カテゴリ:イタリアの生活( 75 )

ほぼ完成!

昨日、やっとほぼ完成に近い状態が出来た。

なが~い、ながい道のりだった・・・。最初の予定では、ビットーリオさんは『キミたちの家はバスルームが一つしか無いし、お湯の無い生活で不便だっただろうから12日間で完成させるよ』なんて言っていたけれども、やっぱり彼も典型的なイタリア人。
12日間と言えば、その2,3倍はかかることを想像していなかった私たちが悪い(苦笑)。

なんで“ほぼ”完成・・・かと言うと、まだシャワールーム前と鏡の上に付ける照明を付けていないのと、シャワールームの扉がまだ、タオル掛けやらトイレットペーパーホルダーやら小棚やら、そう言った細かいものがまだ付いていないから。

と、最後の最後にジャクジーがどうも壊れているらしく(新品で買ったのに!(怒))、その修理が9月にならないと出来ない為。信じられないね。やっとジャクジーのお風呂に入れるって思ってたのに・・・(涙)。

ほんと、今回のお風呂の改装は、問題ばっかりでステップごとに何か問題が起こってそのせいで前に進むのが遅れる・・・ってパターンを繰り返してた。で、最後の最後にこれかよぉ。っちぇ。

ちょっと、ビットーリオさんにもムカついたんだな。だって、私たちが買ったシャワー器具は失くされるわ、取り付けたバスルームの扉(新品)の鍵は失くされるわ(おそらく取り付けてくれた雇われ職人さんが箱に入っているのに気が付かずに一緒に捨てたらしい)、角のタイルとタイルの間を挟むプラスチックの部分にタバコの焼け跡を付けられるわ(これはヘビースモーカーのビットーリオさんのお父さんがやったのかな、とにらんでる。もちろん無理にではないけどね。)、バスタブ用のシャワーを引っ掛けるフックを失くされるわ、自分の言ったことをすぐに忘れて全然違うことを次回に言うわ(その言われたことに基づいて、色々買ったりしているのに、無駄になったものも何点か)・・・(ー゛ー)。

悪い人じゃないし、この時期めちゃくちゃ忙しいのは分かるけど、そりゃちょっとないんじゃない~?って感じのことがあまりにも多かったので、この最終段階でかなりムーっとしてる私。

何かと色々お願いしても、おそらくやりたくないんだろうね、私の言うことの反対意見を促がす。で、最終段階の時点で最初の見積もりよりも300ユーロも追加の料金を請求してきて、その内訳すら言ってくれない。

旦那に言ったらしいんだけど、うちの旦那こういう事はボーっとしてるって言うか、人を信じすぎるって言うか、私が『何でそんなにかかったの?』って聞いても『知らない、聞いてない』と。

だから怒って『何に、そんなにかかったかちゃんと聞いといてね!』って言って、聞いてもらったんだけど、その内訳も『なんかなー・・・』で腑に落ちない。どれにどれだけかかったのかも言ってくれてないみたいだし。

旦那の同僚の友だちだし、結構仲良くなったし、あんまりこっちも必死になって『どれにどれだけどういう風にかかったの?!』なんて聞くことも出来ず、ただ腑に落ちないなーって納得行かないのもちょっと悔しいけど、もういいや。もう、信じるしかないもんね。

d0009639_721285.gif


・・・と、前置きはこのくらいにして。

お待たせしました~♪
毎日覗いてくれてた皆さん、おそくなってごめんなさい。

これがドアを開けたところから見た感じ。ちょっとこれじゃぁ、あんまり良さが分からないんだけど、追って拡大写真を載せます。


d0009639_625067.jpg入ってすぐ左にシャワー室。
ほんとはガラスの扉を付ける予定なんだけど、これも9月か10月にならないと、扉が入手できない、とのことで今はシャワーカーテンを仮に取り付けてる。

で、その奥が洗面台、その向かいがトイレとビデ。一番奥が、じゃじゃーん!ジャクジー(壊れてるけどね(^^;))。

トイレも当初、壁付き宙吊りタイプにする予定だったけど、そのタイプにすると工事の最初から最後トイレが付くまでトイレが全く使えない、ってことで残念ながら却下。トイレが全く使えないなんて、絶対不可能だからね、生活するうえで。ま、宙吊りにしたかった理由は、バスルームが広く見えるって言うのと掃除が楽(これが主な理由)ってことだけだったから、ま、いいや。

で、今回使ったトイレとビデは完全に壁に引っ付いてるから、掃除も楽だろうしね。それに、スタンダードの形よりも丸い形でちょっと可愛いし。





d0009639_628119.jpg


これがシャワー室を反対側から見たところ。
シャワー室の両側の壁の細い部分は、タイル職人さんのアイデアでモザイク模様にしてもらった。これが、すごくウケがいいの。使用した壁の2色のタイルを金槌で割って、そのかけらをモザイク柄にして埋め込んでくれたの。結構手間のかかる作業だったんだけど、『君がこれで喜んでくれるんなら、やってあげる』って言ってやってくれた(=^^=)。ありがとー、シルビオ!








d0009639_657664.gif



d0009639_6381455.jpgで、私のこだわりその1。---『タイル』

この壁に使用したタイルは値段も雰囲気も一目で気に入ったもの。これを見たら他のタイルさんたちなんて、なんてちゃちく見えるのかしらーって感じで決めたの。

通常、壁に使われるタイルは2色でその内の一色を床にも持ってくるんだけど、私のこだわりは、床のタイルは30x30cmの大きめサイズにしたかった。それに、壁と同じ色が来ると、トーンが同じになってちょっとつまらないからね。だから、わざと違う、でも同じ系統のタイルを床に持ってきた。(床のタイルの写真は一番目の写真を見てね。床は汚れてるんじゃなくて、アンティーク調なのででこぼこしてるの。)

壁のタイルはスタンダードが20x20cm。あと、10x10cmとか、モダンなタイプで長方形のタイルとかも有るけど、あんまり目が行かなかったなぁ。もちろんうちで使用したのは20x20cm。

あと、床と壁に関しては、タイルとタイルの間のスペース間隔(何ミリ開けるか)にまでこだわって指示。それに、タイルとタイルの間に埋めるストゥッコ(セメントみたいなもの)の色も指定。使った色はパールグレイ。

私のこだわりその2。---『グレーカ』
グレーカって、2色のタイルの間に引く帯状の細長い柄の入ったタイルのこと。通常、2色のタイルの境目と、タイルの終わる部分にアクセントとして、この『グレーカ』が使用される。

このグレーカも私の一目ぼれ。黄色とピンクの2種類があったんだけど、どこかに黄色を入れたかったので、黄色に決定。ピンクにするとちょっとメルヘンちっくになってしまいそうだったので止め。

このグレーカは2種類のサイズ、細いタイプと分厚いタイプがあり、細い方を2色のタイルの境目、最終部分(天井に近い部分)に分厚い方を持ってきた。(分厚い方はシャワー室の上の部分を見てね。)

