カテゴリ:イタリアの生活( 75 )

一日お出かけ

今朝旦那の仕事先から電話が有り、今日の仕事がキャンセルになった。
・・・で、旦那が昼前に『今日は外で食べよう!』と。
私のリクエストで、先日閉店日で行きそこねた、大衆じみてるけど美味しいレストランへ行くことに。
ここに来ると旦那も私もいつも同じメニューしか食べない(笑)。

まず、前菜の代わりに『ムール貝のソテー』(写真撮りそこねました(^^;)。この写真は以前行った時に撮ったもので、これは『ムール貝とあさりのソテー』今回のはこれと同じのであさりが入ってない物。)
d0009639_7371010.jpg


旦那が注文したのはこれ。『リゾット・アラ・ペスカトーラ』(シーフードリゾット)
d0009639_7381197.jpg


私が注文したのはこれ。『ファルファッレ・アラ・グリーンライフ』(山と海の幸のクリームソースの蝶々の形のパスタ)
d0009639_7394738.jpg

ほんとは、山の幸無しの分『ファルファッレ・アラ・ジミー』を注文したかったんだけど(私はメニューを名前で覚えてたんだけどね)、店の人が『ジミー』と『グリーンライフ』とを混同して、間違えて持って来てしまったのだ。ま、そんなに差は無いから、これでもいいや、で食べたけど。

ここのレストラン、値段もとってもお手ごろで味がすんごく美味しい!だったので、ここに今日来たのに、今日食べたのは10点中6点ぐらい。旦那も私もちょっと満足せずに終わってしまった。コックさんが変わったのかなぁ。なんか、以前よりかなり味が落ちた気が。旦那は旦那で、リゾットの中に入ってたムール貝の味がちょっと変、って言ってたし。旦那は『もうここには来ない』って言ってた。そうだなー、今日みたいな味になってしまったんならもう私も来たいと思わないかも。
d0009639_7461065.jpg梅ちゃんはレストランの子供用ハイチェアーでこんな感じで縛り付けられてました(笑)。うちから持っていった梅ちゃんの大好物のお米で出来たグリッシーニをぼりぼりぼりぼり・・・ずっと食べて結構おとなしくしててくれた。

そうは言いながら、結局旦那は全部平らげ、私はちょっと残したけどほとんど食べたかな。で、かなりお腹いっぱい・・・ちょっと消化させるためにもと、海辺の方へ散歩に出る。



d0009639_7511532.jpg桟橋のところまで来て、梅ちゃんをベビーカーから下ろして歩く練習をさせてみた。本人もかなり歩きたいらしく、ずーっと歩く。途中歩く練習を止めて抱っこしかけたらすごい剣幕で『下ろせ』と抗議。どうも歩きたいらしい。


途中からはベビーカーを押しながら歩く練習。結構風邪もきつくて肌寒いくらいだったけど、天気も良くて気持ちよかった。
d0009639_7521212.jpg


この後は、先日から目を付けてたオーブンを置いている店まで行くことに。私たちの中ではもうそれにほぼ決定していた。途中、子供の靴屋さんが目に入り、ウインドーを見てると、可愛い靴で安くなってる物を発見。義母が大好きなモデルである。以前からずっと『この形はね、“べべ”って言って梅ちゃんみたいに足の甲が高い子にはぴったりなのよ。絶対靴を買う時はこのモデルにしなさい』と何度も何度も言われていた形。

義母にあまり気に入らない素材や色を選ばれる前に、こっちが買ってしまえば、義母も買ってくることはないだろうし、この安くなってるのとっても可愛いし・・・でお買い上げ。
d0009639_8132284.jpg

気になる値段は・・・と言うとなんと10ユーロ(約1400円)。全部革で出来てるし(靴底もね)、元の値段が46ユーロ(約6400円)だったみたい。表面がエナメル加工になってるからお手入れも簡単だしね。で、この後義父母宅が近かったので寄って見せたらすんげえ喜んでた(爆)。寄る前に旦那に『あなたのお母さん、絶対にね「んまー、これよ、この形よ!私が言ってたのは!」って絶対言うよ。』って言ってたらその通りそっくりそのままのせりふ言ってたので、旦那と顔合わせて笑ってしまった。

