<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

1歳10ヶ月の成長記録

ここのところ、おっぱいの話ばっかりで一ヶ月の成長記録を書いてなかったので、今回はちょっと成長記録でも。

☆梅ちゃんの(このひと月の間の)新語☆ (日本語)
*まめ!(ダメ)

*びーど(ベッド)

*ぶぉん、ぶぉん!(電車)

*おりる(下りる)

*おりて!(下りて:しょっちゅう、ルーさんに向かって自分の座りたい椅子を陣取られてると言っている。もちろん、ルーさんはしかと(爆)。)

*これなに?(これ何?)

*おしゃーしゃん(お猿さん)

*こあ(コアラ)

*パンパン(パンパース)

*パン(食べ物のパン)

*けんきん(ケーキ)

*くっしゃー(くっさー(臭いこと):うんちをした時やオムツを替えるときに言う)

*あれ?(あれ?)

*ぽんぽん(お腹)

*め(目)

*おいろ(お風呂)

*かぁかぁ(髪をす)

*おっしゃんま(ごちそうさま:教えてないのに、ご飯の後手を合わせて言う。きっとしまじろうのDVD見て覚えてのかな)

☆新語を含め今までに覚えたイタリア語のまとめ☆

*ちゃお

*グラツェ(=ありがとう:発音がかなり正確になってきた)

*ぶおん(ブオーノ=おいしい)

*あーペーた(アスペッタ=待って!)

*おんとん(プロント=もしもし(電話で))

*びんば・びんぼ(=子供のこと)

*ノンノ、ノンナ(=おじいちゃん、おばあちゃん)

*ツィオ(=おじさん)

*カッカ(うんち)

*バッベ!(Va beh'=まあ、いいや。:これは意味は分かってないけど、電話で喋る振りをして遊ぶ時に必ずこの言葉がどこかに入る(爆)。あまりにも自然に言うので面白い。)


単語的にはこのくらいかなぁ。やっぱり、日本語の方が優勢だね、まだ。頑張れ、梅ちゃん、この調子。

このひと月の間は、単語よりも単語と単語をくっつけて喋る方が前進したかも。そして、語尾によく『・・・よ!』と付ける。きっとこれは私の真似をしてるんだろう(笑)。

例えば、
遠くを指さし、『これ ぶぉん、ぶぉん!(=あれは電車だ!)。あ、ぶぉん、ぶぉん、ないないよ!(あ、見えなくなった!)』とか、

うんちをするとお尻を指して『プップー、カッカ、ねんね、ごろん、きれいきれい。くっしゃー。(=うんちが出たよ。寝転んで、きれいにするの。くさいねー。)』とか

とにかく見るもの見るものの実況中継や説明をしてくれる(笑)。

外を歩いてて、パン屋さんを見ると『パン!ピッチ!(ピッツァ)!』

化粧品やさんで顔に塗るクリームを見ると『これ、きれいきれい!』って言いながら、頬をなでる

旦那の服を指さしては『これ、おーとーたん!』、私のだと『これ、あんちゃん!(かーちゃん)』

写真を見ては、一人一人誰かを説明してくれる。

d0009639_8494587.jpgあと、言葉以外では、オムツを替えた後、汚れたオムツを捨てに行ってくれる、とか赤ちゃんのお人形さんにご飯をフーフーしながら食べさせてあげるとか(写真参照:フーフーしてるところ)。

それに何にも言わないのに、猫の餌を用意していると戸棚から猫の餌を取って持ってきてくれたり、朝ご飯の食パンを戸棚から出して渡してくれたり、私がお風呂から上がると、パジャマを渡してくれたり、靴下を履かせてくれようとしたり(^^)。出かける時も私の靴を持ってきたり、コートを指して着るように言ったり。お世話焼きさんだね。

言葉の理解面でも、ちょっと吃驚したのが、寝かし付けをする時に『目、瞑って』って言うと、ちゃんと目を瞑る。教えてないのにね、瞑るって単語なんて。何回言ってもするし。それも力いっぱいぎゅ~って瞑るのがおかしい。

で、『下に落ちてるよ。』って言うと、ちゃんと下を向いてきょろきょろものを探したりとか。ほんとに、よく分かってるんだね。

後は、この時期の特徴でもある、なんでもイヤイヤ。嫌とは言わず、『NOooooo!!』と言う。なんでだろ。『嫌なの?』って日本語で聞いても『NO』で答えるし(^^;)。