で、この細いタイプを使って、はめ込み式の鏡の枠としても使用。(上の写真参照)





d0009639_743672.jpg私のこだわりその3。---『洗面台』

これも、値段、見た目共に一目ぼれ。 この洗面台は宙吊り式なので掃除も楽ちん。
かっこいいでしょー?\(^▽^)/

バスルームに使用した素材は全て私の独断と偏見で選んだんだけど、これに関しては旦那も即行気に入って即決した(笑)。

一時、私のサイズの測り間違いで設置場所に入らない・・・と言う事態になり、断念しかけになっていたけれど、なんとか工事の人たちが上手く設置できるように頑張ってくれたので感謝感謝。

洗面受け(って言うのかな)が、細長いお皿の形をしているから、ちょっと使い勝手が悪いかな、と思ったけど、今のところそうでもない。

ただねぇ、この洗面台に付ける水道の蛇口が高さが最低でも20cmあるのもではいけなくて、それがそんなに市場にないのよ。いや、値段の張るのしか(笑&涙)。なので、一番安い蛇口を選んだんだけど、それでもこれが又結構したんだなー(T-T)。

で、この付近の拡大写真。
d0009639_7131355.jpg


洗面台の奥で、ジャクジーの左壁に取り付けてあるのが“テルモアレード”って言って、暖房なの。冬には、ここにバスタオルを掛けとくと、お風呂上りにほっかほかのタオルが使える(^^)。

あ~、やっと、やっと、理想のバスルームができたわ~♪ もちろん上を言い出したらきりがないけれど、うちの限られたスペースを思いっきり利用して出来たバスルーム。うれしい・・・。

今日は早速梅ちゃんとお湯を張って、思う存分お風呂を堪能できた♪♪ 幸せ~。

今回の出費で今年はどこにもバカンスに行けないけど、10月に両親も来るし、いいの、いいのこれで。

でも、もうしばらくは家の改装はいいわ。疲れた。ほんとに(笑)。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-08-09 23:02 | イタリアの生活

ゴールはもうすぐ?

タイル職人が来て、タイルを張り始めてから約1週間経った。

タイルなんて、2日もあれば全部貼り終わる、なんて思ってたのにいやいや。
ま、うちの場合タイル職人が超嫌うタイプの造り・・・角がいっぱい有る(小さい出っ張った壁があちこちにある)なので、それも有るから時間がかかってるんだろうなぁ。

でも、このルーマニア人のタイル職人さん(以下シルビオさん)が、ちょっととろいせいもあると思うんだよな。仕事しながら一日にビール2,3本(1本660ml)は開けてるからね。

すごいがーっと働いてくれる日も有れば、前を通りかかるたびにうなだれて座っていることが多い日も有る。

でもこのシルビオさんのことを梅ちゃんはすごい気に入ってるんだな(笑)。いっつも『シルビオは?』って言ってる。

義母が梅ちゃんをうちまで迎えに来ると、毎回義母をバスルームまで連れて行って『Nonna, questo e' Silvio (おばあちゃん、これがシルビオだよ)』って教えてる(爆)。

偶に休憩でお水を出してあげたり、カフェを作ってあげたりするんだけど、それを梅ちゃんに運ばせている(もちろん一緒について行って、ね)。で、シルビオさんも梅ちゃんのことを可愛がってくれて、最近では毎朝Kinderのおまけ付き卵チョコを持ってきてくれるようになった(=^^=)。

このシルビオさんとあーでもない、こーでもないって毎日毎日相談しながら、ようやくタイルが明日中くらいに貼り終わりそうだ。ふ~、長かったー。これが終われば、あとは洗面台を取り付けて、便器とビデも取り付けて・・・ほとんど完成!う゛~、待ち遠しいっ!

現時点でシャワールームはほぼ完成してるので、今日旦那がシルビオさんに聞いてみた。
『今日ビットーリオがここに来てシャワーを取り付けてくれるんだけど、タイルのストゥッコ(=スタッコ。タイルとタイルの間を埋めるセメントのようなもの)をシャワー室だけ先に仕上げてくれる?そうすれば今晩からここでシャワーが使えるから。』って。

今、これを書いてる最中にビットーリオさんのお父さんのカルロさん到着。仮シャワーを付けてくれている。やっほー、今日からうちでシャワーが出来る!40日ぶり位かしら、家でシャワーが出来るのは(笑)。(確か6月23日からお湯が使えなくなってたからね)

ゴールは近し。ほんと旦那も私も今回の改築の件でくったくたのへっとへと。その上猛暑だからね。でも、これもやっとカウントダウンの段階まで来た。がんばるぞーっ。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-08-02 15:41 | イタリアの生活

まだまだ終わる気配なし・・・

昨日の夕方から今朝まで、床のタイルが貼りたてだったので、トイレに入ることが出来なかった。

ので、私と梅ちゃんの二人は昨晩、義父母宅でお泊り。(旦那は家で留守番)
暑かったー。義父母の家は暑い。

夜寝るときには、雨戸の隙間は開けた状態で閉めてるんだけど、隙間風も入ってこないし、どこも締め切ってるもんだから暑い暑い。扇風機を置いてもらったんだけど、それでも部屋自体がもわぁ~って暑いから、扇風機があっち向いてる時は暑くてしょうがない。

で、眠りなれないベッドで寝つきも悪かったし(私がね)、夜中に2回も梅ちゃん起きて抱っこする羽目になったしで、あんまり良く眠れなかった。ま、でも朝起きてトイレはゆっくり出来たのが良かったけど。

今現時点は、床のタイルがほぼ全部貼り終わり、壁も3分の1ほど終わってるくらいかな。
この*私*が選んだタイルさん達、工事に来てる人たち皆に褒められたよ(=^^=)。

タイル職人には『綺麗な(見栄えがね)タイルを張ると綺麗なバスルームが出来る。タイルが良くないと、綺麗なバスルームは出来ない。いいバスルームが出来るぞ。』だって♪

いやぁ、色々回ってこだわって(予算もね(笑))決めたのだからねぇ。タイルってバスルームの印象を一番変える素材だからねー。うふふ、楽しみ。

一部出来てるところの写真をUPしようかと思ったけど、もったいないから(笑?)出来るまでのお楽しみ~ってことで、皆さん待っててね☆

でも、写真でとってみたけど、写真だと良さがあんまり伝わらないんだなー(ーへー)。

今回のこの工事をお願いした、ビットーリオさんと彼のお父さん(彼らの会社)以外の人たちって、皆外国人の人たちなんだわ。
で、皆偶然かルーマニア人の人たち。おじさんクラスの人たちはイタリア語をま、すごい上手な域ではないけどコミュニケーション可ぐらいのレベルで喋れる。でも、下っ端の若造達と来たら、ほとんど喋れないのよね。

何か質問しても、それを理解してもらえるまでに3回くらいフレーズをリピートして、で、返ってくる言葉が全然分からない・・・。いや、旦那がやっても全く同じ。旦那にも理解不能。