結局オーブンも前金払って後日引取りに行くことになったし、これでオーブンの有る生活が出来るわ。ちょっぴり嬉しい♪
[PR]
by honestpumpkin | 2005-04-13 23:30 | イタリアの生活

一日雨・・・義父母宅にて昼食

金曜日の夕方から雨が降り出し、いまだに降っている。それに、昨日と今日は肌寒いくらい。テレビでも『冬が戻ったみたいだ』って言ってるし。(ちょっと大げさかな)

今日は、特に友達との予定も無かったので義父母宅へ昼食を食べに行く。いつもながらに、作りすぎる義父母(笑)。フェットチーネ・アッラ・ボロニェーゼ(ミートソース)、メランザーネ(なすび)のパルメザンチーズを使った料理、カルチョーフォ(アーティチョーク)、ルッコラとスモークサーモンのサラダ、ゆで卵のリピエノ(ゆで卵の黄身の部分にツナやらオリーブやらを混ぜて白身部分に詰めたもの)やら・・・。

食事の途中で梅ちゃんが眠いと愚図りだし、いつものように客間を借りて寝かし付けに行く。添い乳しながら私もうとうと。一緒に1時間半も寝てしまった(^^;)。それもたらふく食べた直後と言うのに。牛になったらどうしよう・・・なんて考えながら寝てしまったよ(笑)。

旦那が起こしに来たので皆で食事をしていた台所へ戻ると、すっかり食事は片付けられていて(そりゃそうだ)、デザートのさくらんぼのジャムのクロスタータがテーブルに乗っていた。義母作である。
d0009639_722405.jpg


義母の作るクロスタータで、私が一番好きなバージョンはヌテッラ(ヘーゼルナッツチョコのスプレッド)のクロスタータ、もしくはリコッタチーズのクロスタータで、果物のジャムの分はちょっと苦手なんだけど、今日のはすんごく美味しかったので、二切れも食べてしまった。もちろんお持ち帰りもして。

あー、早くうちもオーブン欲しいなぁ。オーブンが有ったら、うちでもドルチェ作れるのになぁ。(←なあんて言いながら、有ったら有ったで使わなかったりして・・・。ははは。)
[PR]
by honestpumpkin | 2005-04-10 23:12 | イタリアの生活

うちの洗濯機

ここ最近うちの洗濯機の調子が悪い。きっと修理に出すとすごく高くつくんだろうなぁ。
それに、子供が居ると2日に一回は洗濯機まわしてるから、修理になんて出したらとっても困ってしまう。

何が悪いんだろうと、色々自分なりに検討してみた結果、私が思うに「水の出る通路のどこかが詰まっているのでは」と。洗濯機をスタートして、最初に水が『シャー』って出てくるんだけど、調子が悪くなって以来、『シャー』って言う音ではなく『ちょろちょろちょろ』って音がする。
洗剤を入れる引き出しをそっと開けて中の様子を見ても、やっぱりかなり水の出る量が少ないような。

昨日旦那に洗濯機用の水道管の蛇口部分を見て貰ったんだけど異常無し。・・・と言うことは、ホースの部分か、洗濯機の中の部分かもしれない。ホースの部分を見るには、台所の流しの有る台の一部に洗濯機を設置しているため、洗濯機をそこから外に引き出してみるしか方法は無い。それに、かなり重い。きっともう一人男の人の手が要りそうだし、もともとこう言うメカニック関係に旦那は弱いので、おそらく誰かに見てもらうしかないのだ(>_<)。

そろそろ洗濯物が溜まって来たので、今日又様子を見ながら洗濯機を回してみる。

やっぱり水の出がかなり悪くて、洗濯機が回りだしても洗濯物の中の方は未だ濡れてもいない状態で回ってる。で、仕方が無いので、空いたペットボトル(1.5リットル)に水を入れて、4、5回は水を足したかな。(と言う事は6リットルから7.5リットルくらいかな)ちなみに梅ちゃんの持ってるペットボトル使用(^^;)。

d0009639_721319.jpgで、洗濯機にへばりついて、『洗い』、『すすぎ』、『2度目のすすぎ』の段階で水を足す作業。梅ちゃんは私が洗濯機の側にへばりついてるため、傍でなんやらずっとごそごそとしていた(笑)。

