。ドアのブザーが鳴り、応答すると『○○からです』と。
『え゛~!まだ冷蔵庫の中片付けてないよ(大汗)。それにまだ家具から冷蔵庫取り外してないし・・・』と私たち。

旦那が急いで下に下りて行き『まだ全然片付けてないんですが。それに予定では14時以降でお願いしていたのに・・・』なんて言ってみたが、冷蔵庫は既に階下で箱から出されて、いざ運ばん! の体勢(^^;)。

仕方が無いので冷蔵庫を家に運んでもらうことになった。で、古い冷蔵庫を持って行ってくれる予定だったんだけど、まだしっかり家具の中に入ってるし、冷蔵庫の中身も出してないので、『じゃぁ、明日戻ってきます』ってことになった。

はぁ~。やっぱりここはイタリア。なんかの配達があっても、時間を守って来た試しが無い。
配達のお兄ちゃん曰く『僕の配達予定表には"午前中"って書いてあるんです。』と。

お願いした電気屋のおやじが言い忘れてるらしい。なので、お兄ちゃんに当たっても可哀相だし、明日戻って来てくれるらしいから、ま、良しとしよう。いいように考えれば、もちっとゆっくり冷蔵庫の片付けも出来るし。

で、ここからが、んもー大変だった。

冷蔵庫の入ってるこの家具、高さ約210cmくらいかな。全然びくともしない。もちろんこの作業は旦那がやったんだけど、私も横で補助を勤めたり、ああだ、こうだとアドバイスしてみたり。

とにかく、最初にどうやって冷蔵庫が取り付けられてるかを理解し、四苦八苦の上取り外す。

で、次は家具。びくともしない。どうも隣の食器棚とねじでくっついてるらしいことを発見し、それを外し、二人がかりで引っ張り出す。(これがかなりの重労働だった)

それを何とか二人で廊下まで運び、廊下で解体作業。
解体するっても、外にはねじも何も無い状態で『どうやって解体するの??』状態だったんだけど、力の無いはずの私が、バキッ!!って一つのパネルを外せたのをきっかけに(^^;)、他のパネルも旦那と一緒になって外すことが出来た。

15年も経っていたこの家具、裏の部分とかが結構埃だらけだった。二人して手をどろどろにしてなんとか解体し、そしてやっと新しい冷蔵庫がそこに入るかどうかを見るときが来た。

二人してドキドキもんだったけど、ピッタリ!

良かった~。横幅、かなり心配してたんだよね。
明日、電気屋さんに扉の取り付け換えに来て貰うので、一番奥までは冷蔵庫を入れない状態にしてるんだけど、明日やっと定位置に入る予定。

唯一、残念なのが去年の夏に壁塗りをした際に(ここを参照ここに有る2枚の写真の一枚目に冷蔵庫の入っていた家具が上の方だけど、ちょろっと見えてます(左端)。)、家具の周りだけを塗ったので、家具をのけた跡の部分、もとの白い壁がむき出しになってしまったこと。冷蔵庫の上30cmほどかな、白い壁が見えている(T-T)。ま、しようが無い。塗料を余分に作らなかった私が悪いのだ。

で、この冷蔵庫の中をちょろっと紹介☆
d0009639_7285072.jpg

これが上の冷蔵庫の部分。野菜室も二つに分かれてるし、その上の段にも透明の引き出しが付いている。
ドアの部分も、色々と小分けに収納できるようになってるのも嬉しい。

で、下の冷凍庫の部分。
d0009639_7301651.jpg

半透明のプラスチックの3段の大きな引き出し。その上に(ここがポイント!)小引き出しが付いてる。これが有るのが欲しかったのよね。これが無いと製氷皿置くとこ無いし。それに、小さな冷凍物とかはここに入れられるし。

なーんて感じで、やっとこさうちにも大きな冷蔵庫が来たよ。うれしいわ~。
旦那も『冷蔵庫が変わっただけでキッチンが新しくなってみたい』だって(笑)。

あ~、でも重労働な一日だったわぁ~。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-03-21 23:52 | イタリアの生活
<< 梅ちゃん2歳になりました 公園にて >>