で、あんまりにも聞き返すのも悪いから、結局分かった振りして現場から退散する・・・って感じ(笑)。
いや、私はイタリア人じゃないし、それで聞き取りにくいのかなって思ったけど、旦那も全然分からない・・・って言ってた(笑)。

大体、おじさんクラスの人たちって昼間下っ端にあれこれ指示を出したら、早めに帰るケースが多く、残った下っ端さんに何か工事のやり方とかで質問があっても、これだから・・・ねぇ。

昨日も旦那が一人残って働いてる若造に『今日は何時までするの?』って聞いたら、何か言ってるんだけど全然分からない(^^;)。旦那も私も必死に理解しようとするんだけど、外国語にしか聞こえない。で、やっと『ORA!(今)』みたいな言葉が聞こえたので、旦那が『あぁ、ORAね』って返したんだけど、でも結局それからしばらく居たな。あれは、ORAじゃなかったのか・・・。ま、これがちょっと不便かなーって感じだけど、こういう下っ端の子たちって皆一生懸命働いてくれてるから、ありがたいことだわ。文句は言えません。

d0009639_202082.gif


そうそう梅ちゃんの話なんだけど、この工事が始まってからは毎日のように義父母宅で預かってもらっている。家に居れる状態じゃないし、私も留守番しなくちゃいけないから散歩にも連れて行けないからね。それに、この工事による粉塵、絶対体に悪いよ。

d0009639_1954528.jpgで、毎日義父母宅で一日過ごしてる梅ちゃん、イタリア語が吃驚するくらい上手くなった。
簡単なやり取りなら、義母ともイタリア語で会話してるし。

で、私とは日本語で会話。日本語はかな~り上手になってきたね。偶に文法的に間違えたりはするけど、普通に会話出来るくらいにまでなってる。
ま、梅ちゃんのボキャブラリーの範囲内だけど、それでも私とはかなり普通に意思疎通出来る様になってきた。現在2歳4ヶ月。

2日ほど前なんか義父母宅で、私に『すぐ戻るね』って言いながら、どっか別の部屋に行ったり、義父母宅へ行く前に『ノンナ(おばあちゃん)んち、白い赤ちゃん(梅ちゃんのお気に入りのお人形)梅ちゃんのこと待ってるよ』って言ったり(笑)。文章の組み立て方もかなり上達してきたので、きっとあっと言う間に旦那の喋る日本語のレベルを超しちゃうんだろうなぁ。ははは。旦那はかなり羨ましがってる。アクセントのない自然な日本語だからね、梅ちゃんの喋る日本語は。

ま、イタリア語においてもしかり。私も梅ちゃんがもっとイタリア語が上達してくると羨ましいって思うんだろうな。

d0009639_19543829.jpg彼女のお気に入りの言葉は『久しぶりでしょ』(笑)。これは完全に意味をマスターしてないみたいで、何かするたびに『これ、久しぶりでしょ』って言う(爆)。

でも言葉を覚えていく過程って見ててほんとに面白いし可愛いね。それにしっかりバイリンガルに育っていってる。ちゃんと日本語を使う人、イタリア語を使う人の見分けも出来てるしね。すごい、すごい。

イタリア語を喋る梅ちゃんを見ながら、『なんかこの子は日本人だって勝手にどこかで思ってたけど、こうやってイタリア人になっていくんだなー』なんて感慨深くなった(笑)。

さぁ、これからもしっかり日本語覚えさせないと、どんどんイタリア語が優勢になっていくだろうな。がんばろーねー、梅ちゃん。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-07-28 13:11 | イタリアの生活

その後の経過

工事が始まってちょうど1週間がたった。

家の中は・・・



埃だらけ(TへT)。 家の中で工事するってほんとにすごいねー。バスルームの工事だけど、バスルームと背中合わせのキッチンの配水管もまとめて新しいものに交換もしているので、キッチンの方にも工事の人たちが出入りするし、家の中で現在水が出るのが唯一キッチンだから、セメントを作るための水もキッチンに汲みに来たりするから、至る所の床が真っ白。

広告の紙とかをつなげて敷いて、そこを歩いてもらっているんだけど、梅ちゃんがそこをはだしで歩きまくったり、猫が厭味のようにその広告の上でごろ~ん、ごろんごろんってしたりして、結局他の場所に白いのを広げまくってる状態(涙)。

なので、最近の私の日課は、

朝7時起床。工事やさんが来る前にトイレを済ませて(トイレと言っても仮トイレで、今まで使っていた便器を下水溝の上に置いているだけで、流すのは手動・・・つまりバケツに水を汲んで用を足したものを流す状態)、居間のソファーとテーブルに覆いをする。

廊下に敷いているダンボールを取り外す。(工事が終わった後掃除してから、それを敷いててその上を歩くようにしているので)

工事やさんが来て、一日の仕事が終わって帰った後は、家中掃除機。又、この掃除機するのがすごいのよ。掃除機つけると、ぼわ~~~んってすっごい埃が出る。あんまりたくさんの砂埃を毎日吸わせてるせいみたい(^^;)。で、吸わないんだ、うちの掃除機。

そして掃除機の後は、水ぶき。もちろん、次の日には又悲惨な状態になるので、あくまでも梅ちゃんがはだしで歩く所と、夕食を食べるテーブル付近を中心に大雑把にしかしてないんだけど。でも、キッチン、書斎、廊下、居間、ベッドルームとやっている。はぁ~(疲れの溜め息)。

水ぶきの後は、さっきも言った、ダンボールを廊下に敷いて、はだしでも歩ける状態にする。

掃除の後はすぐに、梅ちゃんの待つ義父母宅へ旦那と向かい、シャワーを借りる。

家に帰ると大体いつも20時半・・・。それから晩ご飯を用意して、食べるのは21時頃。
梅ちゃんはそんな時間まで待てないから義父母宅で食べさせてもらっている。お風呂も私たちが着く前に入れてもらってるし。ま、その分こっちの手間が省けて助かってるんだけど、それでもこれを毎日こなしていて、私既にへとへと。

その上、梅ちゃんたらここんところ夜全然元気で寝ようとしない。昼寝もしないのに、23時位まで大はしゃぎ。
以前は寝かし付けに抱っこで『寝ないんだったら下ろすよ』って言うと『いや~!!』って泣いてすがっていたのが、ここ最近では『梅ちゃん寝ない。お母ちゃんあっち。ばいばい。』だって。ったくねぇ。(ー゛ー)

・・・という訳で日記の更新もままならずの毎日(涙)。毎日覗いてくれてる皆さんごめんなさい。

昨日までの状態はこんな感じ。
d0009639_6342356.jpg

見てわかるかなぁ。便器をブロックのかけらの上に置いているの。これ結構ぐらぐらするんだよね。用は足せるくらいの安定性は有るけど、工事のおじさんが『便器に座って踊っちゃだめだよ、倒れるから(笑)』だって。ほんと、なんかまともな人間らしい生活が早くしたいもんだわ(爆)。バケツに水を汲んで流すのも、もう得意なもんだし。最初は紙が流れなくて困ったけど、結構コツをつかむと、バケツの水でもちゃんと流れてくれる(^^;)。

