カテゴリ:育児( 118 )

ぬり絵

d0009639_6582347.jpg
最近ぬり絵が上手になって来た。(=^^=)

はみ出しも以前に比べたら少なくなってきたし、ちゃんと枠内も白い所を残す割合が減って塗るようになったし。

これは、先日行った子供博物館でもらったお遊び絵本(ぬり絵や動物のショートストーリーやクイズ等が書かれてある本)の中に付いてた指人形を真似て書いたもの(^^;)。いや、梅ちゃんの是非とも、と言うリクエストに答えて自作ぬり絵。安上がりでいいね(笑)。

そしてちゃんと元の絵に従っておんなじ色で。

で、色鉛筆がはみ出ると「あっ!はみ出ちゃった!」だって。
[PR]
by honestpumpkin | 2007-01-14 22:57 | 育児

ルーさん便秘解消 \(^▽^)/& 梅ちゃんまたもや中耳炎?(ーへー)

昨日の日記を書いた2時間ほどあとに、でっかいうんちが出たルーさん。良かったー\(^▽^)/ 。

ネットでも読んだんだけど、老猫ってあまり動かないせいで運動不足になり、便秘になりやすいらしい。
猫って人間みたいに年をとると見た目が変わるわけでもなく、若い頃と見掛けが全然変わらないから、我が猫も「年を取った」って実感がなかったんだけど、こう言う現実を見るとやっぱり「年をとってきたんだなぁ」って思わされる。なんだかちょっぴり寂しいな。

毎晩、ベッドで一緒に寝てる猫たちを見ながら「後どのくらいこの生活が続けられるんだろう・・・」って思ったりする。2匹とももうすぐ13歳になるのかな。94年の春生まれ(推定2月&4月)だからね、二人とも。20歳くらいまで生きてくれればうれしいんだけどなぁ。それってやっぱり稀なのかな。

そうそう、面白かったのが、昨日ルーさんがうんちをした後に私が喜んで旦那に報告してると「何言ったの?」って梅ちゃんが近づいてきたので「おにぃにぃ(ルーさん)がね、うんちしたのよ!よかったわー。」って言ったら、「おにぃにぃ、すっきりした?」だって(笑)。

で、その後、さささーってどっかに消えたと思ったら、今度は手にトイレットペーパーをちぎったのを持ってきて、ご飯を食べてるルーさんのところへ行って、ルーさんのお尻を拭こうとする(爆)。面白すぎて噴き出しちゃったわ。でも、優しいね、梅ちゃん。

そんな梅ちゃんが昨日幼稚園から持って帰ったもの。
d0009639_5364919.jpg


旦那と共に帰ってきた梅ちゃんに「誰が作ったの?」って聞いたら「タマーラ(先生)」って言ってたけど、一緒に作ったのかなぁ...。

写真じゃ、ちょっとセロファンが反射して見えにくいけど、ちゃんとサンタさんの眉毛と口ひげが綿を貼り付けて作ってある。

で、ツリーの形をしたものの中央には、梅ちゃんの写真がぽつっと張ってある(=^^=)。
で、ツリーの紙の裏には、ポエムが書いてあった。

d0009639_5465224.gif

サンタさんはしなくちゃいけないことが有る。
大きいおもちゃや小さいおもちゃ、大きな箱に小さい箱、ひとつひとつ準備して・・・。
夜中の12時に飛び立つの。

でね、ひょっとしたら・・・私の家にも来てくれるかも!
d0009639_547430.gif


きっと先生が考えたんだろうね。でも、可愛いね。

梅ちゃんはほんと、サンタさんが来るのをすっごくすっごく楽しみにしてるから。もう、毎日毎日「サンタさんは?」って聞いてくる。

で、梅ちゃんが言う事を聞かない時は「あ、じゃぁ、もうサンタさん来ないよ。梅ちゃんが言うこと聞かないんだったら、サンタさんに電話してプレゼント要らないって言っとくね。」って言うと、電話の受話器(空想のね)を取る振りをして、私にその目に見えない受話器を渡して、サンタさんに電話しろって言う(笑)。もちろん、「ちゃんと言うこときくから、プレゼント持ってきてね」って言う内容の電話をかけるためにね。マジにそれをするから、又可愛い。それも、一日に何回も何回もさせられるからね、ほんと(^^;)。

うちの近所のディズニーキャラクター商品を売っている店に、毎年この時期にウインドーにサンタさんの格好をしたおじいちゃんが座るんだけど、そこを通るたびに梅ちゃんに「ほら、サンタさんだよ。クリスマスまではここに座ってて、クリスマスにちゃんとプレゼント持ってきてくれるんだよ。だから、ちゃんと手を振っておかないと、持ってきてくれないよ。」って言うんだけど、本人緊張しちゃって逆に固まっちゃうのよね(笑)。

ベビーカーに座ったまま、手首がほんのちょっと上に向くくらいで、「ほら、ちゃんと手を振らないと。」って言うんだけど、恥かしがりやさんだから手の振り方もかなり消極的。

今日は、もうちょっと手が上に上がったんだけど、緊張の為かその場を立ち去った後もしばらく手が上がったままだった梅ちゃん(笑)。サンタさんに投げキッス送ってもらって恥かしかったのかな。ははは。

話は変わるんだけど、このサンタさんの居るお店の隣が八百屋さんなんだけど、今日なんとそこで大根発見!
なかなか売ってないんだよなー、大根。どこでも見つけると即行買うんだけど、そのお店で売ってるの見るのは初めてだった。お店のおばちゃんと喋ってて、おばちゃんが「このラーペは、ダイコンとも言うのよ。」って言うので「あら、それは日本語だわ」って言うと「そうね、もともとはそっちの方が原産だからね。」って言ってた。

で、今晩はそのダイコンを使って、以前旦那が韓国食品店で買ってきてくれてた冷凍おでんの元(ちくわやらごぼ天(でも中はごぼうじゃなかったぞ)やらのおでんの具が入ったパック)と一緒におでんを作った。

あー・・・。感無量・・・。

おでんのお汁をたっぷり含んだ、とろとろに柔らかくなったダイコンを口に入れた瞬間。

あー、私って日本人・・・・・・・・。う゛ーっ、うまいっっ!

