梅ちゃん幼稚園に行く!

☆☆☆今回はパリ滞在記はちょっとお休みして、梅ちゃんの初登園の様子を☆☆☆

梅ちゃんが昨日からついに幼稚園に通い始めた! これはほんと我が家にとって一大イベント!
これからながーいながーい学校生活が始まるんだね。

今まで好きな時間まで寝ることが出来てたのに、昨日からはそういう訳には行かなくなった梅ちゃん(&わたし)。

私はというと、朝から出勤する仕事をしていたのが2000年の4月まで。それ以来は、夜だけレストランで働いたり、現地の旅行会社の個人客のアシスタントの仕事をしたりしていたから、朝から毎日早起きして出勤する、ってこともなかった。

そして、妊娠後期に仕事も完璧に辞めて、今まで専業主婦をしていたからなぁ。

いや、梅ちゃんが生まれてからは夜中に何度も起こされたりで寝不足が続いて、自由に好きなだけ寝れてたってこともないんだけど、こうやって毎日同じ時間に起きて、身支度をして・・・って言うのがなかったからね。こういう生活は私にとっても6年半ぶり。正直言って、きっつー(^^;)。

昨日の初日には6時45分に目覚ましかけて、起きたら外はまだ真っ暗(@_@)。心の中で『うっへー。まだ暗いよー。寒いよー。こんなのこれから毎日するなんてマジかよー。』なんて思った(笑)。根性無しなんです、私(笑)。

でも、仕方がない。梅ちゃんのため。ここは母として頑張るしかないのだ。(←ほんとこれ位で大袈裟ね、私って。)

で、昨日は先に私が身支度を済ませて、梅ちゃんはぎりぎりまで寝かせ(夜中に1時間ほど起きちゃったから、彼女も十分に睡眠とれてなかっただろうと思ってね)、出る少し前に起こしてみる。

・・・・・起きない。


ほっぺをペチペチ『梅ちゃん幼稚園に行くよー。起きてー。(ペチペチ)。』

zzzzz・・・・・・・。

『ほら、起きてー。』

zzzzzz・・・・・・。

何度やっても起きないので(洋服は既に寝ている間に着替えさせておいた。それでも起きないの。笑)、寝たままベビーカーに乗せ出発することにした。

(ま、途中で起きるでしょ。)

d0009639_582174.jpg
←うちの建物の玄関のところで。ぜんっぜん起きない。

外はすごーく、すごーく寒かった。

ベビーカーでちょっと早歩きをして約20分。その間、ずっとベビーカー押しながら梅ちゃんに呼びかけるも、全く反応なし(ー゛ー)。

信号で止まるたびに、ほっぺをペチペチしたり、頭をペチペチしたりして呼びかけるけど、全く反応なし。

しょうがないので、幼稚園に着く直前に、ちょっと気合を入れて起こしてみた。やっとうっすら目を開ける梅ちゃん。それでも気を許すとすぐ目を瞑る。

強引に手に朝食のクラッカーを持たせ、食べるように促しながら幼稚園へと向かう。

幼稚園のある付近には、公立の小学校や幼稚園があるので、たくさんの子供達が親に連れられてスモック姿で登校している姿が見られた。

『梅ちゃん、ほら、みんな梅ちゃんの持ってるエプロンとおんなじの着て学校に行ってるよー。梅ちゃんも今から学校、幼稚園だよー。ほら、ほら、ビンバ(女の子)!ほら、あそこにはビンボ(男の子)!』なんて言って、梅ちゃんの気を引きつけて目を覚まさせるようにし、ようやく幼稚園に到着。

先生に挨拶をし、ベビーカーを置く場所を教えてもらい、『さ、梅ちゃん下りよう(ベビーカーから)。下りて、幼稚園の中に入ろう。先生やお友達が待ってるよー。(^▽^)』

『いや』

『さぁ、行こう。楽しいよー。お友達いっぱい出来るよー。』

『いや』

こんな感じのやり取りを2,3分した後やっとベビーカーから下りてくれて、中に入った。

ちなみに最初は慣らし保育の期間になるので、初日はお母さんと一緒に30分ほど。

2日目はお母さんは中に入らず、子供だけ入らせて10分。

3日目は様子を見て30分から45分(お母さんは入り口でバイバイ)。

・・・てな感じでゆっくり、ゆっくり徐々に時間を増やしていってやるらしい。




初日、一緒に入った梅ちゃん、完全に固まってしまった。

梅ちゃんってなれるとすごく社交的なんだけど、最初がものすごくシャイなのだ。教室に入ると、みんな子供達がものめずらしそうに梅ちゃんを見る。
きっとそれが嫌だったんだろうな。