トイレの写真で申し訳ないけど(^^;)、近くで見るとこんな感じ。ぐらぐらしそうな感じがわかるかなぁ(笑)。
d0009639_6413157.jpg


d0009639_6423491.jpgで、今日は地面にセメントが埋められて、水道管やら地面の土やらが隠れてちょっとは形になってきたかな・・・って感じ。

工事やさんは壁を中心に作るルーマニア人の若い男の子が一人メインで来てて、偶に他の若い衆(笑)も何人かヘルプに来たりしている。
その他は、今回依頼したビットーリオさんが偶に監督に来るのと、彼のお父さん(水道管担当)のカルロさんがほぼ毎日ベースで来てくれている。

カルロさんもビットーリオさんもちゃきちゃきのローマ人。かなりヘビーなローマ弁を喋るので最初慣れるまでは偶に理解できなかったりした。

でも、このカルロさん最近、少し打ち解けてくれたみたいで、今日なんか来た時に『チャオ、〇〇(私の名前)!』って声かけてくれたから、私もキッチンで用事しながら大声で『ボンジョルノ、カーポ(ボスって意味)!』って言ったら、えらく喜んでたわ(笑)。

お昼も私が一人で留守番してると、ピッツァ片手に『〇〇、ピッツァ食べるか?お昼は食べたか?』って(=^^=)。最初は口数少ない職人さんっぽく見えたんだけど、喋りだすといい人みたいってのが分かった。昨日は梅ちゃんが運んだお水を嬉しそうに飲んでたしね。なんでもビットーリオさんの3歳になったばかりの孫娘がいるらしく、余計に親近感覚えてくれたのかな。

イタリアに住んでて今まで、こう言う工事関係の人の不真面目さとかいい加減さ、とか色々聞いてきたけど、今回お願いした人たち、ほんと皆まじめに朝早くから来て、夕方まで一生懸命働いてくれている。良かったよ。
この分だと、約束の期日までに何とかなりそうかな。ただ、私いつも家で留守番してるので外に買い物にも出れないのが辛いなー。(工事やさん達が居る間はドアも鍵をかけずに開けっ放しにしてる状態だしね。)

話は変わるけど、今日の気温は40度もあったんだって。
d0009639_725575.jpg

ルーさんもちょっとノビ気味ね。だって、毛皮着てるんだもんねー。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-07-21 23:05 | イタリアの生活

工事開始!

今週頭にやっと旦那の知り合いの紹介の工事やさんが見つかり、その人の人柄も信頼できそうだし、出してくれた見積もりも相当かな、っていう額を出してくれたので、その工事屋さんに決めることにした。

それから又今まで、色々回って決めたマテリアルの注文、支払い、洗面台探し等々で一日中走り回っていた。ほんと疲れたよ。もうふらふら。
ほんとね、毎晩毎晩、寝てからも便器の夢や、バスタブの夢や、水道の蛇口の夢見てたんだよ。あれにするべきか、これにするべきかって(笑)。

で、昨日夜寝る前に工事箇所の周りを埃が出るのでナイロンで覆って、今朝なんと7時40分から工事が開始された。早いね~。こんな時間から働き出すなんて。

うちの下が人の住む家じゃなくて良かったよ。自動車学校さんには悪いけど、彼ら開けるのは9時半位だろうし、ね。だって、人の住む家だったら、そんな時間からドリルの音聞きたくないでしょ。

今もこの日記書きながら、後ろですごいドリルの音がしている。猫ちゃん2匹もちょっとびびっちゃって可哀相だけど仕方ないね。ちなみに梅ちゃんは工事が始まって間もなくして義父母宅へ預けに行って来た。

昨晩必死で(ひとりでね!)覆ったナイロンの覆いも、工事やさん(3名)が出入りしたり、壁を壊した破片が飛んできたりで結構既にズタズタ(涙)。
気休めなんだけど、ナイロンに開いた穴を見つけるたびに、必死にテープで穴を塞ぐ作業をさっきまでしてた私。

だって~。すごいんだもん、埃。土禁の家の床が既に真っ白(T-T)。で、工事して無い部屋までずかずかと工事やさんが入ってくるしね。
ま、仕方ないんだけど。最初の2日が、壁や床を壊す作業らしいから、この間はこれ覚悟で過ごさないとね。

で、朝から水も止めてるので不便だわ~。バケツにでも水を溜めておくべきだった。そこまで考えてなかったんだよな~。

ま、こんな工事の話ばかりしても面白くないので、ここの所色々回った中で見た、バスルームの展示品などを紹介。

いや、ここに今回載せるのは、私たちが使う素材ではなく、展示品で『へぇ!』って思ったのとかね(^^;)。
便器にしても、洗面台にしても色んなモデルがあるんだねぇ。

d0009639_18175890.jpg

これは真ん中が洗面台で、左がビデ、右が便器。形が面白いね。こんな四角い便器って座り心地どうなんだろ(笑)。大股開くか、足を閉じてするか・・・(^^;)。面白いけど角が邪魔になりそうじゃない?
・・・何てこと考えるの私だけ?(^^;)A












d0009639_1821524.jpg

これも、面白いでしょ?洗面台なんておしゃれだわ~。便器やビデも洗面台とシルエットが似てるしね。

スペースとお金があればこう言うバスルームも悪くないかな?ははは。


色々見て回って思ったのが、今って結構なんでもオリエンタルブームじゃない?なので、オリエンタル風の洗面台とかがすごく多かったなぁ。木目の台に洗面台がついてる・・・みたいな。ま、実際日本ではそんな洗面台置いてるとこなんてひとんちでは無いのかも知れないけど、雰囲気がオリエンタル・・・って言うか。

で、実はうちが選んだ洗面台も、ちょっとオリエンタル風なのだ。
旦那も私も一目見て気に入ったんだけど、今朝、私が洗面台の寸法と実際の洗面台が入るスペースの寸法を誤算したことが判明(@-@;)。
工事屋さんになんとか置けるように相談して、おそらくは大丈夫だろう・・・って言ってもらってるけどちょっと心配。何で測り間違えたのかなー。馬鹿だなー、私。(´へ`)シュン・・・。


d0009639_18443697.jpgあ、あとこういう洗面台も可愛いでしょ。旦那がすごく気に入ってたけど、私たちの予算からはかなりオーバーで却下(笑)。


話戻ってうちの洗面台なんだけど、タイル全体が洋風クラッシックなのに洗面台がちょっとオリエンタル風って言うのは、合うんだろうか・・・ってちょっと心配なんだけど、ま、なんとかなるでしょって楽観してる。でも、全然合わなかったらどうしよう・・・(^^;)。