おでんの具も最高だったし、おでんのお汁色がついたゆで卵・・・。

はー・・・・。

ご馳走様でした。(◎´∀`◎)


旦那は仕事で居ないから、梅ちゃんと一緒に食べようと思ってたのに、夕食前にお風呂に入る前くらいから、耳を触りだした梅ちゃん。

「痛いの?」って聞いても「痛くないー!お薬しないー!」って言うので、ちょっと気にはなったんだけど、お風呂に入った。

で、入ってる最中も出た後も頻繁に耳を触るので、「ほんとに痛いの?どの位痛い?」って言ったら、「タキピリーナ(鎮痛剤)しないーっ!!絶対しなーいーっ!!」と泣き出す始末。

結局、薬したくなくて泣いてるのか、ほんとに痛くて泣いてるのかが分からない。

でも、泣きながら「きーっ!!」って言って、耳を肩にこすりつけるような仕草もするし、偶に「いた~~いっ」って言ったり、両耳を押さえたりするので、タキピリーナを入れることにした。

本人も、嫌がるけど心の中では分かってるみたいで、座薬を入れる時には泣きながらもおとなしく入れさせてくれた。

はー。これはやっぱり中耳炎みたいだね。またかよー。それもよりによって、クリスマスの連休に入ったところで。先生、休みで居ないよー(涙)。

明日又痛がるようなら、救急病院だね、これは。かかり付けの先生が居ないとなると救急病院しか手が無い。

でも、旦那の居ない今晩、薬を入れたすぐあとに寝付いてくれたから良かったよ。
結局泣いて泣いてしたので、梅ちゃんご飯も食べずに寝てしまった。

なので、申し訳ないけどおでんは私一人で堪能・・・。でも、まだ半分くらい残ってるから、又明日のお昼にでも梅ちゃんと食べようっと。

あ、おでんの写真はあまりの腹減りと梅ちゃんのことでバタバタしていたので、撮る間もなく私の胃袋へ・・・(^^;)。へへっ。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-12-24 06:34 | 育児

桃ちゃんの3歳のお誕生会 & 梅ちゃん中耳炎(涙)

土曜日、桃ちゃんの3歳のお誕生会へ行って来た。

参加ちびっ子メンバーは、主役の桃ちゃん、うちの梅ちゃん、nanaさんのあきら君、欠席予定だったけど何とか出席できたえど君の4人。

この中で梅ちゃんが一番年下かな。って言っても、桃ちゃんと3ヵ月半ほど違うだけだから、まぁ、言ったら、あきら君が4歳で一番大きいけれど、皆おんなじ様なもんね(笑)。

この日は梅ちゃん、行き慣れてる桃ちゃんちのはずなのに、大人もたくさんいたせいか、かなり長いこと固まっていた(^^;)。まるで幼稚園の最初の慣らし期間の時のよう。

この子はほんと慣れるまで人見知りがすごいからねぇ。ま、こういう性格だから知らない人には簡単に着いてかないだろうから、そういう面ではいいんだろうけど、こうも固まって同じ場所から全く動かないのもね・・・(苦笑)。みんな、ブロックやらおもちゃやらで遊んでるのに。

でもま、徐々にほぐれてきて、ちょっとはみんなと積み木したりするようにはなったけど、まだまだ本領発揮までには至らず(笑)。あんた、猫かぶりすぎ。
d0009639_2316457.jpg


初対面だったnanaさんには「おとなしい子」って見られたんじゃないかな(笑)。

でもその内、エンジンもまた徐々にかかり始め、皆で4人一緒に車の形をしたテントに入ったり。このくらいになったら、普段の梅ちゃんに近くなったね。
d0009639_23191566.jpg


このテント4人も子供が入れるんだねぇ(笑)。4人きっちり入ったところを写真に収めたかったんだけど、撮ろうとすると誰かが出る・・・(^^;)。子供の写真撮るのはやっぱり難しいわ。




そして・・・・・・・・桃ちゃん、3歳おめでとーっ!!(〃^▽^)o∠※パーン!!”。・:*:・゜☆
d0009639_23205778.jpg

無事に、健康に3歳が迎えられて良かったね。これからも元気に育っていってね。

d0009639_23474112.gif


この日の夜、寝るくらいの時間から又寒気が。前日も38度の熱が一晩中有ったしね。で、夜熱を測ってみると38.5度(>_<)。梅ちゃんも触ると少しふだんより熱かったので、熱が出てきたのかなって思ってたんだけど、自分の熱を測った時点で思う。
「熱の有る私が梅ちゃんを触って熱い、って思うってことは梅ちゃんはそれ以上?!」

で、急いで梅ちゃんの熱を測ってみたら、39.5度(>_<)。あちゃ~。

私の症状からも(4日も続けて熱が出てる)きっと梅ちゃんも熱がしばらく続くかも・・・の想像通り、結局昨日の日曜も39.3度。

今朝(月曜)になってからは、耳が痛い、と言う。少し様子を見たんだけど、朝起きてからずーっと機嫌が悪くて、「耳痛い、先生に電話して。」を連発するので、かかりつけの小児科の先生に電話をして受診してもらうことになった。

耳を診てもらう時も、ちゃんと自分から先生に電話をして、って言ったとおりに、おとなしく耳を診てもらっていた。すごい。今までなら耳診せるのすごく嫌がってたのに。

で、やっぱり、痛いって言ってた方の右耳が中耳炎になっていた。梅ちゃん可哀相。

先生の所に連れて来る前に痛み止めとしてタキピリーナの座薬を入れていたお陰で、その時は痛みが治まっていたけど、家に帰ってからしばらくしたら又かなり耳を痛がりだした。
で、又タキピリーナを入れたんだけど、可哀相、梅ちゃん。かなり痛そう。今は薬のせいで落ち着いて寝てるんだけど、後で又薬が切れたら痛がるだろうなぁ。
先生から処方された抗生物質ってすぐに効いてくれるのかなぁ。

