カテゴリ:うちのニャンコたち( 16 )

術後報告

ここに来てくださってる方の中には猫好き(動物好き)の方が多いと思うので、きっとローラのこと心配してくださってると思います。
報告遅くなってごめんなさい。

とりあえず、生きてます(^^)。まだ、容態がかなり不安定なので、続けて看病に徹したいと思ってるので、簡単に報告だけ。

手術の方はうまく行き、術後直後の経過も良かったのですが、当日の夕方に病院に迎えに行った時にはかなりやばい状態になっていたものの、現在はかなり持ちなおしました。

お腹を開けてみたら、やっぱり腫瘍が出来てたみたいで、一応病名は”肝臓癌”になるのかな。
いま、腫瘍の一部を分析に出しているそうで、まだ良性か悪性かは分かっていません。

ただ、この腫瘍見せてもらったんだけど、大きさに吃驚。大人の女性の握りこぶしくらいの大きさは有ったかな。よくあんな大きな腫瘍があんな小さな体に入っていたもんだ、と感心するくらい。
その腫瘍と肝臓の4分の3を摘出する大手術となりました。

現在は、意識もかなりはっきりしているし、食欲と体温が正常に戻ってくれたら、峠を越すみたい。でも、まだまだ予断は禁物。(食欲がまだ全然戻ってくれないんだなぁ・・・)
鎮痛剤等の薬は肝臓に良くないので、それも使えず痛みに耐えているローラちゃん。
昨日もおとついもほとんど寝ずの看病をしているので、私もかなり疲労気味で口の中が腫れてしまってご飯を食べる度に、親知らずで口の裏側を噛んでしまう始末(涙)。

でも、峠を越えるまで、がんばります。ローラちゃんもがんばってるし。疲労は取り戻せても命は取り戻せないからね。今のローラちゃんには、家族の励ましが必要だから。

また良い報告が出来るようにみんな祈っていてくださいね。

ゲストブックの書き込み、全部目を通してます。ただまだレスできる余裕と時間が無いので、もうちょっと待っててくださいねm(--)m。
[PR]
by honestpumpkin | 2005-05-15 23:45 | うちのニャンコたち

ショックな出来事(T-T)

今日は午前中、ローラの血液検査とレントゲンが有った。

旦那が『一家総出で行ってもしょうがないし、僕が連れて行く』と言ってくれたので、私はのどかママと衣料品や雑貨を中心に売っているメルカート(朝市)へ行く。

メルカートを見終わった頃に梅ちゃんが愚図りだし、どこかおっぱいをあげれる場所・・・で、行き着いたのがマクドナルド。

マックで休憩していると旦那から電話が鳴る。
『ローラの血液検査終わったの?』
『うん。』
『今どこ?あぁ、家?ローラは一緒に連れて帰ったんでしょ?』
『いいや、ローラはまだ病院。』
『何で?まだ何か検査するの?』
『いや、先生がね。ローラ、癌を持ってるかもしれないから手術した方がいいって。』
『ええ~!!どこに?』
『お腹の辺りらしいよ。』
『あぁ、携帯の電池が切れそうだから、ここ出たらすぐ帰るわ。』

午後16時頃、動物病院へ行き、もう一度先生が私にレントゲンの説明をしてくれた。
先生が言うには、肝臓と腸の間くらい、おそらくすい臓の辺りに何かの塊が有って、おそらくそれが癌かもしれない、と。

お腹を開けないとそれが何か分からないらしいし、やっぱり短期間での体重の減少が激しい、と言う事はそれなりに重い病気にかかっている可能性が高いらしいのだ。

・・・ショック。見た目はこんなに元気なのに、からだの中で悪い物が彼女の体を蝕んでいるとは・・・。今は先生の言うことを信じて手術するしかない。

今回のゾヤさんのことやローラのことで思ったんだけど、動物って自分の不調を主人に知らせようと何かの行動で示しているんではないだろうか。でもそれに気付いてあげれるのって本当に難しいんだけど。

今思い返すと、ルーさんが去年の秋に腸閉塞になった時も、それになる何日か前から私が寝るときは必ず私の枕の上で私にくっ付いて一緒に寝ていた。で、元気になってからはいつものようにベッドの足元の辺りで寝るようになったし。
今回も、ゾヤさん首の辺りが痒くて痒くて仕方が無い時期に、ほんとうにうっとおしいくらい寝るときは毎晩、毎晩私の肩の上やら腕に引っ付いて寝ていたけど、今回も病院で痒み止めの処置をしてもらって以来(と言ってもまだ3日ほどしか経ってないけど)、寝るときはどっかに行って寝るようになった(笑)。あれだけ、引っ付きまくっていたのにね。ほんと、退けても退けても戻って来て私に引っ付いてきてたのに。