でも、これからもずっとこうじゃ困るわー。不便。動けないからね、洗濯機の側から。
唯一救いなのは、うちの洗濯機、RAPIDOという機能が有って、30分高速洗濯が出来ること。

こっちの洗濯機って、ノーマル洗濯で1時間半から2時間もかかるのが普通なのである。それに大抵の洗濯機にはうちのようなRAPIDO機能も付いてないから、みんな1時間半から2時間掛けてやるのが当たり前になっている。

それに、日本の様に上から洗濯物を入れるのではなくて、写真のように前に付いてる扉から入れるので、一旦スタートし始めると水が溜まっている状態になるので、入れ忘れが有った時に後から入れることも出来ない。形も日本のと比べるとかなりごつくて幅取るし、ほんと日本の洗濯機が恋しいわ。

こっちでも、高いお金を払えば(と言っても、うちの洗濯機もかなり高かったんだけど、さらに上回る金額)、日本の様な上から入れる式でコンパクトな物も手に入る。でも、そこまで出してまで欲しいとは思わないね。
あー、いつかは修理に出さなくちゃいけないんだろうなぁ。

この後、午後は義父母宅へ遊びに行く。
[PR]
by honestpumpkin | 2005-04-07 23:49 | イタリアの生活

春だねぇ。

何時間か前にローマ法王が亡くなられた、と報道された。昨日からずっとほとんどのテレビ番組が特番作って、危篤状態にある法王様の状況やら過去の法王様のやってこられた事やらを放送していたので、これはもう「そろそろ最期の時がやって来た」と言う雰囲気でいっぱいになっていた。そして、遂に。(私は無宗教なんだけど)法王様のご冥福をお祈りします・・・。

***********************


今日先日買ったトイレの蓋を旦那が取り付けてくれた。

もう2年位前からずっと欲しかったタイプで、2年前店頭で見た時は78ユーロ(約1万円ちょい)もしていたのが、つい最近になって57ユーロ(約8,000円弱)まで下がっていた。他の店でも値段が下がっていたので、おそらくメーカー側が値段を落としたんだろう。
それでも57ユーロ。トイレの蓋に・・・。

・・・で、なかなかここまでの出費をする決心がつかず、旦那には店で見る度に欲しい、と言っていたんだけど、私的にも57ユーロはちょっと考えさせられていた。

が、しかし。

先日梅ちゃんのワクチンを打ちに行った後、お散歩しているとなんと道端に並ぶバンカレッラ(屋台系の店)で、な、な、なんと30ユーロ(約4,200円)で売ってるのを発見!!
別行動で別の場所で梅ちゃんと買い物をしていた旦那に即行電話。そこまで来てもらって、ちょっとしぶしぶの旦那を説得。ついにゲットした!(^▽^) だって、うちのトイレの蓋どっちみち壊れてたし。それがこの品。(ネットなんかにトイレの写真載せちゃってごめんなさい(^^;)。
d0009639_654245.jpg

中を開けると、こんな感じ。貝殻のくずや石の破片や貝殻が中にちりばめられている。
d0009639_6545621.jpg


ここのバンカレッラでは、このいるかさんの水色シリーズが他にも何種類か有るだけだったんだけど、私が以前見た店では、他に『透明色の中にお花』や、『緑の中に亀さん』シリーズやら他にもいろんなデザインが有った。でも、うちのバスルームは水色が基調なので、この色が欲しかったのだ!

取り付けてからはトイレに行く度にウキウキ♪やっと念願が叶ったわ~。こんなことで喜ぶ自分もかなり単純よね。ははは。でも、旦那も結構気に入ったみたい。良かった。

d0009639_714016.jpg
この取り付け作業の後は、義父母宅へ遊びに行く。明日の日曜はガイアファミリーがうちに来るので、義父母宅にての昼食に行けない為、その代わりに孫の顔を見せに行く目的も兼ねて。
先週、義母が『テラスの梅の花が今満開なのよ。あなた見に来なさい。』と言っていたので、今日行ったついでに見る。『ちょっと花がしぼんじゃったのよ』と義母。こんな感じ。(ちなみにこの梅の花は去年梅ちゃんが生まれた記念に義父母が買ったもの。)
d0009639_72274.jpg




d0009639_741533.jpg
植物が大好きな義母のテラスには他にもたくさんの花やら植物がいっぱい。これはフリージア。とってもいい香り。うちにも去年鉢分けしてもらった分が今、花を何個か咲かせてるけど、数も少なくてここまで満開じゃない。私のお気に入りの花。