・・・と言う訳で、幼稚園も木曜日まで休むように先生に言われた。とほほ・・・。

昨日もほとんど食べてないし、今日も食欲があんまり無いから、ちょっとそれも心配だわ。きっと飲み込んだりするときに、耳に不快感が有るのかもね。

はやく元気になってねー、梅ちゃん。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-12-11 15:05 | 育児

クリスマスツリーと保護者会

今週一週間は死んでいた私(TへT)。

日曜日に突然の腰痛から始まり、それが少しましになりかけたと思ったら、以前からずっと治りきらない咳風邪が又ぶり返し、昨晩には38度の発熱。
なんで急に腰痛が始まったのか分からないし、ぎっくり腰みたいにギクッて言ったわけでも無いのに急に始まって、日曜の晩なんて歯を磨くのに身体を曲げるのも辛いくらい。ほとんど動けなかった。

昨晩からは熱のせいで、背中やら関節やらが痛い上に、腰痛も重なって、その上咳のし過ぎで腹筋も痛い。
鼻水は絶えず出てくるし、頭もボー。たすけてーっ!なんか、体ぼろぼろの気分よ。

でも。明日は桃ちゃんのお誕生日会がある。頑張って治さねば。桃ちゃんの3歳のお誕生日一緒に祝ってあげたいもんね。

d0009639_6505818.gif


で、話しは変わり、今日のこと。

この病気の身体に鞭打って、クリスマスツリーをイタリアの伝統に従ったわけじゃぁないんだけど(笑)、今日押入れから出した。(12月8日はマドンナの受胎日(だっけ?)で、クリスマスツリーを飾ったりする慣わしが有るんだよね、確か。)

ほんとはもう少し前に出したかったんだけど、こんな状況だったので出来なかったの。それに、今日は祝日で梅ちゃんも幼稚園がお休みだったから、一緒にツリーを飾るいいチャンスだったしね。

d0009639_641629.jpg梅ちゃんが旦那と一緒に「ガットー・ディ・パターテ(もともとフランスのレシピなのかな。潰したジャガイモにチーズやらハムやらを混ぜて、四角いケーキ型とかに入れてオーブンで焼いたもの)」を作っている間に、せっせとツリーを組み立てる。この作業は一人でしないと、邪魔されちゃぁ大変だからね(笑)。

ジャガイモを鍋の中で洗っている梅ちゃん(笑)。お手伝いできて嬉しかったみたい(=^^=)。→


で、飾りをつける作業の所で、ちょうどタイミングよく私のいる居間に来た梅ちゃん。居間に入るや否やツリーを見て、はっとして立ち止まる。吃驚したみたい(爆)。

そりゃぁ、さっきまで何にもなかったところに大きなツリーが出現してるんだもんね。





d0009639_68919.jpgで、それからは必死に飾り付けをする梅ちゃん。

ほっておくと、同じ場所ばかりにボールを付けようとするので、痛い腰を曲げながら、ツリーをまんべんなく回転させて、付けさせる。
「ここに付けて」ってお願いしても、無視。自分の思うところに付けなければ気がすまないらしい(^^;)。





d0009639_610141.jpgこの飾りも付けたかったんだけど、すっかり梅ちゃんのネックレスと化してしまい、何度言っても付けさせてくれない。→

この後も、この飾りを置いた隙にそーっと飾っておいたんだけど、ツリーを見るや否や、「外してーっ!!」で、引っ張られてしまった・・・。おいおい、梅ちゃん。


あと、ちかちか光る電球のコードもあったはずなんだけど、前回出したときに閉まったのが旦那で、それをどこに閉まったか分からない、と。

結局見つからないので今度外出する時にでも買うしかないか。ったく、旦那に片付け任せると絶対こうなるのよね(溜め息・笑)。





d0009639_6193978.jpg
ほおんと、梅ちゃん、それ返してよー。

この梅ちゃんに奪われた飾りも付けられないし、電球のコードも無いしで、出来上がったツリーもちょっぴり寂しい。

ま、でも飾り自体も未だ少ないし、「毎年買い足そう」と思ってたから、電球コードも買うついでに飾りもちょっと増やそうかな。

このツリー、梅ちゃんが未だ私のお腹に居たときに買ったもの。
梅ちゃんに、と私が買ったのだ。最初の梅ちゃんへのプレゼント。去年は未だ、一緒に飾り付けをしたり、なんて出来なかったけど、今年は一緒に出来たね(^^)。
これからも毎年、一緒に飾りを付けようね。




d0009639_650439.gif


話は又ちょっとそれて、昨日幼稚園へ梅ちゃんを迎えに行ったときのこと。

その前日に、実は18時から保護者会があって、それに梅ちゃん付きで私も参加する予定にしていたんだけど(旦那は仕事)、17時に梅ちゃんをピックアップした時に先生に「じゃぁ、小1時間したらここに戻ってきます。」って言ったら、「こんな寒いのに(風があったからね)、保護者会のためだけに一時間もうろうろしなくちゃいけないんだったら、参加しなくてもいいわ。UMEはとってもいい子で言うこと無いから。明日、旦那さんと来てくれたら、保護者会でも保護者に見せる自身の子供のアクティビティーファイルとかも見せてあげるから。」って言われたので、結局参加せずに家に帰った。旦那も一緒に梅ちゃんのやっていること見れるほうがいいもんね。それに遅くまで残らなくていいし。

で、昨日旦那と一緒に行ったときに、梅ちゃんのファイルを見せてもらった。

中には授業中にやったお絵かきやら、貼り絵、絵の具を使った塗り絵等が有った(笑)。貼り絵なんか「これ梅ちゃんが一人でしたの?」って出来。ま、簡単な栗の絵でこげ茶と薄茶を使って、色分けして貼るものなんだけど、上手に2色を使って貼り絵されてるのを見てちょっぴり感動☆

先生からも、普段の梅ちゃんの様子を教えてもらった。これって親としてはとっても興味深いのよね。普段送り迎えは先生もバタバタしてゆっくりと喋ることが出来ないし。

梅ちゃんは最初通い始めた頃はちょっと大変で、先生にばかり引っ付いて、子供の中に入っていこうとしていなかったらしく、その間、彼女はじーっと子供達を観察していたらしい。---分かる、分かる(笑)。じーっと上目遣いで、まわりの状況を観察してるのね。すごくその状況が想像出来るわ。