それにローラ。きっとトイレ以外での粗相とかも病気を知らせるサインだったのかもしれない。体重の急激な減少はもう一年位前からずっと気にはなっていたんだけど、見た目が元気だったからね・・・。もっと早くに気付いてあげるべきだったのかも。でも、こんなこと今言っても何にも現状が変わらないし、今気付いてあげれただけでも良かったのかもしれない。

ただ心配なのは、この老齢で手術が負担にならないか。

先生が言うには『お腹を開けてみて、どうしようもない状態ならすぐに閉じます。処置が出来る状態であれば処置をしますが、無駄な処置は僕はしない主義なので、手遅れの状態の場合は手をつけずに閉じますから。』と。

家に帰ってからも、朝から何も食べてないせいで腹ペコのローラちゃん、餌の催促をしているくらい元気。こんな元気な姿を見て旦那と『こんなに元気に見えるのにね』なんて言ってみたり。

どうか、ローラのお腹の中、手遅れの状態とかじゃありませんように・・・(涙)。がんばれ!ローラ!!
[PR]
by honestpumpkin | 2005-05-11 23:32 | うちのニャンコたち

動物病院へ

今日は動物病院へローラとゾヤさんを連れて行った。

d0009639_8254233.jpgここ最近ゾヤさんが自分の首周りをがりがりがりがり掻いていて、ちょうど首輪の下の所が1周禿げになってしまっていたのだ。かさぶたも出来てるし、日に日にひどくなってきてて、昨日おとついあたりはもう、ひっきりなしに掻いている。

見ててこっちが辛くなってきてしまって、昨日旦那に『明日こそは絶対連れて行こう』って言って、連れて行ってきたのだ。

私もインターネットでかなり検索して、一番症状が近かったのが疥癬ダニ・・・。でも、これってヒトにも感染するってあるけど、我が家他に誰一人として同じ症状を持った者が居ないし、『やっぱりこれじゃないのかなぁ』とも思ったり。

ゾヤさん、最近かな~り甘えたになってるので、夜寝るときは絶対私の腕の上に乗っかるか、肩や胸の上に乗って寝ているから、ヒトに移るんであれば私が一番に貰ってるはずだし。

結局見てもらった結果、ダニやら蚤とは違うらしい。おそらく、先生の推測では、なんかの虫に刺されたところをがりがりやってる内にばい菌が進入し、それがどんどん広がって行ったのではないか、と。一応塗り薬を塗ってもらって、抗生物質の薬と炎症止めの薬を処方される。で、痒み止めの注射もついでにしてもらって。

d0009639_826412.jpgで、ローラ。
最近ほんとに粗相が激しく、体重もここ何年かの間にかなり減ってる様子なのでチェックアップの為に。

ローラもかなり年だしね。某犬猫サイトによるとローラの猫年齢は14歳で、人間で言ったら86歳。(ちなみにルーさんとゾヤさんは12歳で、人間で言う78歳らしい。)

もう結構な年だから粗相をしてしまうのか、それとも他の猫に対するジェラシーなのか、他の猫と一緒のトイレを共有したくないからなのか・・・こればっかりは推定でしか分からないらしい。(ちなみに昨日もベッドルームの暗がりでうんちを踏みかけた私・・・(^^;)。)

それと、体重。
前回ルーさんの手術の後の縫合痕のチェックの際、ローラのワクチンもついでに打ちに一緒に連れてきた時に測ったら3.7キロだった。
それが、今日計ったら2.8キロまで落ちている。確か、3年位前は6キロはあったはずなんだけど。
先生が、前回から半年ほどなのに、1キロ近くも落ちているのは人間で言ったら急に20キロも落ちたと同じことで、これは落ちすぎている、らしい。

体重のこともあるし、年も年だからレントゲンと血液検査を後日しましょう(血液検査前は食事をしてはならないため)と言うことになる。あさって、朝ごはんをあげない状態で検査に再度連れて行く予定。レントゲンを取る正確な理由は、先生がローラの喉をちょっと押さえた時にぜーぜー喘息のような咳をしたために、肺を見るためらしい。

