2005年 04月 23日 ( 1 )

近所の遊園地

今日は夕方から近所のハンガリー人のママ友と一緒に子連れで遊園地へ行く。
彼女の息子、アレッサンドロは現在22ヶ月の男の子。

遊園地って言っても、規模的にはかなり小さめで小さい子供対象の遊園地である。でも、こう言う遊園地にしても、うちの近所の公園にしても、私の住む街って本当に子供に優しい街だなぁとつくづく思う今日このごろ。だから余計にこの街が気に入っているんだけど。子供が出来るまでは、公園にしても遊園地にしても目もくれなかったのにね(笑)。

屋内になっている部分も有り、こんな感じの遊び場になっている。
d0009639_7231435.jpg

この後ろにある小さなカラフルなボールの中に梅ちゃんを入れてみたけど、固まってしまった(^^;)。で、眉間にしわ寄せて、「う~、う~」でしがみついてくる。大人は中には入れないので、入り口のところで梅ちゃんを立たせた状態で入れてたんだけど、周りで他の子供達が飛び跳ねたりもしてるのもあってか、ちょっとびびっちゃたみたい(笑)。ちょっとここでデビューさせるには早すぎたかな。

でも、ここでえらいなーと思ったのは、この遊び場の中ではしゃぎまくって遊んでるアレッサンドロを、年上の子供がちゃんと手を引いて誘導してあげたり、上るのを手伝ってあげたりしてアレッサンドロの面倒を見てたこと。アレッサンドロ・ママが言うには結構よくある事らしい。見も知らない子同士なのにね。えらいなー。

以前もアレッサンドロ・ママと近所の公園に行った時に、アレッサンドロがバスケットをやってた子供達(小学校低学年と高学年くらいの子達が混ざってやってた。でもアレッサンドロからしたらかなり年上よね。)の中に、タタターって走って行っちゃった時のこと。一番大きな子が、「おめえ、邪魔なんだよ、どけよ。」なんて言うのかと思いきや、うちの旦那が保護者と思ったらしく、呼んで「怪我したらいけないから」って言ってコートの外に手を引いて連れて出て来たのだ。大人だねー。子供なのに。
子供のうちはこんな出来た子達が多いのに、大人になるとなんでイタリア人って教養の無くなってしまう人が多いんだろう(爆)。イタリアに住んでて思う七不思議の一つになりそうだ(笑)。

屋外ではこんな物に挑戦。・・・いや、梅ちゃんが挑戦!(なんて言っときながら自分の方が実は楽しんでた様な(爆)。)子供サイズの観覧車。
d0009639_6571255.jpg


で、これは怖かったよ~。
d0009639_6582199.jpg
前に付いてるレバーを手前に引くと上に上がるようになってるんだけど、結構急に上がったりで調節が難しかった。子供用に作られてるから私のような大人が乗るとシートの部分がえらく浅く感じられたしなんせベルトも何にも付いてない。なので、急に上に上がってちょっと傾いてる時なんか、『ひえ~!』って感じだった。自分独りならそんなに怖くもなかったかもしれないけど、梅ちゃん膝に乗せてたからね。

で、途中から旦那が合流して、アレッサンドロを乗せてゴーカートに挑戦。
d0009639_71075.jpg


何で、アレッサンドロのママじゃなくてうちの旦那が乗せたかって言うと・・・
な、な、なんとアレッサンドロ・ママ現在妊娠3ヶ月!!なのだ。前回会った時に『そんな予感がするの』なんて言ってたんだけど、やっぱりそうだったみたい。で、未だエコーも撮ってないし時期も早いからなんともはっきりとは言えないけどひょっとしたら双子かもしれないらしい。・・・と言うのも、血液検査の妊娠ホルモンの値からの予測と家系が結構双子の出やすい家系らしく、ひょっとしたら・・・らしい。うわ~。なんにしてもめでたい話だ。私まですっごい嬉しくなってしまった。前から二人目が欲しいって言ってたからね、彼女。旦那さんもすごい喜んでるみたいだし。

で、最後にこれに乗る。
d0009639_715421.jpg

アレッサンドロはこれに2回乗り、一回目はうちの旦那と梅ちゃんも一緒に乗車。うちの近所の公園にあるのと同じような感じの列車の乗り物だった。

今回も梅ちゃん結構真剣な顔をしていたけど、旦那曰く『乗ってる最中に「あー、あー」言ってたから楽しんでたんじゃない?』と。

今日は土曜日だったので、結構人がいっぱい居たかな。また、平日の昼間とかの人の少ない時間帯選んで来たいなぁ。私もいい気分転換になったわ。
[PR]
by honestpumpkin | 2005-04-23 23:48 | 育児