で、だんだん慣れてきた頃には、自分から子供達の中へ入っていくようになったし、今では他の園児の口まわりが汚れていたら、拭いて綺麗にしてあげたり、泣いてる子がいたら、なでなでしてあげたりしてるらしい(笑)。

先生が特に強調していたのが「この子はね、すっごく礼儀が正しいの。毎回ちゃんとお礼も言うし、すみません、とかもしょっちゅう言うし。ほんとにこんな礼儀正しい子は居ないわ。」と。

もう、親として鼻高々よね(笑)。これって親の教育のせい?(笑)ははは。
まぁ、そんなに厳しく教育したつもりは無いんだけど、いつの間にか身についてくれてるのね。

それに、これって日本で子育てしてる人だったら結構当たり前のことじゃないかなぁ。最低限でもちゃんとお礼のいえる子、に育てるとか。

ちなみに余談だけど、うちの義母は「この子は生まれたときからちゃんとお礼の言える子なのよ。」と、私が教えた、なんてことは絶対思わない人(ーへー)。ま、いいけどさ。お母ちゃんだって頑張ってるのよ。

ま、そんなこんなでいっぱい褒めてもらって良かったよ。先生困らせるような問題児だったら、こっちも心配になるしね。

最近は幼稚園行くのも全く嫌がらなくなったし、こうやってどんどん成長していってるんだなぁ。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-12-09 22:53 | 育児

添い寝について考える

梅ちゃんは生まれたときから今までずーっと夜寝るときは私と一緒に添い寝している。

添い寝に関しては、各お母さんそれぞれの意見が有ると思うんだけど、私は添い寝賛成派(=^^=)。
親によったら、子供は生まれたときから別室でベビーベッドに寝かせている人も居ると思うし、それはそれで間違っていないと思う。
特に欧米諸国では、別室で・・・もしくは同室でもベビーベッドでって言う人が多いんじゃないかなぁ。

うちも、出産直前に義父母が買ってくれたベビーベッドが私たちの寝室に有る。でも、梅ちゃんを昼寝させるのに、一時ちょろっと使ったくらいで今は物置と化している(^^;)。(←猫のベッドになっていると言う説も・・・。いやー、義父母には秘密よーっ!笑)

それに、うちは現在子供部屋が無いしね。将来、家を改造して子供部屋を作る予定にはしているんだけど。
ちなみにイタリア人の友だち、ガイアママは彼女の家も子供部屋がなくて、ベビーベッドを自分達のベッドの横に置いているんだけど、結局未だにガイア(2歳半)と一緒に寝てるみたい。

親と別のベッドに寝かせると言うことは、子供の自立を助ける、なんて言われてるんだろうけど、どうなんだろうね。確かに合ってるかも知れないけど、どっちが正しい、なんてきっとその子その子によっても違うだろうし、私は私の母性本能に従っているつもり。

以前にうちの近くに住んでいたのどかママが、イギリスからアメリカ出身のママ友が彼女のうちに息子(当時13ヶ月くらいだったかなぁ)を連れて遊びに来たとき言っていたことを偶に思い出す。

イギリスの自分の家では息子は子供部屋で一人で寝かせていると言う彼女。のどかママ宅ではよそ様宅なのでゲストルームに子供と一緒に寝るのを余儀なくさせられていたんだけど、彼女が滞在している間、夜「寝れない!」と嘆いていたらしい。

なぜかと言うと、一晩中息子君が愚図ったりするのがうるさいかららしい。でも、それって普段からきっと愚図ってるかもしれないけど、別室に寝ているが為に聞こえないのよね。だから、自分もそれを無視することが出来るし、か、気付かずに朝まで寝れる。

う~ん。こう言った場合って、ほんとにこれでいいんだろうか。

もちろん、泣くたびにあやしてなだめてせずに、ある程度放って置くって言うのも、ある意味甘ったれの子供にならせない為には必要なのかもしれないけど、でも、そんな小さい子を、まだ、親に甘える云々まで思考がいかない子供を・・・なんて思ってみたりするんだけど。

あ、でももちろん、別室に寝かしてて夜泣くたびに行ってあげるお母さんも居ると思うけどね。それに、決して別室で寝かすことに対して反対意見を持ってるわけでも無いんだけど。

自分自身、それをやってみたことが無いから、こうだ、って言う意見も言えないし。

ま、私自身も添い寝をしてて「いつまでこれを続けよう」とか、「そろそろベビーベッドで寝かせる習慣をつけようか」とか偶に思うんだけど、自分自身の甘えもあってか(笑)、未だに添い寝を続けている。

だって。
添い寝って、自分自身にとっても、子供にとっても、とってもいいスキンシップになっていると思うんだな。

夜中に眠りながら無意識に私を手探りで探す梅ちゃん。それを受け止めてあげて、ぎゅっと抱っこして一緒に眠る。

あー、しあわせー・・・なんて思ったり(笑)。

これってちょっと私の我が侭も入ってたりする?(笑)

でもね、梅ちゃんがふっと目を覚まして寝ぼけながら「おかぁちゃん、(背中を)とんとんして。」なんて言う時に、とんとんしてあげながら寝るって、梅ちゃんにとってもこれ以上無い安心感を与えてると思うんだよね。

私が子供の頃、何歳くらいだったんだろう、弟がまだ「赤ちゃんorすっごく小さい」って言うイメージがあったから私が4歳か5歳くらい?の頃かなぁ、ある夜、隣のベッドで寝ていた(子供3人子供部屋で寝ていた)弟が夜中に泣いたのかな。

それをなだめに父が部屋に入ってきて、弟が又寝付くまで傍で付き添っていたのを覚えている。
で、弟が寝付いたら、父がそーっと弟のベッドから離れて部屋から出て行こうとしたその時、私が目を開けて父の顔を見たら父と目が合った。

