恐怖におののいた夜

日記にUPしたいと思いながら、梅ちゃんの就寝時間がここの所遅くて時間が取れず。

話は3日前のこと。

夜1時くらいかなぁ、床に就いたのは。眠りに落ちて、午前3時前くらい(?)にものすごい物音で目が覚めた。
目が覚めた瞬間思ったのは『誰かが家の中に居る!!!∑(゚Д゚ノ)ノ』

聞こえた物音って言うのは、その目が覚めた瞬間想像したのが鉄か何かメタル製のもので、
ガンッ、ガンッ、ガンッ、ガンッ!!


って何かを殴打する音。

旦那は居間で寝ていて私と梅ちゃんの寝ているベッドには居ない(あ、決して喧嘩してた訳ではないです、はい(^^;))。

もう心臓バクバク。
ベッドで一緒に寝てた2匹の猫たちもかなり音に吃驚したみたい。

ゾヤさんはすぐにタタターって音のした方に走って行ってしまった。ルーさんは、かなりのビビリやさんなので、ベッドの上で構えのポーズをしながら、首だけ音のした方に伸ばして向けて、固まって動かない。その後もずーっとこのポーズ。

自分に『落ち着け~、落ち着け~』なんて言い聞かせながらも、咳の発作が出たらどうしよう、梅ちゃんの夜泣きが始まったらどうしよう・・・なんてかなり焦る。(/・o・\)ドーシヨ…

イタリアに来て以来、泥棒が家に入る話しをよく聞く。

殺人沙汰になるとテレビのニュースなんかでも言うけれど、人が殺されたり、大怪我を食らわせられたりしない限りはそうテレビでも取り上げられないし、そこまで行かないと警察も現場検証になんか来ないのが普通。

昔の職場のイタリア人の同僚の家にも泥棒が留守中に入ったらしいけれど、やっぱり警察は家に来もしなかったらしい。その彼女から聞いた話で、知り合いの女の子が女3人でシェアしていたアパートに泥棒が夜中に入ったらしいが、怖くてずっと寝た振りをしていたらしい。

これって重要。
テレビでも殺人沙汰にまで至るケースって、大体が泥棒の顔を見てしまったとか、大声を出したから、とかで殺されてるケースが多いみたい。

旦那の親友宅(同じ街)にも去年、泥棒が入った。
彼はお姉さんと住んでいるんだけれども、友達のほうは爆睡していて全然気が付かなかったらしいが(^^;)、お姉さんの方がベッドで寝ているときに気付いたらしいけれど、すぐに催眠マスク(って言うんだっけ?クロロホルムかなんかの眠りに落ちさせるやつ)をかがされて、気絶させられたらしい。

で、布団の中で考えた。
心臓がバクバクしながら、ほんと色々考えた。

まず、この物音の出所は?
-聞こえた感じ、ベッドルームと玄関とを結ぶ廊下から聞こえたような気がした。

この物音の後に人の気配は?
-しばらく耳を凝らしてずーっと他に物音はしないか聞いてみたけど聞こえてこない。

こんなすごい音がして、旦那はどこ?こんなすごい音だったら、寝てても目が覚めるだろうに。
-物音がしないってことは、①旦那は気付かず寝ているか、②さっきの音が旦那が打ちのめされる音で身動きが取れない、もしくは殺された??(いや、ほんとマジで考えたんです)

もしも、泥棒が居て旦那がやられたんであれば、私が起きているのがバレれば、私もやられる。

ほんと物騒なもんで、泥棒によっては子供を連れ去って臓器売買に使う輩も世の中には居る。
自分がどうなっても梅ちゃんだけは守らねば。何があっても梅ちゃんだけは守らねば。

そんなことをぐるぐる恐怖におののきながら、ベッドの中で怖くて身動きさえもとれずにじっとしながら考えていた。
で、旦那に対してもムカついて来た。なんで、一緒に寝てないのよ。一緒に寝ててくれれば、まだ心強いし、ここまで色々考えなくてもすんでいたかもしれないのに(怒)。

しかし、怒りよりも恐怖の方が先立って、『人の話を聞いてもまだ人事だったけれど、自分にもこんなことが降りかかってきたのか。なんて怖いんだろう。私死んじゃうのかなぁ。』なんて考えながらも、『でも、人の気配らしき音がしないのは何で?』とも考える。

人の気配がないってことは、あの音は玄関をこじ開けようとした音?で、失敗して去って行ったの?

勇気を振り絞って(ほんとよ)、ベッドサイドのコードレスをさささっと手に取る。布団を頭までかぶり、ドキドキしながら電話線が繋がっているかを確認。

『ツツー、ツツー』 繋がってる!