全部並べてみることが出来ないもんね、こう言うのって。ま、出来てからのお楽しみだわ。

あ~、なんだかおしっこしたくなって来た(^^;)。あと小1時間位すれば、工事やさんもお昼に入るだろうからそれまで我慢だ。でも、トイレの水は流れるんだろうか。(あ、便器だけ残してくれてるの。)一応お昼の間は水を復帰させてくれるらしいが。う~ん。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-07-14 12:39 | イタリアの生活

夢のバスルームへの道のりはまだまだ長そう・・・

ここに来て、お風呂増築計画に問題発生。

お願いする予定にしていた工事やさんが先日うちに見積もりに来てくれた。で、翌日電話で見積もり計算を聞くと、なんと水道管の壊れた初日に聞いていた見積もり予想額の倍額になっているではないか!信じられない・・・。聞いた人もおんなじ人よ。

水道管が壊れた日に来てくれたときには、ひょっとしたら増築の件は言ってなかったかもしれない。でも、増築するってもたったの2㎡くらい増やすだけなんだよ。

それに、この工事やさん基本的には領収書をきりたがらない(脱税の為ね)。領収書を切る場合は、どうのこうの言ってその見積り額よりもさらに上乗せしたものを支払わなくてはいけなくて、その額がまたまたすごい。それが正規の値段としたら、このサイズのバスルームの改築にそこまで払う人いるんですか、って言いたくなるほど。

そんなのやってられないわ、ってんで今又至急別の大工さんを探している最中(涙)。

旦那曰く、『奴らは泥棒だよ』って。旦那の友だちの大工さん(この人は結構割高な人のはずなんだけど)に聞いてみたら、その人もこの額には吃驚。

まさか、こんな額を言われると思ってなかったから、今まで他を当たらずにいたのに、今更他の大工さんがすぐに見つかるのだろうか・・・とほほ~。

イタリアって8月に入ると全く機能しない。みんなバカンスに出るからね。もう7月に入って、バカンスに出始めてる人も多い。だから、バカンス前はほとんどの大工さんは忙しいだろうし、かと言って、8月に突入してしまうと、タイルやさんやら他の店も8月ひと月の間 閉まってしまうし・・・。

なので、ここ何日かかな~りナーバスな生活を送っているわたし(T-T)。このお湯なし生活を9月まで待ってろってかー?(T皿T)キーッ

こんなナーバスな私をさらにナーバスにさせるかのように、最近今までにも増して梅ちゃんのイタズラがパワーアップしていて、一日中怒鳴りっぱなしの私。本人は遊びのつもりだからねぇ。怒られるの分かってて無理にいたずらをして、私が怒ると嬉しそうに家中を走り回って逃げる。それもすごいスピードで。

・・・・・おかぁちゃん、かなり疲れてるんだけど・・・。 (●´Д`●)




ま、そんなことはさておき。



外は暑くて公園に行くのも大変なので(私が?笑)、ここの所、ベランダで盥に水を汲んで遊ばせている。

d0009639_20261982.jpgで、先日買ったおまるはトイレとしては全然機能していないので(^^;)、水遊びの時の腰掛に使ってる。
こうやってると水遊びの最中にもよおしても下でキャッチしてくれるからね(笑)。

やっぱり便器で慣れてしまってるから、おまるではしてくれないみたい。あ~ぁ、残念。



←4歳児用の水着なのでちょっと大き目なんだけど(^^;)。





すこし、水遊びの様子でも。




d0009639_20334161.jpg






後ろから見たとき『何してるんだろう・・・』と思って前に回ったら・・・。












d0009639_20353390.jpg



顔に水を塗りたくって・・・。
















d0009639_20392070.jpg


顔をパンッパンッパン!ってはたいてる。(笑)

どうも、私が化粧水を顔につけている真似をして、顔に水をつけているらしい(爆)。

私が洗面所で顔を洗って、化粧水やらクリームやらを付ける時もいつも私の横でその辺のボトルやなんやらを手にとって顔に付ける真似するんだよね。

こういうの見てると、いつも『女の子だなぁ』なんて思う(^^)。





d0009639_20404639.jpg

で、ちゃんと顔の隅々まで綺麗に塗る(笑)。ほんとに良く見てるね、子供って。

出かけるときにも、私が口紅塗ってると必ず、私の口にも塗って!ってお願いされるしね。だから、自分の口紅を塗り終わったら、梅ちゃんの唇にもちょんちょんって口紅をつけて塗る振りをしてあげる。塗ったあとは、唇を“ん~っ”て合わせて私の真似をしてご満足(^^;)・・・がいつものパターン。



女の子の遺伝子って、教えなくてもこうやって自然に身に付いてるもんなんだねー。

いたずらばっかりして最近マジ切れしまくってる私だけど(^^;)、こんな姿見ると許してしまうんだなぁ~(=^^=)。

早く一緒に湯船に浸かれる様になりたいね、梅ちゃん。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-07-07 14:07 | イタリアの生活

その後・・・

前回のお風呂のお湯事件から、何日経ったんだろう。10日ぐらい?
お風呂の現状は何も変わらず・・・。未だにお湯無し生活続行中。

と言うのも、やっぱりお風呂を改築&増築するのには、バスルームの壁&床のタイル選び、バスタブ選び(ジャグジーにする予定)、シャワー選び(バスタブとは別にシャワーも付けるの♪)、洗面台選び、便器&ビデ選び(今流行の宙吊り式にする予定♪ 写真は又ね☆)、壁に取り付けタイプの暖房器具、等々、全て一から選ばなくてはいけないので、それを探すのに旦那と共に旦那の仕事の合間にあっち行ったりこっち行ったり・・・・。

何にも変わってないようで、ここ何日か本当に色んな所に出向いては品選びに奔走している。

それらが決定しないと工事にも入れないし、かといってこの生活が続くのはきついし、工事が始まってからはもっと大変な状態になる。

今はまだ、シャワースタンドで、盥に熱湯とお水を混ぜたものを用意して体洗ったり、昼間少しでもぬるい水が出ると水シャワーしたりでつないでるけど、工事が始まるとこのシャワースタンドも無くなっちゃうからなぁ(涙)。そうなると、確実に誰かの家にお邪魔して、お風呂借りることになるだろうなぁ。

でも、夏で良かったよ、ほんと。今つくづくそう思う。
ご飯の後の洗い物も水で全然平気だし、水シャワーもちょっと辛いけどなんとかなってる。

2日前にやっとアメリカに旅行に出てる義兄に連絡がついて『うちのお風呂使っていいよ』って言ってもらえたけど、結局夕方までそうやって色んなお店回ってたりすると、わざわざ彼のおうちまで行ってシャワーさせてもらう時間なんて無い。それに、盥にお湯を用意するのも慣れてきちゃったしね。だから、工事が始まるまではこれでいいやって感じ(^^;)。人間の順応性ってほんとにすごいね、ははは。