すると父は「しーっ」って人差し指を口に当てて、そーっと出て行ったんだわ。きっと、「弟が起きるから喋っちゃいけないよ、おやすみ。」って意味だったんだろうけど、私、なんかショックだったんだなぁ。今でもあのときのシーンをはっきり昨日のことのように覚えてる。

そんな小さいときの記憶を今まだはっきり覚えてるって、きっと私の中で相当ショックが大きかったんだと思う。

何がショックだったかって、父が部屋から出て行ってしまったこと。
声に出して「まだ行かないで、私が寝付くまで一緒に居て!」って言いたかった。なぜか、言葉に出すのはいけないような気がして、でも、子供なりに「弟は小さいから、父が来てくれるんだ。」って思ったり、「でも、なんで私にもおんなじことしてくれないの。」って寂しかったり。

だからかなぁ、今梅ちゃんにおんなじ思いはさせたくない、って思ってしまうのは。

中学の頃、夜中に怖い夢を見て、父母の寝ている寝室のドアを何度かたたいたことがある。
中に入れてもらって、父母の寝る間に入れてもらって、川の字になって一緒に寝たときの安心感。

これも今でもはっきり覚えている。あったかくって、何も怖いものがなくて、安心して眠れた。

だから、梅ちゃんにも同じ安心感をあげたいんだよねぇ。

ま、いつかは添い寝は止めることになるんだし、まだもうちょっといいかな(笑)。梅ちゃんのためにも、*私*のためにも(^^;)。

それに、戦前戦後のまだ国自体が貧しい頃なんて、皆狭い家の中で雑魚寝してたんでしょ。そのせいで自立できない甘ったれな人間になったって人も聞いたこと無いし(笑)。

正直言ったら、この先もずっーと梅ちゃんと添い寝したい所なんだけどね(笑)。でも、その内梅ちゃんの方から離れていくんだろうな。ははは~。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-12-01 16:35 | 育児

水疱瘡警告

ここ何日か、旦那の仕事がすこしペースダウンしてきたので、昨日今日と朝の幼稚園への送りは旦那にやってもらった。
で、今日は迎えにも旦那が行ってくれたので楽ちん♪ だった私(=^^=)。時間がたっぷりあったので、家の掃除しつつひっさびさにマフィンまで作ったよ。

で、今日旦那が梅ちゃんを連れて帰ってきたときに、「今日幼稚園の先生が水疱瘡の子がクラスに居るので、梅ちゃんも水疱瘡にかかるかもしれない。」と言われたそうな(>_<)。

先生曰く、潜伏期間も考えて、症状が出るなら10日後くらいかも、と。でもまぁ、水疱瘡は子供のうちにやっておいた方がいいって言うし(大人になってからなると重症化するらしいから)、特に将来妊婦になった時に水疱瘡になるのは、危ないって言うからね。ま、そう考えると今回なってくれた方がいいような気もするが。

もう、どーんと来いよって感じ(笑)。色んな病気もらってきて、どんどん抵抗力つけて丈夫な子になるんだよ、梅ちゃん。

最近の梅ちゃんはすっかり幼稚園にもなじんできた様子で、先週までは幼稚園に近づいた時点でしくしく泣き出していたのが、今週になってかなり機嫌良く家を出る様になって来た。

それに、他の園児達とも一緒に遊ぶようになって来たみたい(^^)。2、3日前から「今日アレッシオと一緒に積み木した」なんて言う様になったし、昨日なんかは「ファブリツィオと遊んだ」(男の子ばっかりかよ(爆)とか、あ、でも今日は「ジュリア(♀)と遊んだ」なんて言ってたな(笑)。

昨日はファブリツィオ(梅ちゃんの発音ではファビツィオって言うの(笑))と一緒に寝た、とも言ってたな(爆)。それを聞いて大笑い。ほんとかよー。かぁちゃん心配するよー。

今日帰ってきたときには「今日はファブリツィオと一緒に遊んだの?」って聞いたら「今日、ファビツィオ居なかった。ファビツィオ、お母さんとこ帰った。」なんて言ってた。ひょっとして水疱瘡にかかってたのはファブリツィオなのかな。

子供がしゃべれるようになると、私の知らない幼稚園での様子とかでも少しだけでも報告してくれるから嬉しいね。ま、それが全部真実かどうかは「?」としてだけど(笑)。でも、梅ちゃんが楽しく過ごしてることは伝わってくる。

そうそう、ついさっきのことなんだけど、晩ご飯を食べ終わったときに、梅ちゃんが今日私の作ったマフィンを入れた容器を発見。
明日の朝に食べさせる積もりにしてたんだけど、「これ何ー?」って言うので、見せてあげた。

見せたら欲しくなるのは分かっていたので「いい匂いするでしょー?じゃ、梅ちゃんがうんちしたら、食べていいよ。」(最近便秘気味で今日でうんちしてないの3日目だからね)って言ったら、「はーい」ってとってもいい返事してどっかに行ってしまった。で、「マンマー、見てー!見てー!」って声がトイレの方でする。

トイレに見に行ったら、パジャマのズボンとパンツを一人で脱いで、トイレにちゃんと座って、「うんち出たー!」なんて言っている。

足掛けの台も無いのにどうやって登ったんだろう・・・(笑)。この便座結構高さがあるのよ。こんなことまで一人で出来るようになったんだねぇ。
で、もちろん「うんちが出た」なんてのはうそ(^^;)。マフィン食べたさにここまでやるとは可愛すぎ(笑)。

で、結局嫌がる梅ちゃん押さえつけて浣腸してうんちをさせて、マフィンをあげた。すんごい勢いで食べる姿を見たら「お母ちゃん、又作ってあげるからね」なんて気持ちになるね。

旦那がお菓子類を一切食べない人だから、こうやって娘が食べてくれると作りがいがあると言うもんだわ。

でも、マフィン作りながら今日ふと思ったんだわ。
「仕事見つけて始めるようになったら、こんなに優雅にお菓子作って・・・なんて出来なくなるんだろうなぁ・・・。仕事をするべきか、お母さん業に徹するべきなのか・・・。」なんてね。