そして、桃の花。桃の花って梅の花によく似てるね。これもとってもきれい。
d0009639_751388.jpg



木にいっぱい生ったレモン君たち。
d0009639_76312.jpg


義母んちはアパートの屋上でとっても大きなテラスがある。夏はここで皆で食事をすることが多いかな。うちにもこんなに大きなテラスがあったら、義母みたいにいっぱい植物置くのになー。
[PR]
by honestpumpkin | 2005-04-02 23:46 | イタリアの生活

Pasqua (復活祭)

今日からサマータイムに入り、時間を一時間進める。午前2時に時計を3時に進めるのだ。

で、今日はパスクア(復活祭)の日。大体の家庭は家で家族と共に食事をする日。いや、復活祭自体が食事を共にする日、ではなく(^^;)、この日はキリスト教徒にとったら大切な日、キリスト様が生き返った日であり、『平和』を象徴する日でもある祝日のため、皆家族で過ごすのだ。

クリスマスに次ぐものすごい量の食事を『この日だけはダイエットもお休み~』なんて感じでみんな食べる食い倒れの日(笑)。・・・の割りに、うちは義父母宅で結構普通の量の食事だった。
昨日、みんな料理の作り疲れ&食べ疲れもあり、3日続けてのお祝いにも疲れていたので『家族で過ごす』だけに重点を置いての食事だった。

私はキリスト教徒でもないし、パスクアにも詳しくないので、義父に『何で、「平和」なの』と聞いたところ、「僕の父親のもともとの出身がカラブリアなんだけど、父が言ってたカラブリアで有った話がこうなんだ。
昔、2つの家族が居て、一つの家族の父親がもう一つの家族の息子を殺したんだ。で、そのもう一つの家族の父親が復讐のために、その殺した男の息子を殺したんだ。
でも、周りがこのパスクアの日に、和解させようと一緒に食事をさせたんだよ。で、この2つの家族はこの日に食事を共にしたんだ。すごいことだろ。」
と言っていた。

ふ~ん、すごいね。自分の子を殺されておきながら、その殺した人と一緒に食事が出来るなんて。

昼食中に梅ちゃんが愚図りだし、眠そうだったので客間を借りて寝かし付けをする。私も疲れが溜まっていたので、一緒にうとうとと小一時間寝てしまった。

夕方から旦那が仕事が入っていたので、早々においとますることにし、帰りに毎年恒例のパスクアの卵形チョコを頂いて帰る。ちなみに私が貰ったのはミルクチョコレート味のブルーの包装紙の分。
d0009639_872387.jpg

ちなみに手前にある丸いケーキのような物は、義母が作った義母の出身の小さな町POLIでの名物、パスクアのパン。ちょっと甘みがあって、でもパンのようなケーキ。


貰って早速義兄が自分のチョコ(ピンク)にパンチを食らわせる(笑)。
d0009639_8105040.jpg



中を開けると・・・
d0009639_8115945.jpg

こんな感じで、おまけが入ってたんだけど、全然面白くない(爆)。子供だましもいいもんよね。なんて、いい年してちょっとでも期待した私も馬鹿なんだけど(^^;)。これは皆で「なんだろう」と意見しあった結果、ばったのキーホルダーか、蜂のキーホルダーだろうと言うことに。

これは、おまけ。
夕方、箱類なんでも大好きで、どんなに小さくて中に入れなくとも中に入ろうとするルーさん。
d0009639_8302232.jpg



中に頭を突っ込んだルーさんの箱を上からバンバン叩く人約一名。このお二人意外と仲良しなのかも(爆)。
d0009639_8304459.jpg

[PR]
by honestpumpkin | 2005-03-27 23:43 | イタリアの生活