ただ、このくそ暑い中、2㍑くらいの鍋2杯分熱湯を沸かすのはちょっと辛いけどね。台所と繋がってる普段居る部屋まで、むわ~ってするからね。それを梅ちゃんの分と私の分を続けてしたりなんかすると、暑い暑い。

現時点でほぼ決定しかかってるのは、タイル(これが一番の難問だったなー。タイルはバスルームの雰囲気決定させるからね。)とバスタブと便器とビデ。
どれも、予算に合ったいいものが見つかった。やっぱり色々と回って見るもんね。店によって全然値段が違う。
もちろん、上を見ればきりが無いけど、うちもそんなに余裕があるほうでもないし、かといって妥協も出来ないし・・・。でも、現時点で選んだものたちはみんな満足している。

後、昨日旦那の友だちの建築家の人にお願いして、ちゃんとした設計図を描いてもらった。
これも難問だったんだよね。

何せうちのバスルーム狭くて、ろーかの一部を継ぎ足す予定なんだけど、出来上がりが細長ーい感じになる。それでもって、造り上、どうしても動かせられない出っ張った壁とか有って、それが邪魔でなかなか配置が上手く行かない。

あーだ、こーだって言いながら(特に私がね(^^;))、やっと何とか妥協できる範囲のものが昨日出来上がった。

これで、後は洗面台さえ見つけられれば、工事にかかれるかな・・・。いや、そう願う。

もう疲れてしまって、何がまだ足りないのか頭も回らないよ(笑)。でも、あれやこれやと考えるのもちょっとは楽しいんだけどね。

旦那は私に全て素材選びを任せてくれている。(←私が怖いから(爆)?)
いや、私が満足行くものが出来ないと、せっかく高い予算払ってするのに、後でぶちぶち言われたくないかららしい(笑)。それに、彼のセンスはちょっと私的には・・・・(ー゛-)・・・・だからねー。

とにもかくにもこんな感じさ。

一つ心配事・・・と言えば、トイレトレーニング中の梅ちゃん。結構順調に来てるのに、便器を取り外し&取り付けの工事の間はどうしようかなぁ。
おまるでも購入しようか。座ってくれるかなぁ。今でさえ補助便座は絶対使ってくれなくて、直接便器に座りたがるのに。どうしたもんか。

ま、工事中はおそらく昼間は爺婆宅に居るだろうから、そっちで頑張ってもらうしかないね。

さぁ、さぁ、どうなることやら。

でも楽しみ~♪ 

そして、早くこの状態から開放されてゆ~っくりゆ~っくり湯船に浸かりたいよ~。その日を夢見て又明日から頑張るわ。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-06-30 23:11 | イタリアの生活

参ったなー

いつごろだったか、ひと月くらい前だっけか、日曜大工屋へ旦那と行ってから突然、『うちのバスルームを改装しよう!』って話になった。

で、それ以来、又大型日曜大工屋へ出向いていろいろバスルーム関係のバスタブやらシャワールームやら床や壁に使う大理石やら・・・を見に行ったり、それ専門の大型店を何軒か回ったりしていた今日この頃。
そして昨日も、昼から遠出して、お店を2軒ほど回った。

一応予定ではこの9月頃に改装をしよう・・・って話してたので、それまでにゆっくりじっくり色んな所を回って納得のいくものを揃えるつもりにしてたのに。

今朝、早朝アメリカに旅行に発つ義兄を空港まで送りに行って帰ってきた旦那が、寝ている私を起こす。

『あのさぁ、バスルームから水が漏れたみたいで床が水浸しになったんだよ、今朝・・・。僕が帰ってきたら、すごい事になってた。で、水道屋さんに電話してもうすぐうちに来てもらうことになったから。』と。

夜中の梅ちゃんの夜泣きで睡眠不足の私はもうちょっと寝たかったので、『分かった』って返事をして2度寝をするつもりだったんだけど、結局それが気になって、それに梅ちゃんもちょうど起きたので、見に行くことにした。

バスルームの水は旦那が拭き取ってくれてたみたいなんだけど、どこがどうなってたか説明してくれていると、呼び鈴が鳴る。

水道やさんが来た。

パジャマ姿のまま『おはようございます』って一応挨拶して、水道やさんがバスルームをチェックしだす。

どうも、お湯を出すとそれがどこからか漏れるみたい。で、お湯をだーって出しっぱなしにすると、バスルームを出てすぐの所のフローリングからじゅわじゅわじゅわ~って水がどんどん溜まってくる。

そうこうしているうちに、玄関の呼び鈴が『ジリン・ジリーン!』。

うちの真下は自動車学校が入っている。そこの人がやって来た(^^;)。

『天井から水が落ちてきて、水溜りがうちに出来てるんだけど。それに電気系統も電話も使えない』と。ありゃぁ~・・・・。

旦那が『今水道屋さんにみてもらってるんです。じゃ、ちょっと彼と下りて見てみましょう』って言って、下りて行った。

暗い顔をして旦那が家に戻ってきたんだけど、旦那が心配しているのは下に及ぼしたダメージの弁償代のこと。

バスルームの改築だけでも結構な額になるのに、それプラス・・・となるとかなりきつい。
弱気になった旦那が、バスルームの改築を予定よりもかなり小規模にしようなどと抜かしはじめる(ー゛ー)。いや、それは譲れんぞ。かねてからの私の夢。
バスルームは私にとってはとっても大事な場所のひとつ。やるなら、納得行く改装をしたい。妥協なんていやだー。

ま、それはともかく、9月に予定していたのに、この状態ではすぐに開始しなくてはいけない状況になってしまった。

水道屋さんもシャワースタンドのある一角の一部の壁をとんかちでぶっ壊して、見てくれたんだけど、それだけでは分からない・・・と。
どうも、水道管がどのように通っていて、どこでどうなってこうなったのか、全部壊してみるしかない、と。

ま、いずれは全部ぶち壊して改装するつもりではあったけど、まだ内装を全然決めてないし、それにお願いする予定にしてた大工さんも今朝電話した時点で10月までは手が空かない、らしい(T-T)。

なんてこったい。

それに、それに。

非常に困るのが、この件でお湯が使えない状態にしているので(お湯を開くと漏れるから)、お風呂も使えない。
ここ何日か猛暑で、汗もいっぱいかくし、お風呂に入れないのは辛いぞ。

ま、近くに義兄と義父母の家が有るから、そこを借りてもいいんだけど、今又義母にちょっと参っているので、なるべくなら義兄の家を使わせてもらいたい。それに義父母の家より近いしね。それに義父母の家のバスルームにはシャワーカーテンが無いから、使いにくいんだよねー。水が飛び散りまくるし。

でも。義兄は今朝10日間の予定で旅行に発ってしまったばっかり(涙)。

今日に関しては、近所に住むヌーリアの家のシャワーを夕方借りたんだけど、彼らも明日から10日間スペインに帰国する予定にしてるから、明日からは借りれないし。

あー、不便極まりない。ま、水が出るのが何よりもの幸いだけどね。

とりあえず、水道屋さん曰く、月曜になるまで何にも出来ない、らしい。
バスルームを壊すにしても、水道屋さん以外に大工やさんも来なくてはいけないから、今日は結局これで帰ってもらった。