人から見られるととるポーズ、『眉間にしわを寄せて、顔を下に向けて上目遣いでじーっと周りを見る』を始終する梅ちゃん。 仕舞いには『お母ちゃん、抱っこ。』で、私から離れない。

私が背中を押して、『ほら、みんな梅ちゃんとお友だちになりたいのよー。梅ちゃんから“チャオー”って言ってごらん、ほら。チャオー。』なんて私が他の子供達に挨拶したりするんだけど、固まっている・・・。

ま、彼女の性格からして、こんなのは最初だけだとは思うけど、明日からは様子を見れないしなー・・・なんて思いながら、時間が過ぎて園長室で園長先生と支払いもかねておしゃべりをし、園長先生曰く『最初は仕方ないわ。こんなもんよ。でも、ちょっと、難しいかもねー。でも、想像に反してすぐに慣れるかもしれないけどねー。』なんて言われた。


そして、今日。2日目。

朝から起こされてご機嫌斜めで、行く前から『抱っこしてー』の連発。
こっちも朝の身支度があるしで、あまり構わなかったら、泣き出す始末。出かける直前まで。

『うわー、今日はどうかなー。こんな調子で連れてって、私は教室には入れないし・・・。たかが10分といえど、嫌がるかなー。』 なんて思いながら、身支度を済ませていると外に居る旦那から電話が有り、仕事が早めに終わったから今日は一緒に行ける、と。

今日は旦那と一緒だから車で登園。

d0009639_5333136.jpg幼稚園に着いて、中に入る前にちょっと梅ちゃんのテンションをあげさせようと、園内に有る遊具の滑り台で滑らせる。

お、ちょっと気分が乗ってきたな。

『うわー、梅ちゃん良かったねー。幼稚園楽しいねー。いっぱい遊ぶの有るねー。』

で、教室の入り口に3人で向かう。

今日は行きの車の中で、ちゃんと梅ちゃんに『今日はお母ちゃん一緒に入れないからね。でも、すぐに迎えに行くよ。梅ちゃーん!って迎えに行くから、ちょっとだけ中に居てね。分かった?』って言って聞かせてあった。
ちゃんと返事も『はーい』ってしてたし、梅ちゃんはこうやってちゃんと前もって言っておくと、ほんとにちゃんと理解する子だから、きっと大丈夫だろう。

教室の扉が開き、先生に挨拶をする。
既に逃げモードに入る梅ちゃん。『おかあちゃんも一緒にはいろ。・・・だっこ。』
『梅ちゃん、今日はお母ちゃん入れないからって言ったでしょ。すぐに来るから、大丈夫。梅ちゃーん!って迎えに来るよ、すぐに。』

で、先生が『連れて行っていいですか』って言うので、『はい』って答えると、先生は梅ちゃんを抱っこして奥に連れて行った。

それから旦那と待つこと10分。

旦那『どうする?そろそろ行く?』

私『え?もう10分経ったの?もうちょっと大丈夫じゃない?』

旦那『もうちょっと待ちたい?』

私『それじゃぁ、教室の前まで行って、梅ちゃんの泣き声聞こえたらすぐに呼び鈴ならそう。』

で、又再び教室の前に戻る。

耳を済ませても、泣き声は聞こえない。

でも、外があまりにも寒かったので、結局すぐに呼び鈴を鳴らした。

先生が出てきて『どうですか?』って聞くと、『大丈夫よ。おとなしくしてたわ。他の男の子が歌うのじーっと見たりしてたわよ。』

私『全然泣かなかったんですか?』

先生『全然。いい子にしてたわよ。』

私『もうちょっと預けましょうか?』

先生『担任に聞いてみるわ、ちょっと待ってて。』

で、担任のステファーニャ先生が来て『今日はとりあえず、ここまでにして無理をさせないようにしましょう。』って言って、梅ちゃんを呼びに行った。

d0009639_5451993.jpg教室から出てきた梅ちゃん。

出て来た時は普通の顔してたんだけど、又こうやって『恥かしい時の顔』になってしまった(爆)。

さ、明日は30~45分。どうなることやら。 
がんばれー!梅ちゃん
[PR]
by honestpumpkin | 2006-10-17 23:55 | 育児
<< 幼稚園とメルカート パリ2日目 >>