動物病院って保険利かないから結構高いんだよねー(T-T)。また結構な出費だわ。

今日の診療代は受診代だけで2匹で40ユーロ。プラスゾヤさんの痒み止めの注射やら抗生物質やら炎症止めやらでトータルまけてもらって70ユーロ(9800円くらい)。

これに、あさっての検査代140ユーロ(約2万円弱)(80ユーロ:血液検査、60ユーロ:レントゲン)が待ってるもんね(涙)。とほほー。すごい出費だよー。
今回と次回で210ユーロの出費なんて、日本の生活水準から行くと、4万円くらいの出費と同じくらいかも。

イタイイタイ出費だけど、可愛い家族の一員たちのことだしね。二人とも、元気に長生きするんだよ。
[PR]
by honestpumpkin | 2005-05-09 23:17 | うちのニャンコたち

またしても・・・(>_<)

うちのお嬢さんが又してもやってくれました。

今日夕方帰宅した時台所の流し台の横でこれを発見。
d0009639_6425139.jpg


赤く囲っているところを破ってむしゃむしゃ・・・。反対側にももう一つ穴がありました。

ここ最近はめっきり人様の食べ物に手を出さなくなっていたので油断して食べ物を外に出していた私が悪いんです。

ちなみにこのパンはのどかちゃんのママが焼いた手作りパン。かじられた部分だけ取り除いて、もちろん残りは食べさせてもらいます(笑)。美味しく出来てるから、きっとゾヤさんも飛びついたんだ。そうだ。

ゾヤさん、今日も夕方の餌をあげる時にしっかりぎりぎりまで隠れてました(爆)。
[PR]
by honestpumpkin | 2005-04-07 23:38 | うちのニャンコたち

やられた~(T-T)

今朝起きて台所へ行ったら、こんな物が床に落ちていた。
d0009639_7473963.jpg


大体こんな事をする奴はどこのどいつか分かっている。

朝、旦那からまだ餌を貰ってない場合は、私が起きてきた時に私の足元に3匹がひっつきまくって餌の要求をするのが常なんだけど、こういうものを発見し、私が「あー!!」って言うと、必ず隠れる奴が一人居る。そいつが犯人。今日もそいつは隠れてたし。

それに消去法から行っても、人間の食べ物に興味を示さないのはルーさん。肉と魚類にしか反応しないローラ。

残すところは・・・
[PR]
by honestpumpkin | 2005-04-06 23:47 | うちのニャンコたち

参ったよー。

今日は朝から家の床掃除。いつもは箒型の掃除機で、簡単にザザーッと掃除機かけるだけか、その後埃取りのモップをかけるくらいなんだけど、偶に普通の掃除機(の方がパワー有るからね)をかけて、その後水拭きをする。うちは大半の部分がフローリングなので、ニスが剥げるといけないからそうしょっちゅうは水拭きはしない。でも、たまには水拭きしないときれいに汚れが落ちないからね。特に、先日梅ちゃんの誕生日会に来ていた何人かのイタリア人(旦那側の友達達)が、土足のままで入ってきていたので、あの後簡単には掃除はしたけど、やっぱ気持ちも悪いし、ずっと水拭きがしたかったのだ。

で、今日はやっと旦那が一日お休みの日。普段梅ちゃんが居るとこの不可能な作業を旦那が居ると預けて出来る。昨日買ったベビーカーに梅ちゃんを乗せ、旦那に買い物に出かけさせ、家中の掃除機。水拭きをさあ、って時に帰ってきてしまい、先にお昼を食べることにした。

昼食後旦那に梅ちゃんを抱いていてもらって、水拭き開始。あー、これで梅ちゃんを心置きなく放牧させられる。最近はいはいの範囲がどんどん広がってきてたので、どうしても家中をきれいにしたかったのだ。さあ、梅ちゃん、どこにでもお行き!(笑)

昨日買ったベビーカーを今日組み立てた時に、広告の写真にはベビーカーに手すり(って言うのか?前に付いてる子供が掴まったりする筒型のもの)が有るのに、現物には無いのに気付いて、スーパーに電話して問い合わせをしたところ、現物を持ってきてください、とのことで、夕方ベビーカー持参で又スーパーへ行く。

担当の人は結構親切な人で、その人が言うには最初から付いてなかった、と。で、広告には付いてる件を言うと、『本部に問い合わせて、次回からは現物と同じ写真を載せるように言っておきます。で、本部の方にも一応、本当に無いのかどうかも聞いてみるので、来週の火曜日に又電話してくるか、来るかしてください。』とのこと。
じゃあ、仕方無いっか。ま、無くてもそんなに困らないだろうし。ただ、こないだ義父母に買って貰ったおもちゃは取り付けることが出来ないけどね(悲)。