どうすべー。急いで内装も考えたくないのになー。するならするで、じっくり決めたかったのになー。

旦那はただただお金の心配をしている。でも、下の人もそんなに怒ってないみたいだし、ひょっとしてひょっとしたら、去年下の自動車学校が改装した時にうちの水道管に傷が入った可能性も有るかもしれないから、そうなると又状況も変わってくるはず。それに、下の電気系統やら電話もあの後すぐ復活したらしいし。

もう、これは開けてみるしか何も分からない。

あ~あ、これからしばらく大変になるわ・・・。とほほのほ。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-06-23 23:27 | イタリアの生活

恐怖におののいた夜

日記にUPしたいと思いながら、梅ちゃんの就寝時間がここの所遅くて時間が取れず。

話は3日前のこと。

夜1時くらいかなぁ、床に就いたのは。眠りに落ちて、午前3時前くらい(?)にものすごい物音で目が覚めた。
目が覚めた瞬間思ったのは『誰かが家の中に居る!!!∑(゚Д゚ノ)ノ』

聞こえた物音って言うのは、その目が覚めた瞬間想像したのが鉄か何かメタル製のもので、
ガンッ、ガンッ、ガンッ、ガンッ!!


って何かを殴打する音。

旦那は居間で寝ていて私と梅ちゃんの寝ているベッドには居ない(あ、決して喧嘩してた訳ではないです、はい(^^;))。

もう心臓バクバク。
ベッドで一緒に寝てた2匹の猫たちもかなり音に吃驚したみたい。

ゾヤさんはすぐにタタターって音のした方に走って行ってしまった。ルーさんは、かなりのビビリやさんなので、ベッドの上で構えのポーズをしながら、首だけ音のした方に伸ばして向けて、固まって動かない。その後もずーっとこのポーズ。

自分に『落ち着け~、落ち着け~』なんて言い聞かせながらも、咳の発作が出たらどうしよう、梅ちゃんの夜泣きが始まったらどうしよう・・・なんてかなり焦る。(/・o・\)ドーシヨ…

イタリアに来て以来、泥棒が家に入る話しをよく聞く。

殺人沙汰になるとテレビのニュースなんかでも言うけれど、人が殺されたり、大怪我を食らわせられたりしない限りはそうテレビでも取り上げられないし、そこまで行かないと警察も現場検証になんか来ないのが普通。

昔の職場のイタリア人の同僚の家にも泥棒が留守中に入ったらしいけれど、やっぱり警察は家に来もしなかったらしい。その彼女から聞いた話で、知り合いの女の子が女3人でシェアしていたアパートに泥棒が夜中に入ったらしいが、怖くてずっと寝た振りをしていたらしい。

これって重要。
テレビでも殺人沙汰にまで至るケースって、大体が泥棒の顔を見てしまったとか、大声を出したから、とかで殺されてるケースが多いみたい。

旦那の親友宅(同じ街)にも去年、泥棒が入った。
彼はお姉さんと住んでいるんだけれども、友達のほうは爆睡していて全然気が付かなかったらしいが(^^;)、お姉さんの方がベッドで寝ているときに気付いたらしいけれど、すぐに催眠マスク(って言うんだっけ?クロロホルムかなんかの眠りに落ちさせるやつ)をかがされて、気絶させられたらしい。

で、布団の中で考えた。
心臓がバクバクしながら、ほんと色々考えた。

まず、この物音の出所は?
-聞こえた感じ、ベッドルームと玄関とを結ぶ廊下から聞こえたような気がした。

この物音の後に人の気配は?
-しばらく耳を凝らしてずーっと他に物音はしないか聞いてみたけど聞こえてこない。

こんなすごい音がして、旦那はどこ?こんなすごい音だったら、寝てても目が覚めるだろうに。
-物音がしないってことは、①旦那は気付かず寝ているか、②さっきの音が旦那が打ちのめされる音で身動きが取れない、もしくは殺された??(いや、ほんとマジで考えたんです)

もしも、泥棒が居て旦那がやられたんであれば、私が起きているのがバレれば、私もやられる。

ほんと物騒なもんで、泥棒によっては子供を連れ去って臓器売買に使う輩も世の中には居る。
自分がどうなっても梅ちゃんだけは守らねば。何があっても梅ちゃんだけは守らねば。

そんなことをぐるぐる恐怖におののきながら、ベッドの中で怖くて身動きさえもとれずにじっとしながら考えていた。
で、旦那に対してもムカついて来た。なんで、一緒に寝てないのよ。一緒に寝ててくれれば、まだ心強いし、ここまで色々考えなくてもすんでいたかもしれないのに(怒)。

しかし、怒りよりも恐怖の方が先立って、『人の話を聞いてもまだ人事だったけれど、自分にもこんなことが降りかかってきたのか。なんて怖いんだろう。私死んじゃうのかなぁ。』なんて考えながらも、『でも、人の気配らしき音がしないのは何で?』とも考える。

人の気配がないってことは、あの音は玄関をこじ開けようとした音?で、失敗して去って行ったの?

勇気を振り絞って(ほんとよ)、ベッドサイドのコードレスをさささっと手に取る。布団を頭までかぶり、ドキドキしながら電話線が繋がっているかを確認。

『ツツー、ツツー』 繋がってる!

最悪、泥棒に出くわしたときのことを考え、すぐにダイアルできるよう 112 の警察の番号をかけてすぐに切る。こうすると、何か有ったときに瞬時に『りダイアル』を押すだけでいいから。

で、又しばらく物音の様子を伺うが、音が聞こえてこない。だけど、かすかに隣の居間から旦那のいびきが聞こえてくる。
ほっとしたものの、『何であんなすごい音で起きないのよ!でも、生きてるわ。良かった。』なんて考えながら、又しばらく様子を見て、勇気を振り絞って居間にダッシュ。

ほんとにこれは勇気が要った。何せ、梅ちゃんをベッドに残して行かなくてはいけなかったから。

ダッシュで居間に入り、旦那を小声で起こす。でも、あえて日本語で(通常私たちはイタリア語でしか会話しないんだけど)。

『起きてよ、誰か家の中に居るかもしれないのよ。ものすごい音がしたの聞こえなかったの?』

でも、旦那はかなり寝ぼけてて全然反応なし(ーー;)。で、イタリア語で返してくる。寝ぼけながら『何?何でイタリア語で喋らないの?何か全然分からない・・・・むにゃむにゃ・・・』

ムッカー!!

あんた、マジでなんか有ったらどうするのよ。責任感のかけらもないの、あんたは?

