2006年 01月 29日 ( 1 )

断乳完了!

もっと手こずると予想していた断乳もすっかり完了した様子。
後は、私のおっぱいケアをまだもうしばらくはやらなくちゃいけないのかな。

今日の寝かし付け時間、10分もかからなかった。すばらしい・・・。ま、昼寝させなかったのが良かったんだと思うけど。

やっと自由な時間が出来たので、ここで断乳経過のまとめでも。

25日当日。
昼間は前回の日記にも書いたけど、のどかちゃん達が来てくれてたお陰で、おっぱいのことも忘れて遊んでくれ、夜も結構想像していたよりは、おっぱいも欲しがらず寝付いてくれた。

で、翌朝、26日(断乳2日目)
そう、断乳してから初めて迎える朝。

どうなることか、とかなり心配した結果、やっぱり夜中0時半に一回と朝7時におっぱい探して起きたかな。0時半に起きた時は、それでもすぐに我慢できて『止めたでしょ』って言うと、諦めて寝付くのに30分もかからなかったかな。その代わり、寝つきが不安定だったために、ベッドに置こうとすると目を覚ます→すぐに又抱っこする→寝付く→ベッドに置こうとするが又起きる。を何度も繰り返し、結局本格的に寝付いてくれたのは1時半くらいかな。やっぱり、おっぱいが貰えなかった為に、気持ちが少し不安定だったんだと思う。

で、朝7時に目が覚めたときは、結構愚図ったかな。おっぱいが欲しかったみたい。でも、何とかごまかして、キッチンに連れて行って朝食を取らせたら落ち着いてくれた。
本人も頭では理解してるんだけど、生まれてからこのかたずーっとやってきた習慣が身体に染み付いてるせいだろうか、本能的におっぱい欲しがってしまうんだろうな。特に寝ぼけてる時とか。

この日も、うちにスペイン人の友だちヌーリアが来てくれたお陰で、おっぱいせがむことなく日中過ごす。でも、ひょっとしたら私と2人きりでもおっぱいせがまなかったかも、って感じもする。

夜の寝かしつけも、どの位かかったか既に忘れてるけど、30分くらいだったかな。この日も昼寝無し。

日は変わり、27日。
夜中は2時ごろに起きたのと、朝6時半に起きたのの2回。2時ごろに起きた時は、抱っこで結構すんなりすぐに寝てくれた。でも、朝の6時半がかな~りすごかったな。

本人寝ぼけてて、おっぱい欲しいんだけど、きっと自分で自分に『おっぱいにバイバイした』ってことを言い聞かせてる為か、おっぱいって言葉が出てこずに、代わりに『ピーしゃん(熊のプーさん)』と言って泣き叫ぶ。

たぶん、いつも朝起きると熊のプーさんの靴下をはきたがるせいだろうけど、寝ぼけておっぱいが欲しいんだけど、おっぱいって言葉を潜在的に言えないことを知ってて、で何が欲しいのか訳が分からなくなってる状態のように見えた。

で、しきりに『ピーしゃん!ピーしゃん!』って言いながら泣き叫び続ける。
もう抱っこしても、ふんぞり返るし、『じゃぁ、プーさんの靴下はこうか?』って言っても『Noooooo!!!!!』って泣いて怒るし、もう手が付けられない状態。

あまりに泣き叫ぶので(30分くらい泣いたかなぁ)、旦那まで起きてきてしまった。で、旦那のひと言『もう、おっぱいあげれば?そうすればみんな休めるじゃないか。』って言うひと言にかなりムーっとし(ったく、今までの私たちの努力さえも理解できてないのね、この人は!(怒))、『でもこれはいつかは絶対通らなくちゃいけない道なのよ。あなたの仕事が忙しくなったらもっと大変でしょ、これ夜中にやられると。あなたの為にもやってるのよ!』なんて、言い返したりしてると、梅ちゃんが静かになってくれて、そこからスーッと寝付いてくれた(^^;)。

ほんとに、男ってこう言う時の状況って理解できないのかね。私のおっぱいだって、断乳してから、必死で身体が対応していこうとしてるし、梅ちゃんだってせっかく頑張ってるのに。後になんて戻れないよ。それに、搾乳も必要最低限しかしてないから、胸に残ってるおっぱいの一部は古くて、それ全部出さないと飲ませられないし。そんな簡単に、自分が寝たいからって『あげれば?』言われてもね。

ま、でも断乳当日から旦那が風邪をひいていて、居間で寝てもらってるのが、かなり助かったかな。この時はこうやって起こしてしまったけど、それ以外はきっと梅ちゃんが目を覚ましたのすら知らないだろう。

この6時半に起きた時も、きっとそのまま起こして朝ご飯でも食べさせれば落ち着いたのかもしれないけど、この日は午後から遠出する予定だったので、朝のうちちょっとでも多く寝させたかったんだよね。車の中で愚図られるのがかなり恐怖だったから。