で、又ついでに買い物をして帰宅。梅ちゃんも、このベビーカーかなり気に入っているのか、乗るたびに超ご機嫌。これからもこうあって欲しいもんだ。d0009639_7111752.jpgちなみにこのベビーカーの重量は4キロちょい。ベビーカーに梅ちゃん乗せたまま、持ち上げられるもんね。すごい。玄関のところも今までのは、梅ちゃん乗せたままベビーカーを細めないと、通り抜け出来なかったのが、すいすいと行ける。エレベーターもすいすい。嬉しいね。ちょっとした近所のお出かけだったらこれで十分だわ。

今日は、梅ちゃん昼寝の寝かし付けをしてみたにもかかわらず、全然寝なかった。で、夜お風呂の後おっぱいあげてたらそのままzzz・・・。で、そーっとそのままベッドまで連れて行ってそこでも添い乳して、すぐに寝付いてくれた。そーっとベッドから降りたときに枕もとの薄明かりの元、床に何か黒い小さな物体が・・・。顔を近づけてみると・・・。

うんち。


えーっ。うそー、床掃除したばっかなのに。で、よーくその周辺を見ると、私の通った辺りにも、もう一個。で、さらによーく見ると、誰かが踏んだ跡が点々と床にうっすら付いている。(@◇@|||)
急いで自分のスリッパの裏を見てみると、・・・・・・・・・・。右足の裏。スリッパの裏がぎざぎざになってるんだけど、点々とぎざぎざの跡が廊下にも、台所まで続いてる。ひえ~!!!!

きっと、梅ちゃんのお風呂入れるのに、ここに梅ちゃんの下着取りに来た時の跡だ・・・。が~ん。
・・・と言うことは、私があの後から今まで歩いたところは全滅・・・。えー、梅ちゃんあの辺はいはいしなかったっけ?ひえ~。いや、確かお風呂の後はパズルマットに置いて、そんではいはいは私の居るコンピュータの椅子のところまでで・・・。思わず寝てる梅ちゃんの手の平をくまなくクンクンと臭いを嗅いでしまった(笑)。とりあえず、うんちの臭いはしない。セーフか。

えー、でも又水拭きやり直しだわ(TへT)。歩いてない居間以外全部。それに、このまま水拭きじゃあ、うんちを広げかねないから、うんちの跡を先にきれいに拭いて・・・。

仕方ないのでガラス拭き用のスプレー片手に、もう片手にはトイレットペーパー持って、夜の22時過ぎに電球の明かりに照らされた床を顔を引っ付けるように近づけて、ぎざぎざ模様を探して、『有ったら、拭く!』を廊下、台所(は大理石の床なのでほとんど分からなかったけど、自分の居たところ周辺)、コンピュータの部屋、別の廊下部分、最後に枕元の薄明かりのみのベッドルーム(が一番汚れてたんだけど)を、必死で拭く。その後はバケツを又引っぱり出して来て、洗剤を入れた水で水拭き。はー。もう、たまんないわ。母ちゃん泣きそう。
唯一救われたのは、梅ちゃんが今日は速攻寝付いてくれたのと、床掃除の最中、一回おっぱいで起きた以外はおとなしく寝ててくれたこと。

で、犯人は・・・と言うとおそらくローラ。ルーさんもゾヤさんももともと私の猫だったので、よーく彼らのことは分かってる。ローラも、私にかなりなついてるので大体性格を知っているがもともとは旦那の猫。旦那曰く、たまーに以前から粗相をしていたらしいし、最近結構トイレ以外での粗相を発見することがあった。
3匹とも結構な老猫ではあるけど、ルーさん、ゾヤさんは見た感じもまだまだ若くてぼけてもいないけど、ローラはちょっと・・・うーん、もうここ一年ほど『アルツハイマーかなあ』なんて旦那と話していたところ。 粗相も現行犯で、一回私が見てるし。でもここんとこ結構頻繁にうんち見つけるんだよね。特に、居間。
去年、ワクチン打ちに動物病院行った時も先生に相談したんだけど、結局何のアドバイスも無く、きっとトイレの場所を移動させたかなんかのせいだろう、とのことだった。
参ったなー。これかも頻繁にやられると、大変だわ。
[PR]
by honestpumpkin | 2005-04-01 23:49 | うちのニャンコたち