最悪、泥棒に出くわしたときのことを考え、すぐにダイアルできるよう 112 の警察の番号をかけてすぐに切る。こうすると、何か有ったときに瞬時に『りダイアル』を押すだけでいいから。

で、又しばらく物音の様子を伺うが、音が聞こえてこない。だけど、かすかに隣の居間から旦那のいびきが聞こえてくる。
ほっとしたものの、『何であんなすごい音で起きないのよ!でも、生きてるわ。良かった。』なんて考えながら、又しばらく様子を見て、勇気を振り絞って居間にダッシュ。

ほんとにこれは勇気が要った。何せ、梅ちゃんをベッドに残して行かなくてはいけなかったから。

ダッシュで居間に入り、旦那を小声で起こす。でも、あえて日本語で(通常私たちはイタリア語でしか会話しないんだけど)。

『起きてよ、誰か家の中に居るかもしれないのよ。ものすごい音がしたの聞こえなかったの?』

でも、旦那はかなり寝ぼけてて全然反応なし(ーー;)。で、イタリア語で返してくる。寝ぼけながら『何?何でイタリア語で喋らないの?何か全然分からない・・・・むにゃむにゃ・・・』

ムッカー!!

あんた、マジでなんか有ったらどうするのよ。責任感のかけらもないの、あんたは?

で、何回も何回もおんなじことを繰り返し説明してるうちに『こんだけ喋ってても、他に物音がしないってことは、誰も居ないの?』って思って、旦那に『ちょっと電気点けるからね。一緒に家の中見て回ってよ。』で、たたき起こす。

本人は、起こされてちょっと不機嫌。あんた、怒ってる場合じゃないでしょ、ったく。

結局、玄関の鍵もかかってるし、異常は無いみたいなので、又寝ることになった。
でも、旦那には『これからは絶対毎日私たちといっしょに寝てよ。もうあんな怖い思いするの嫌だから。』って、しつこくお願いした。

結局原因が分からないまま朝を向かえ、私は近所のママ友と海に行く約束をしていたので、梅ちゃん連れて出かけて行った。

で、海に居る時に旦那から電話が入り、『窓ガラスが小さいけど割られてる』と。

家に帰って見てみると、こんな感じで割られていた。(窓磨き最近サボってたのがバレバレだけど(^^;)。)
d0009639_7124877.jpg


近所の人に聞いて回ったりしてみたけど、『音は聞こえたけど何か分からない』とか、『気付かなかった』とか、で何も収穫なし。

一応警察(POLIZIA)に被害届けを、と出向いたけれど、ちゃんとした対応もしてくれない。警察のワッペン首からさげたお姉ちゃんが、立ち話で簡単に聞いてくれただけ(ーへー;)。私たちはこのお姉ちゃんに簡単に話せば、奥に通されてちゃんと事情聴取してくれるもんだとばかり思ってたのに、これで終わり。ほんと、なんて対応だろうね。あんな、怖い思いしたのに。

で、夕方になってやっと何が起こったか判明した。

うちの一階(地上階)には美容院が入ってるんだけど、そこの女主人が隣の建物に住んでいる。隣って言っても中間にガレージとかがあるから少し離れてるんだけど、その人とその息子がこの音を夜中に聞きつけて、すぐにベランダに飛び出たらしい。

で、そこで見えたのが若い男たち4人くらいがベッタベタのローマ弁で『ずらかるぞ!ずらかるぞ!』って言いながら、うちの建物の前から道をわたって走って行ったところ。

そのことをうちの上の階のご主人と喋っている所を旦那が通りかかり、聞いたらしい。

で、私なりの解釈。

あのメタルのような音はきっと石か何かをうちの窓ガラスに向けて投げた時に、窓のアルミサッシに当たった音では?と。だから、メタルか何かの音がしたんだ。

でも、隣の建物に住んでる人が飛び出てくるくらいだから、家の中に居る私たちにはかなりの音だったはず。

で、何発かが窓に的中して、割れた。

音が連発してたから、複数が一緒になって投げたんだろうね。ひどい事するわ。 (`д´#)

窓を割られたこともむかつくけど、あんなに怖い思いしたんだよ、わたしゃ。
ま、原因が分かってちょっとはほっとしたけど。

きっと、どこの家でも良かったんだろうね。通り魔的な感覚だったんだろうと思うけど。
だって、うちはそんな若い子たちと全然接点ないしね。恨み買うようなこともしてないし。

物騒な世の中だわ、ほんと。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-06-18 23:12 | イタリアの生活
<< 桃ちゃんちへ ガイアちゃんの2歳のお誕生会 >>