で、何回も何回もおんなじことを繰り返し説明してるうちに『こんだけ喋ってても、他に物音がしないってことは、誰も居ないの?』って思って、旦那に『ちょっと電気点けるからね。一緒に家の中見て回ってよ。』で、たたき起こす。

本人は、起こされてちょっと不機嫌。あんた、怒ってる場合じゃないでしょ、ったく。

結局、玄関の鍵もかかってるし、異常は無いみたいなので、又寝ることになった。
でも、旦那には『これからは絶対毎日私たちといっしょに寝てよ。もうあんな怖い思いするの嫌だから。』って、しつこくお願いした。

結局原因が分からないまま朝を向かえ、私は近所のママ友と海に行く約束をしていたので、梅ちゃん連れて出かけて行った。

で、海に居る時に旦那から電話が入り、『窓ガラスが小さいけど割られてる』と。

家に帰って見てみると、こんな感じで割られていた。(窓磨き最近サボってたのがバレバレだけど(^^;)。)
d0009639_7124877.jpg


近所の人に聞いて回ったりしてみたけど、『音は聞こえたけど何か分からない』とか、『気付かなかった』とか、で何も収穫なし。

一応警察(POLIZIA)に被害届けを、と出向いたけれど、ちゃんとした対応もしてくれない。警察のワッペン首からさげたお姉ちゃんが、立ち話で簡単に聞いてくれただけ(ーへー;)。私たちはこのお姉ちゃんに簡単に話せば、奥に通されてちゃんと事情聴取してくれるもんだとばかり思ってたのに、これで終わり。ほんと、なんて対応だろうね。あんな、怖い思いしたのに。

で、夕方になってやっと何が起こったか判明した。

うちの一階(地上階)には美容院が入ってるんだけど、そこの女主人が隣の建物に住んでいる。隣って言っても中間にガレージとかがあるから少し離れてるんだけど、その人とその息子がこの音を夜中に聞きつけて、すぐにベランダに飛び出たらしい。

で、そこで見えたのが若い男たち4人くらいがベッタベタのローマ弁で『ずらかるぞ!ずらかるぞ!』って言いながら、うちの建物の前から道をわたって走って行ったところ。

そのことをうちの上の階のご主人と喋っている所を旦那が通りかかり、聞いたらしい。

で、私なりの解釈。

あのメタルのような音はきっと石か何かをうちの窓ガラスに向けて投げた時に、窓のアルミサッシに当たった音では?と。だから、メタルか何かの音がしたんだ。

でも、隣の建物に住んでる人が飛び出てくるくらいだから、家の中に居る私たちにはかなりの音だったはず。

で、何発かが窓に的中して、割れた。

音が連発してたから、複数が一緒になって投げたんだろうね。ひどい事するわ。 (`д´#)

窓を割られたこともむかつくけど、あんなに怖い思いしたんだよ、わたしゃ。
ま、原因が分かってちょっとはほっとしたけど。

きっと、どこの家でも良かったんだろうね。通り魔的な感覚だったんだろうと思うけど。
だって、うちはそんな若い子たちと全然接点ないしね。恨み買うようなこともしてないし。

物騒な世の中だわ、ほんと。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-06-18 23:12 | イタリアの生活

ガイアちゃんの2歳のお誕生会

どうも気管支炎になったらしく、咳が止まらない。

夜寝てる間もずーっと咳をしっぱなし。で、寝れない(T-T)。なので、夜中に梅ちゃんに起こされても既にスタンバイ状態なので、寝てるのを起こされた感覚もない(苦笑)。

でも、あんまりにも咳がしんどいので今日ホームドクターの所へ行ってきた。気管支炎の薬を貰って、それプラス薬局で別の薬も買うように指示されて、それを少し前に飲んだんだけど、どうか効きます様に。寝させてくれー。

これってでも慢性の気管支炎なのかな。咳風邪をひくと、大体こうやってのた打ち回るくらいの咳が続くことが多い。なので、毎回風邪をひくたびに憂鬱になるのが咳。

どうにかならないかね。咳のし過ぎで今日は朝からひどい頭痛だったし、肋骨の当たりも深呼吸をするだけで痛い。

ま、そんなことはさておき。

先週の土曜に行ってきたガイアちゃんの2歳のお誕生会の様子でも。

子供はガイアちゃんのほかは梅ちゃんだけで後は大人ばっかり。ガイアママ&パパのお友だちとガイアママの家族が来ていた。

d0009639_701940.jpg梅ちゃんって初対面の人には、慣れるまで恥かしがって私にピターっとくっついて喋らなくなったりするんだけど、この日はなぜか、自分からどんどん来ていたお姉さん達に『遊んでー』ってな感じで行ったりしていたのにはちょっと吃驚。




d0009639_72643.jpgお陰でたくさんのお姉さん達に遊んでもらって大人気(笑)。

この写真、梅ちゃんの足元に注目。→

自分の家では土禁だから、『家の中では靴を脱ぐ』が常識になってるようで、着いてすぐに靴を脱いでしまった(^^;)。

『梅ちゃん、今日はこの家では靴は脱がなくていいんだよー』って言っても聞かない(笑)。やっぱ、あんたは日本人だね。







d0009639_710112.jpgそして、ガイアちゃんのケーキのろうそくを消すシーン。

ほんとガイアちゃんの毛ってお母さんそっくりのくりっくり毛。

なんでもガイアパパも伸ばせば、この位くりくりらしいけど、ほとんど坊主だから想像できない(^^;)。

梅ちゃんとは正反対の毛だね。梅ちゃんはまるっきり私譲りの毛だからまっすぐだもんね。二人を見てると対照的で面白い。


d0009639_7135493.jpgこうやって、梅ちゃんは誰かしらに見て貰っていたので、私もちょっとは楽だったな。

梅ちゃん、この日もちゃんとよそサマの家なのに『おしっこ』って言って、ちゃんとトイレでおしっこが出来た。すごいねー。感心感心。(家では結構便器に座るの嫌がるのになぜ?なんて思うんだが(^^;))

しかし、日本の『しまじろう』やら『お母さんといっしょ』やらはすごいね。あれのお陰だよ。トイレトレーニングが順調に行ってるのも。この日も突然私にあのしまじろうの文句、『おしりがもぞもぞ・・・おしっこ!』っておんなじ台詞を言うんだもんね。
コピーをしてくれた弟の嫁に感謝感謝だよ。

日本の教育関係のビデオは良く出来てるわってしみじみ育児をしながら思う。こっちにもそう言うの有ればいいのにね。


夕方から始まったフェスタ(お誕生会)。私たちは梅ちゃんの寝る時間も有るしで、一番先においとました。


d0009639_7202863.jpg帰り、車を停めてるところに行く途中に撮ったんだけど、最近の梅ちゃんは出かけるときはこうやって必ずお気に入りの赤ちゃん人形持参で行く。

かなりの赤ちゃんフェチ(爆)。寝るときも一緒、家の中でも常に視野に入るところに置いてないと気がすまない。

こういうの見てると、やっぱり女の子だなぁ~なんて思うわ。

でも楽しかったね、ガイアちゃんのお誕生会。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-06-13 23:50 | イタリアの生活