でも、可愛いのが最近はよく私にちゅーをしてくれる。それも口に(笑)。以前は結構嫌がってたのに、今は『ちゅーして』って言うとすぐにちゅーって。

旦那が外出する時も、『おとうたんにちゅーは?』って言うと、たたた・・・って走って行って、旦那のほっぺにちゅーってしてる。で、『チャオ~!』って元気よくあいさつも。
なので、旦那もめろめろ(笑)。

義父母に日中預けるのも、自分から喜んで行くようになった。出かけるときなんて、元気いっぱい私に向かって『チャオ~!』って手を振ってくれる(^^;)。寂しいような、でも大分これで私も楽になったよ。安心して預けられるしね。

☆★☆★☆

断乳経過その後だけど、やっぱりそうは上手くいかないね。
結構順調、って思ってたけど、今朝5時前に起きて、ベッドの中でおっぱいを探しだして、無いのが分かると泣き始めた。
で、10分ほどで泣き止んだのはいいけど、そっから抱っこで寝てるのをベッドに置こうとすると目を覚まして『あっこ、あっこ』で抱っこ。で、又寝付いたので置こうとすると目を覚ます・・・を延々繰り返し、結局ベッドで寝てくれたのが朝の7時。2時間ちょっとも付き合わされたよ。それもこんな時間に(涙)。

おっぱいだったら、こんなの2分もかからなかったのに。はぁ~。
で、今夜もなぜか全然寝付いてくれず(昼寝も無かったのに)、抱っこで寝かし付け1時間半。

もう腰が砕けそうだよ(T-T)。ただでさえ、最近腰痛いのにその上今生理2日目でもっと腰痛いし。それも抱っこしてても、もそもそ動きまくるからかなりしんどい。
旦那が抱っこすると、発狂して嫌がるから私がするしかないし。とほほ。

ま、もう少し身体からおっぱい中毒の毒素(笑)が無くなるまで、こうやって忍耐強く頑張らないといけないのかな。

でも10キロちょっとの梅ちゃんを抱っこし続けると1時間くらい経過した辺りから、こっちが発狂しそうになるわ・・・。

明日の朝までゆっくり寝てくれますように。で、機嫌良く起きてくれます様に・・・。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-31 23:02 | 育児

断乳完了!

もっと手こずると予想していた断乳もすっかり完了した様子。
後は、私のおっぱいケアをまだもうしばらくはやらなくちゃいけないのかな。

今日の寝かし付け時間、10分もかからなかった。すばらしい・・・。ま、昼寝させなかったのが良かったんだと思うけど。

やっと自由な時間が出来たので、ここで断乳経過のまとめでも。

25日当日。
昼間は前回の日記にも書いたけど、のどかちゃん達が来てくれてたお陰で、おっぱいのことも忘れて遊んでくれ、夜も結構想像していたよりは、おっぱいも欲しがらず寝付いてくれた。

で、翌朝、26日(断乳2日目)
そう、断乳してから初めて迎える朝。

どうなることか、とかなり心配した結果、やっぱり夜中0時半に一回と朝7時におっぱい探して起きたかな。0時半に起きた時は、それでもすぐに我慢できて『止めたでしょ』って言うと、諦めて寝付くのに30分もかからなかったかな。その代わり、寝つきが不安定だったために、ベッドに置こうとすると目を覚ます→すぐに又抱っこする→寝付く→ベッドに置こうとするが又起きる。を何度も繰り返し、結局本格的に寝付いてくれたのは1時半くらいかな。やっぱり、おっぱいが貰えなかった為に、気持ちが少し不安定だったんだと思う。

で、朝7時に目が覚めたときは、結構愚図ったかな。おっぱいが欲しかったみたい。でも、何とかごまかして、キッチンに連れて行って朝食を取らせたら落ち着いてくれた。
本人も頭では理解してるんだけど、生まれてからこのかたずーっとやってきた習慣が身体に染み付いてるせいだろうか、本能的におっぱい欲しがってしまうんだろうな。特に寝ぼけてる時とか。

この日も、うちにスペイン人の友だちヌーリアが来てくれたお陰で、おっぱいせがむことなく日中過ごす。でも、ひょっとしたら私と2人きりでもおっぱいせがまなかったかも、って感じもする。

夜の寝かしつけも、どの位かかったか既に忘れてるけど、30分くらいだったかな。この日も昼寝無し。

日は変わり、27日。
夜中は2時ごろに起きたのと、朝6時半に起きたのの2回。2時ごろに起きた時は、抱っこで結構すんなりすぐに寝てくれた。でも、朝の6時半がかな~りすごかったな。