仕事っても、パートタイムしか時間が許されない今の自分の状況。パートタイムすら、ほんとに時間が取れるんだろうか、なんて思う。特に中心街とかまで仕事に出るとすると。

あー、なんだかなぁ。仕事はしたいけど、余裕のある人生が全くなくなると考えると・・・。女って子供が出来ると、子供の手が離れるまではほんと制限つきの人生になってしまうんだなぁ。

ま、かと言って子供を作ったことに関しては全くの後悔の念は無いんだけど。ふ~。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-11-30 07:02 | 育児

桃ちゃんファミリーと過ごした週末

先週はニューヨークの友達カミールが来たり、桃ファミリーと土曜日を過ごしたり、日曜日に旦那の友だちカップルを招いて昼食をしたりで、来客続きだった我が家。
あっと言う間に一週間が終わった感じ。でも、友だちとわいわい過ごすのって楽しいね。

そう、土曜日は桃ファミリーが久々に私たちの街まで来てくれたので、昼食を中華やさんで一緒に食べてその後午後をゆっくり一緒に過ごした。

梅ちゃんも久しぶりに会う桃ちゃんとずっと手をつないで歩いたり、抱き合ったり(笑)、チューしたりで、アツアツ(爆)。

中華レストランでも、ガラス張りの床下に居る鯉やら亀を追っかけてこんな感じで楽しんだり。
d0009639_19511188.jpg


公園でも、こうやって手をつないで歩くふたり。
d0009639_1952761.jpg

ちょっとでも桃ちゃんが先に行ってしまうと、「桃ちゃーん!おいでーっ!」と呼ぶ梅ちゃん(笑)。

d0009639_1959215.jpg


公園の遊具で少し遊んだ後は、梅ちゃんの大好きなお馬さん(ポニー)のところへ。

この公園に来たら馬に乗せないと帰らせてくれないからね(^^;)。なので、すっかりポニー乗り場でもお得意さんになってしまっている(笑)。
この日乗ったのはビオレッタって言う名前のポニー。
d0009639_2031191.jpg


この他にも、フィアンメッタやらパッリーナやらテーオやらほとんどの馬の名前を覚えている梅ちゃん(笑)。
ほんとに馬が好きで、コインを入れて動く乗り物も馬さんしか乗らないからねぇ。

将来乗馬でも習わせようかしら(笑)。

最初は怖がって乗らないって言っていた桃ちゃんも、梅ちゃんが乗っているのを見て「乗る!」と決意。
梅ちゃんが乗り終わった後、この同じビオレッタにまたがり、ご機嫌で上手に一人で乗った桃ちゃん(=^^=)。桃パパも嬉しそうだったわ。

公園の後はうちに寄ってもらって、みんなでまったりと・・・。

いつもは桃ちゃんちでおもちゃを桃ちゃんにすぐに取られてる梅ちゃんだけど、さすが自分の家では「ここは私の縄張りよ」と言わんばかりに、意地悪して桃ちゃんの手に取るおもちゃを奪い取る梅ちゃん(爆)。子供ってほんとみんな一緒ね。

さ、次回彼らに会うのは桃ちゃんのお誕生日会かな。楽しみだね、梅ちゃん。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-11-27 12:44 | 育児

幼稚園のクリスマス記念写真

梅ちゃんの風邪もようやく治り(咳はまだ出るけど)、私も大分復活して来た。

先週の金曜日に小児科で診断書ももらってきたので、今日(月曜)早速幼稚園へ復帰した。

今日も幼稚園に着く少し手前くらいから、ベビーカーの上でしくしくと泣き始める梅ちゃん(笑)。延々それが幼稚園に着いて先生に連れて行かれるまで(^^;)。
いつもしくしく泣くくせに、中に入ったら楽しんでくるんだよね。

そうそう、幼稚園に着いて先生が教室の扉を開けてくれるのを待っていたときに、ドアに張ってある連絡事項等の紙を見ていたら、「先々週撮ったクリスマス用の写真が16日にのみ引き取り出来ます。その日以外は受け付けませんのでご了承ください。」とあった。

なぬーっ!16日って言ったら、その頃は病気に臥せってずっと休んでたじゃん。そんなこと知らなかったよー。えー、もらえないのかなー・・・。

で、先生が扉をあける。

「先生、このクリスマスの写真ってもらえないんですか?」

「あら。あぁ、UMEの分は取って有るわ。ちょっと待ってて。」

で、梅ちゃんを引き渡してからしばらくして写真を持ってきてくれた。

「全部で5枚有るけど、全部欲しいなら22ユーロよ(約3300円)。」

全部見たけど、どれも可愛いー♪ やっぱりプロの撮る写真は全然違うね。さすがだわ。

で、全部お買い上げ(そりゃぁ、可愛い娘の写真ですもの。)。写真屋さんもいい商売ね、これは。親の痛いところついてるわ(笑)。

クリスマスの写真って聞いてたから、私はついてっきり、皆の集合写真かなって思ってたんだけど、梅ちゃんの個人写真だったみたい。

で、その写真たちをここでちょっとご紹介☆


d0009639_20582482.gif

d0009639_2055044.jpg


d0009639_20551562.jpg


d0009639_20555155.jpg


d0009639_2056745.jpg


d0009639_20563282.jpg

d0009639_2058428.gif


もらった写真をデジカメで上から写してみたので、現物よりも光の当たり具合が悪いけど、こんな感じの出来。

子供ってただでさえ写真撮るの難しいのに、よくまぁ、こうやってポーズ取らせて撮れたね。

それにこの日、私が幼稚園へ行く前に家でトイレをさせるのをすっかり忘れた為に、梅ちゃん我慢できなくなって幼稚園の教室前でちびっちゃったんだよね(^^;)。いやぁ、ほんと梅ちゃんごめん!だったわ。あれは私が悪い。幼稚園に行く途中で気が付いてすっごい焦った。


で、又幼稚園に着いたら、送りに来てる親御さん達の列が出来てて待たされたしねー。

なので、ちびっちゃった梅ちゃん、大泣き。その大泣きの直後くらいに撮ったはずの写真にしては上出来よ。泣いてないもんね(笑)。(でも、ちょっと機嫌悪そうな顔してるけど(笑)。)

でも、濡れたのがタイツとパンツだけで良かったー。洋服や靴濡らしてたら、記念写真が台無しだったもんねー(^^;)。

プロの人に写真撮ってもらったことなかったし、いい記念になったわ☆
[PR]
by honestpumpkin | 2006-11-20 13:45 | 育児

またまた風邪菌?