この日はアルドーさんちに行ってきたんだけど、行きにものすごい渋滞に引っかかってしまい、着くのに2時間半もかかってしまった。
で、梅ちゃんはというと、途中ですんなり寝付いてくれて(びっくり)、着く直前まで爆睡。合計1時間半は寝たかな。おっぱい無しだと、かなり愚図ると思ってたのに。おっぱい止めるとこんなにすんなり寝てくれるようになるとは。

でもそのお陰で、夜寝ない、寝ない(ーー;)。寝かし付けに1時間半くらいかかってしまったかも。
帰ってきたのも遅かったので、寝かしつけも23時半くらいから始めて、寝付いたのが1時くらいかな。2時くらいに一回起きたけど、抱っこで即行寝てくれた。この時点で、だんだん寝かし付けるのがだんだん楽になってきてるなーって実感。

この日は、寝かしつけも最初は添い寝を試みてみた。一緒に横に寝ても、おっぱいを欲しがったりしないんだよね、もう。

あ、それとこの日。お風呂に入るときに梅ちゃんが私のおっぱい見て、顔を近づけてきたのでちょっと焦ったんだけど、じーっと様子見てたら、おっぱいに顔近づけて『ちゅっ』ってちゅーしてくれた(*^^*)。欲しがる様子もない。で、シャワースタンドのタイルに張りっぱなしの絆創膏見て、『おっぱい、ばいばーい。ちゅーっ。』だって。泣かせるねぇ(^^)。

28日。
朝も8時40頃起床。それも、寝覚めのいいこと。起きた時も、おっぱいも全然欲しがらない(@_@)。すごい進歩。もう、身体が『おっぱいはもう貰えない』って学習したみたい。

d0009639_751456.jpgこの日は午後から、みゆきちゃんちへ。
今月の頭にあった、みゆきちゃんの2歳のお誕生日会に出席できなかったので、この日改めてお邪魔することにした。

機嫌よくみゆきちゃんとも遊び、帰りの車で40分ほど寝たかな。そのお陰で、夜又寝ない、寝ない(ーー;)。やっぱり昼寝させないで、過ごすのが理想ね。愚図ったりはしないけど、エネルギーあまってるらしく、まだまだ遊ぼうとする。

結局0時半頃に寝たかな。

で、今日29日
もう感じ的に断乳はこれで完了かな、と。昨日の時点でもそんな感じだったけど、今日の様子見てたら、ほんともうすっかり卒業できたみたい。

今朝も9時半くらいに超機嫌良くお目覚め。おっぱいも全然探さない。目が覚めて、にこーって笑顔で『おはよー』って言ってくれた。

私のおっぱいの方も、最初の2日は結構がちがちになってちょっと痛かったけど、3日目くらいから、ちょっとずつ、ちょっとずつ張り方がマシになってきて、今日当たりなんて、昨日から24時間ぶりに搾乳したくらい。

搾乳のタイミングと搾乳する量の感覚がいまいち分からないんだけど、感覚に任せてしてるかな。完璧におっぱいがなくなるには1ヶ月から2ヶ月くらいかかるらしいね。

おっぱいさん、今までご苦労様でした。あ~、でも又以前のような小さなおっぱいになってしまうんだろうなーって思うと、ちょっぴり寂しかったり(笑)。

でも、右のおっぱいは既に以前のサイズに戻ってる様子。後はこの良く出る左がどんどん小さくなっていくんだろうな。悲しいぜー(T-T)。(現時点で左右が少なくとも2サイズくらいは違っている(^^;))

あ~、でもあんなに心配した断乳。思ったよりも簡単に終わった感じ。寂しいけど、でもきっと利点の方が多いはず、と思ってポジティブに考えるようにしてる。

これだけはおっぱい長くあげたママでないと分からない感覚だよねー・・・。梅ちゃん、こんなに長いこと、いっぱいいっぱい飲んでくれて有難う。



追記1:
この断乳決行中に何度か、搾乳したおっぱいをちょっと味見してみた。梅ちゃんが新生児の頃にもちょっと味見してみたことあるんだけど、今回ひさびさに味見をしてみた。『梅ちゃんが、こんなにも大好きだったおっぱいってどんな味なんだろう』って好奇心から。

甘いんだよねー。牛乳に砂糖混ぜた感じ。きっと私が甘党で、甘いもんばっか食べてるせいかもしれないけど(^^;)。不思議だよねー。こんなものが私の身体から生産され続けてきたんだもんね。

追記2:
私のおっぱいに張った絆創膏の写真、前回の日記に付けました。興味の有る方は、見てくださいね。
注:おっぱいの写真ではなく、絆創膏のみの写真です、はい。あしからず(笑)。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-29 21:25 | 育児