本人寝ぼけてて、おっぱい欲しいんだけど、きっと自分で自分に『おっぱいにバイバイした』ってことを言い聞かせてる為か、おっぱいって言葉が出てこずに、代わりに『ピーしゃん(熊のプーさん)』と言って泣き叫ぶ。

たぶん、いつも朝起きると熊のプーさんの靴下をはきたがるせいだろうけど、寝ぼけておっぱいが欲しいんだけど、おっぱいって言葉を潜在的に言えないことを知ってて、で何が欲しいのか訳が分からなくなってる状態のように見えた。

で、しきりに『ピーしゃん!ピーしゃん!』って言いながら泣き叫び続ける。
もう抱っこしても、ふんぞり返るし、『じゃぁ、プーさんの靴下はこうか?』って言っても『Noooooo!!!!!』って泣いて怒るし、もう手が付けられない状態。

あまりに泣き叫ぶので(30分くらい泣いたかなぁ)、旦那まで起きてきてしまった。で、旦那のひと言『もう、おっぱいあげれば?そうすればみんな休めるじゃないか。』って言うひと言にかなりムーっとし(ったく、今までの私たちの努力さえも理解できてないのね、この人は!(怒))、『でもこれはいつかは絶対通らなくちゃいけない道なのよ。あなたの仕事が忙しくなったらもっと大変でしょ、これ夜中にやられると。あなたの為にもやってるのよ!』なんて、言い返したりしてると、梅ちゃんが静かになってくれて、そこからスーッと寝付いてくれた(^^;)。

ほんとに、男ってこう言う時の状況って理解できないのかね。私のおっぱいだって、断乳してから、必死で身体が対応していこうとしてるし、梅ちゃんだってせっかく頑張ってるのに。後になんて戻れないよ。それに、搾乳も必要最低限しかしてないから、胸に残ってるおっぱいの一部は古くて、それ全部出さないと飲ませられないし。そんな簡単に、自分が寝たいからって『あげれば?』言われてもね。

ま、でも断乳当日から旦那が風邪をひいていて、居間で寝てもらってるのが、かなり助かったかな。この時はこうやって起こしてしまったけど、それ以外はきっと梅ちゃんが目を覚ましたのすら知らないだろう。

この6時半に起きた時も、きっとそのまま起こして朝ご飯でも食べさせれば落ち着いたのかもしれないけど、この日は午後から遠出する予定だったので、朝のうちちょっとでも多く寝させたかったんだよね。車の中で愚図られるのがかなり恐怖だったから。

この日はアルドーさんちに行ってきたんだけど、行きにものすごい渋滞に引っかかってしまい、着くのに2時間半もかかってしまった。
で、梅ちゃんはというと、途中ですんなり寝付いてくれて(びっくり)、着く直前まで爆睡。合計1時間半は寝たかな。おっぱい無しだと、かなり愚図ると思ってたのに。おっぱい止めるとこんなにすんなり寝てくれるようになるとは。

でもそのお陰で、夜寝ない、寝ない(ーー;)。寝かし付けに1時間半くらいかかってしまったかも。
帰ってきたのも遅かったので、寝かしつけも23時半くらいから始めて、寝付いたのが1時くらいかな。2時くらいに一回起きたけど、抱っこで即行寝てくれた。この時点で、だんだん寝かし付けるのがだんだん楽になってきてるなーって実感。

この日は、寝かしつけも最初は添い寝を試みてみた。一緒に横に寝ても、おっぱいを欲しがったりしないんだよね、もう。

あ、それとこの日。お風呂に入るときに梅ちゃんが私のおっぱい見て、顔を近づけてきたのでちょっと焦ったんだけど、じーっと様子見てたら、おっぱいに顔近づけて『ちゅっ』ってちゅーしてくれた(*^^*)。欲しがる様子もない。で、シャワースタンドのタイルに張りっぱなしの絆創膏見て、『おっぱい、ばいばーい。ちゅーっ。』だって。泣かせるねぇ(^^)。

28日。
朝も8時40頃起床。それも、寝覚めのいいこと。起きた時も、おっぱいも全然欲しがらない(@_@)。すごい進歩。もう、身体が『おっぱいはもう貰えない』って学習したみたい。

d0009639_751456.jpgこの日は午後から、みゆきちゃんちへ。
今月の頭にあった、みゆきちゃんの2歳のお誕生日会に出席できなかったので、この日改めてお邪魔することにした。

機嫌よくみゆきちゃんとも遊び、帰りの車で40分ほど寝たかな。そのお陰で、夜又寝ない、寝ない(ーー;)。やっぱり昼寝させないで、過ごすのが理想ね。愚図ったりはしないけど、エネルギーあまってるらしく、まだまだ遊ぼうとする。