現在梅ちゃんと私、共倒れ状態(^^;)。

前回の風邪が治ったと思った矢先に、又園から別の菌をもらってきたようで、梅ちゃんが熱を出し、そして私も梅ちゃんから移され・・・。

今回のはちょっと強力。月曜日に登園したんだけど、その夜から梅ちゃんの熱が39度越すまで上がり、火曜・水曜と38度くらい(特に夕方になると熱が上がるんだな)、そして木曜(今日)の早朝にも又熱が上がり始め39度台。

熱が出始めた2日目からは目やにも出て来て、どうも結膜炎らしい。
ネットで症状から調べたら、咽頭結膜熱(アデノウイルス)になるのかなぁ・・・。

恐るべし、幼稚園。行き始めたら2週間おきに病気になる、とは聞いていたけど、そのままじゃん・・・(苦笑)。

なので、私も病気の身体に鞭打って介護の日々。旦那はこの時期仕事がピークで助けてもらえないしね。

ほんとは今週から仕事探しでも始めよう、と意気込んでいたのに、出鼻をくじかれてしまった。・・・って言うか、こんな状態になるんじゃ、仕事見つかってもやっていけるのかなぁ...。

病気の子を置いて仕事に行く訳にも行かないし、かと言って仕事をこうやって何日も続けて休めるもんでも無いだろうし。

なんか、ちょっと仕事探しに不安になったり。(溜め息)

幼稚園の方には昨日電話をしたときに『ひょっとしたら結膜炎にもなってるかも・・・』って言いかけた途端、『それじゃぁ、完璧に治るまでは通園させないでください。園の規則ですから。結膜炎や嘔吐下痢症の場合は完治するまで自宅にいて、通園させる時に先生の診断書を持ってきてください。』って言われた。

『いや、でも結膜炎かどうかは、まだはっきり分からないんですが・・・。』

『それでも先生の診断書を持ってきてください。』と。

で、今日小児科の先生に電話をして、明日受診してもらうことになった。
おそらく幼稚園復帰は来週からかな・・・。とほほ(←いろんな意味でね(笑))。

ま、でも梅ちゃんが元気になってくれるのが一番!頑張って介抱するわ!

そうそう。前回書いた膀胱炎事件。

結局、旦那が月曜、火曜、水曜と検査所に通ったにもかかわらず、まだ出来ていなかった。
水曜日には、旦那が行く前に『食い下がって聞くのよ!』ってお願いしたにもかかわらず無理だったんだけど、応対してくれた先生が優しい先生だったみたいで、旦那が帰宅した後、その先生からうちに電話が有り、FAXで結果を送ってくれた。

で、その気になる結果は・・・。

膀胱炎じゃなかったみたい。

ほっとしたんだけど、『じゃぁ、あの痛い、痛いって言うのは何?』と言う疑問が残る。

園の先生で結構丁寧に梅ちゃんのことを伝えてくれるモニカ先生(残念ながら担任ではなく、マテルナ(ひとつ上のクラス)の先生。偶に合同で何かをする時とかに見てくれるみたい。)も、トイレの時にすごく痛がっているわよ、って言っていたし。ひどい時には下腹部を押さえて痛がるみたい。

なんでかなぁ・・・。家でも痛がる時とそうでない時がある。未だに痛がるからね。
これも明日の受診する際に聞いてみるか。

そうそう、今日とっても梅ちゃんに感動したことがあった。

2歳6ヶ月を過ぎた辺りから、かなり日本語が上達してきている梅ちゃん。ほんと毎日ベースで『そんな言い回しいつ覚えたの?』って吃驚させられるようなことをしょっちゅう言うんだけど、今日は私がお皿を洗っていた時に、ワインピッチャーの底が割れていたのに気が付かず、それを手に取った時に手の平と指を切ってしまった時。

『うわっ!いたーい!手切っちゃった!』

で、梅ちゃんが近づいてくる。『どうしたの?』

『ほら、ここ見てー。いたーい。手、イタイイタイしちゃったよー。』って言いながらティッシュで止血していると、自分もティッシュを取り私のところに来て、

『お母ちゃん、痛いの治るからこれして。』って言いながら、私にティッシュを差し出す。(T▽T)。

ほんとにすごいわー。

でも梅ちゃんってほんとに優しい子。

ご飯を食べるときには座布団を出して持ってきてくれるし、キッチンの椅子に腰掛けるときは、背もたれにクッションを持ってきてくれる。

ほんと魔の2歳児だけあって、言うこと聞かないときはどうしようもないけど、でも本人分かってるんだよね。自分が我がまま言ってるってことは。ほんとに賢いよ。(はい、毎度の親ばかです・笑)

で、今日この後も、手を偶に覗き込んでは『もう治った?』って聞いてくれたり、絆創膏の上からキスしてくれたり(T▽T)。

あ、今日の出来事でもうひとつ。これは面白かったこと。

キッチンの床にジュースを一滴こぼしてしまったんだけど、それをしゃがんで拭いてたら、背後から近づいてきた梅ちゃんにぽんぽんって背を叩かれて『気を付けてね!』と(爆)。

あんたに言われたく無いわ(笑)。

文法的にもかなり正確になってきているこの頃。
旦那が『梅ちゃん、日本語教えてね!』なんて言っている。大人になってから日本語を勉強し始めた旦那には『・・が』や『・・は』とかの使い分けが難しいらしいんだけど、梅ちゃんはほんと自然に覚えていっているからね。偶に旦那よりも上手に使い分けてる(笑)。

こうやってバイリンガルって育っていくんだなぁ。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-11-16 22:16 | 育児

膀胱炎?

