就職決定?

なあんて言っても週3回のパートなんだけどね(^^;)。
いや、昨年の11月末に5軒ほど配った履歴書、その内の一軒から1月頭に連絡があり、翌日面接を受けて来たのだ。
配った先はどこも小売店だった。いや、売り子がしたいのよ、私。

こっちの日系の旅行会社とかも話しがあったりしたんだけど、どうも私はオフィスに一日座っての仕事って合ってない様な気がするんだな。

日本でも外資系の会社で2年半ほど働いたりしたけど、ま、嫌じゃなかったけど、カナダで3年弱やった売り子の仕事、「自分の天職か」と思わされたせいもあるかも。

人とコミュニケ-ションをとる仕事が好きなのだ。特に接客業だと、色んなお客さんと喋れる。一生懸命接客して、喜んでもらえるのが好きなのかな。

11月末に配った先はどこも、ローマの中心街の一番の高級ブティックの並ぶ通り。売り子経験者としてのプライドもあるし(って、結構辞めてから年数経っちゃってるんだけど(^^;))、外国人だからと足元を見られるようなところも嫌だったし(ワンマンの小さな個人営業とかね)、自分の経験を買ってくれてそれをちゃんと評価してくれる・・・と言ったら、ちゃんとしたお店しかないからね。

配った先も少なかったし、配った直後から梅ちゃん共々風邪引きっぱなしで体がぼろぼろだったから、「やっぱ仕事探しは春までやめよう・・・」なんて思ってた矢先だったので電話が有った時は吃驚した。

第1面接は、とにかく自分を売り込みまくった。特にカナダでの経験を、当時の自分の成績が書かれたドキュメントやら、写真やら(売り上げ良くて本社で表彰されたときのものとか)を見せて、手ごたえはものすごくあった。で、第2面接のアポもその時にすぐにもらったから、自分でもホクホクの状態だった。

カナダで働いてた時はもう無我夢中で頑張ってたからね、私(^^;)。

カナダ系の靴屋さんだったんだけど、当時は国内に300店舗以上もあって(現在は世界各国に合計600店舗にまでなったみたい)、カナダ人なら誰でも知っている靴屋さんなのだ。
当時、カナダ西部地区トップセールスパーソンにまで輝き、その成績を働いていた期間中ずっとキープし続けていた。
ま、過去の栄光だけどね(^^;)。でも、その時学んだのは「人間本気になってやれば、ここまで来れるんだ。」って。それに、「この国は、こんな外国人でもここまで這い上がってこれる国なんだ。」ってことにも感動した。誰にでも公平にそのチャンスを与えてくれる国・・・。そう思ったね、あの頃は。だから、好きだったんだろうな、カナダって国が。
あの頃の私はほんとに生き生きしてた。自分に自信を持って。うー、なつかしいー。

あ、一つ自慢話になるけど、働いていた頃にね、何人か有名人を接客したことあるんだけど、あのリッキーマーチンも2回接客したこともある(カナダツアー中だったらしい)。後は、日本人だったら、もう知らない人も多いかもしれないけど、俳優の加藤雅也さんも2回接客した。

でもね、私芸能関係にものすごい疎いので、二人とも名前まで聞いときながら、「ごめんなさい、知らないです」なんて言っちゃったのよ(爆)。すごい失礼よね。
ま、リッキーマーチンに関しては当時もかなりの人気だったらしいけど、今ほどって言うか96年以降に人気になった時ほどではなかったからね。ははは。

って、ちょっと話がそれちゃったね。

ま、そんなこんなで第一面接は手ごたえのある結果だったんだけど、第2面接は「うわ~、こりゃだめだわ・・・」って感じで終わったのだ。

第2面接をしたのは3日前。
がたいのいい、老眼鏡を掛けたおばさんだった。指に大きな宝石が輝く指輪をしていた。面接中も威圧される感じ。私の履歴書見ながら上目遣いに色々質問してくるんだけど、それが又結構厳しい質問ばかり。

彼女の視線だけで、もう緊張しまくって、言葉も出てこない・・・って言うか何とか搾り出したもんの、自分でも喋りながら「うわ~、何言ってんの、私。うわ~、ばっかな事言っちゃったよー。馬鹿みたい、私って。」って心で叫び続けてた状態。

この面接官のおばさん、にこりともしないのよ。それどころか、すごい厳しい喋り方をする。

で、「今はまだ他にも候補者が何人か居て、検討中なので、そうね、来てもらうことになったら、ひと月先になるかもしれないし、いつになるかは分からないわ。採用の場合は電話で連絡するから。」なんて言われ、「うわ~、だめだ、こりゃ・・・」なんて思ってた。

それが、今日の夕方に携帯に電話が入り、第一面接をした店のマネージャーから「本社からのコンファームを待っているんだけど、向こうが忙しくて連絡が今のところ無いんだけど、面接はクリアしたから、月曜日に本社からのコンファームが入るはずなので、月曜日まで待っててくれるかしら。その間は他からのオファーも受けないでね。」なーんて言われた!

やっほー!

これって決定って事??そうよね??良かったー。やっと仕事に復帰できるのよねー。

今回は自分からパートで申し込んだ。フルタイムも募集してたらしいけど、私には無理。梅ちゃんが居るのに、毎日帰宅が夜の20時半とか21時になっちゃうなんて絶対不可能。

第一面接が終わった時点で、旦那にも相談し、義父母にも相談して、皆協力してくれる、というので週に3日だけ甘えさせてもらうことにした。

ただね、週に唯一梅ちゃんと一日過ごせる日曜日が無くなるのがちょっと悲しいかな。最初の契約は1年だから、1年は梅ちゃんとの日曜日は無くなる。
でも、仕方ないね。せっかくのチャンスだし、ほぼ希望にかなった店だから。

出産や育児で、私の職歴にかなりブランクが開いてしまったのが今回ネックになるかもと思っていたけど、それでも私を取ってくれるんであれば、このチャンスを逃す訳にはいかないしね。で、ここでキャリアを少しでも積めば、この先又別の道が開けるかもしれないし。

・・・ってことで、私、がんばるわっ!!!
[PR]
by honestpumpkin | 2007-01-19 23:53 | イタリアの生活
<< テアトロ(劇場)へ 梅ちゃん不調? >>