私も梅ちゃんもすっかり風邪は良くなった。
中耳炎の疑いもあの後、まったく耳が痛いとも言わないしでおそらくは大丈夫みたい。よかったー。

でもこの頃から、おしっこをするたびに痛いって言ったり、ご飯を食べるとすぐに舌が『痛い、痛い』って言ってペーしたり。

梅ちゃんって以前から舌が地図状舌なんだな。舌が赤い所と白い所があって地図のような形をしているって言うか。通常は痛みとかはなく、無症状のはずなんだけど、稀にしみたり痛みがあったりすることもあるらしい(ネットから得た情報。6~7歳くらいには自然になくなるらしい)。

だから、私の勝手な解釈はやっぱりこの地図状舌のせいか、と。だって、口内炎っぽいものも無いしね。

おしっこをしたときに痛がるのは、おしっこの出る辺りが真っ赤になってたので、きっとこの赤くなってるせいかなー、なんて思ってた。ので、おしりに塗る赤みを取るクリームを塗って赤いのが取れたんだけど、まだ痛いって言う。

・・・って言うことは、膀胱炎?

そうであって欲しくないって思ってたんだけど、おしっこをした後必ずと言っていいほど『いたーい』って言うし、その可能盛大よねー。それに、今思えばあの高熱は、ひょっとかしたら膀胱炎のせいだったの・・・?なんて。

と言うことで、月曜の朝、かかり付けの小児科の先生に電話して舌のこととおしっこの件を聞いてみた。

舌に関しては、以前にも先生と喋ってたので、それを前提にして聞いてみたんだけど、先生がいう処置方法は、コップ一杯の水にビカルボナート(重曹)を小さじに4杯入れたものにカーゼを浸して、そのガーゼで舌を一日2回拭く。

で、おしっこの件は『痛がる』って言ったら、すぐに『検査を受けるためのリチェッタを発行してあげるから、尿検査をしなさい。』とのこと。

『どうなんですか?これって膀胱炎なんでしょうかね。』って聞いたら、『おそらく細菌が入ったのかもね。』とのこと。ま、結果が出るまでは膀胱炎かどうかは言えないけど、ネットとかで見ても2~3歳の女の子がなりやすい、なんて書いてるしなー。

で、問題が梅ちゃんの尿を取ると言う作業。

ま、オムツが取れてる分おしっこを取るっていう作業自体は楽にはなったんだろうけど、採尿って朝一番がいいのよね?で、飲んだり食べたりする前の方がいいのかなー。それじゃぁ朝起きて一番のおしっこを取るしかない。

これが又大変なんだよー。

何が大変って?梅ちゃん朝の寝起き(特に起こされた場合=よってほぼ毎日)、超機嫌悪いんだわ。
自然に起きると機嫌もいいんだけど、幼稚園に行き始めてからはほとんど私が起こしてる状態。
特に朝のおしっこさせるのなんて至難の業。機嫌悪いから、トイレ連れてっても『いや~~~っ!!!おしっこしな~~~い!!!』だから(^^;)。

なので、月曜日の夜採尿するカップをいかにも楽しい何かのように見せて『明日ねー、梅ちゃん朝起きたら、ここにおしっこするんだよー♪とっても楽しいよー♪お母ちゃんが梅ちゃんおしっこする時に、こうやってこうやっておしっこここに入れたげるからねー♪』なんて必死でのせてみた。

梅ちゃんも、『開けるー。開けてー、開けてー。』ってすぐにでも使いたい気分だったんだけど、何とか言い聞かせて、その晩寝かせた。

で、次の朝。
やっぱり機嫌悪い(ーー;)。
それでもトイレに連れてって『ほらー、梅ちゃん。これ開けよっか♪ここにおしっこできるよー♪』って言った直後。

・・・・抱っこしてた(お尻を支えてた)手の平があったかくなる・・・。

(@◇@|||)ぎょえ~~~っ!!!漏らしちゃったよー!!!

心の中で『あーっ!!もったいなーい!!!』なんて、無駄なのに滴るおしっこを必死で手の平で受け止めてしまった(爆)。で、もう片方の手で必死に採尿コップを開けようとする自分。しかし、片手では開かない。もう私、パニックよ(爆)。
きっと『採尿カップ=おしっこ』って言う図式が彼女の中で出来てて(いいことだけど)、カップ見てもよおしちゃったんだろうね。とほほ。

でも。

あー、もー。膀胱炎だったらすぐにでも検査に出さなくちゃって焦ってるのに。これで今日は、パー。

で、次の日の水曜日。
朝から気分を盛り上げてなるべく機嫌良くなるように工夫して起こす。

お、なんか、今日はちょっと笑顔も出るぞ。

で、のせてのせて、トイレに連れて行く。便器に座らせる。座らせるの大成功!!!!

で、今回は昨日に懲りて前もって開けておいた採尿カップをさっと定位置に差し出すと・・・やったーっ!!採尿大成功!!それも一滴もカップを汚すことなく。

ふー。

で、梅ちゃんを送りに行った後、幼稚園から近い所にある検査所へてくてく歩いて梅ちゃんのおしっこを持って行った。

受付を済ませると、領収書のA4の紙に受け取り予定日が書いてある。

『9日受付、結果引取り18日』

ちょっとー。結果出るのに9日もかかるのー!(怒) 梅ちゃん悪化したらどうするのよー。

なので、もう一度受け付けに戻り『あのー、娘がおしっこするたびに痛いって言うんですよ。で、膀胱炎かもしれないんですが、こんなに待たなくちゃいけないんですか?』
って言ったら『それじゃぁ、4,5日経ったら戻ってきて、結果が出てるかどうか見てみて。』だって。(出てるって保証は無い)

なので、運が良ければ5日後に結果が出てるらしい。梅ちゃん可哀相。もし、ほんとに膀胱炎なら後5日も待たなくちゃいけないなんて。

ま、先生のところで最悪、又高熱が出たりすごく痛がったりした時用の抗生物質をもらって帰ってるから、なんとか待てるだろうけど、日本みたいに尿検査くらいすぐに結果出して欲しいよねー。ほんとになんにしてもスローなんだから、この国は。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-11-10 13:52 | 育児