結局0時半頃に寝たかな。

で、今日29日
もう感じ的に断乳はこれで完了かな、と。昨日の時点でもそんな感じだったけど、今日の様子見てたら、ほんともうすっかり卒業できたみたい。

今朝も9時半くらいに超機嫌良くお目覚め。おっぱいも全然探さない。目が覚めて、にこーって笑顔で『おはよー』って言ってくれた。

私のおっぱいの方も、最初の2日は結構がちがちになってちょっと痛かったけど、3日目くらいから、ちょっとずつ、ちょっとずつ張り方がマシになってきて、今日当たりなんて、昨日から24時間ぶりに搾乳したくらい。

搾乳のタイミングと搾乳する量の感覚がいまいち分からないんだけど、感覚に任せてしてるかな。完璧におっぱいがなくなるには1ヶ月から2ヶ月くらいかかるらしいね。

おっぱいさん、今までご苦労様でした。あ~、でも又以前のような小さなおっぱいになってしまうんだろうなーって思うと、ちょっぴり寂しかったり(笑)。

でも、右のおっぱいは既に以前のサイズに戻ってる様子。後はこの良く出る左がどんどん小さくなっていくんだろうな。悲しいぜー(T-T)。(現時点で左右が少なくとも2サイズくらいは違っている(^^;))

あ~、でもあんなに心配した断乳。思ったよりも簡単に終わった感じ。寂しいけど、でもきっと利点の方が多いはず、と思ってポジティブに考えるようにしてる。

これだけはおっぱい長くあげたママでないと分からない感覚だよねー・・・。梅ちゃん、こんなに長いこと、いっぱいいっぱい飲んでくれて有難う。



追記1:
この断乳決行中に何度か、搾乳したおっぱいをちょっと味見してみた。梅ちゃんが新生児の頃にもちょっと味見してみたことあるんだけど、今回ひさびさに味見をしてみた。『梅ちゃんが、こんなにも大好きだったおっぱいってどんな味なんだろう』って好奇心から。

甘いんだよねー。牛乳に砂糖混ぜた感じ。きっと私が甘党で、甘いもんばっか食べてるせいかもしれないけど(^^;)。不思議だよねー。こんなものが私の身体から生産され続けてきたんだもんね。

追記2:
私のおっぱいに張った絆創膏の写真、前回の日記に付けました。興味の有る方は、見てくださいね。
注:おっぱいの写真ではなく、絆創膏のみの写真です、はい。あしからず(笑)。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-29 21:25 | 育児

頑張った、梅ちゃん!!(T-T) & ≪1歳10ヶ月になったよ≫

今朝何時くらいかなぁ、お互い寝ぼけながら最後の授乳を5時ごろだったか、した後、ちゃんと起きたのは8時半くらいだっただろうか。5時ごろ授乳した時、寝ぼけておっぱいあげながらも、梅ちゃんの耳元で『これが最後だよ、バイバイなんだよ』って言い聞かせてみた。

結局昨日の夜から朝方にかけては、この5時くらいと夜中の2時の2回。この両方とも、梅ちゃん最初はいつもみたいにすぐに『おっぱい、おっぱい!』って言わずに、自分なりに少し葛藤しながら我慢したみたいだったんだけど、結局我慢できなかったみたいだった。

断乳決行日は今日だったので、様子を見てからどうしようもなければあげようと思っていたので、こう言って言い聞かせながらあげたのだ。

朝8時半頃に起きた時も、同じように少し我慢してみてからやっぱり、小さな声で『おっぱい・・・』って言ってみた。本人はこのときは寝ぼけてなかったし、ちゃんと我に返った状態だったので、おっぱいの要求もなんだか、"言ってみた"感じだった。
で、『おっぱい、バイバイって言ったでしょ?さ、朝ご飯食べに行こう。』って気を散らしてキッチンへ行った時には、既に忘れていたみたい。

d0009639_7312970.jpgテレビを点けて、梅ちゃんがテレビに釘付けになってる隙にトイレに行く。で、こそこそっと昨日薬局で買ったアメリカン・カートゥーンのキャラクターのTWEETTY柄の絆創膏を乳首に貼る。そしてそ知らぬ顔で梅ちゃんがテレビを見ているキッチンへ戻る。

朝ご飯を食べてからしばらくして、又思い出したように、でも試すように私の顔を見ながら『おっぱい・・・』って小さな声で言うので、絆創膏を貼り付けたおっぱいを見せてみた。

『おっぱい、もうないないなんだよ。言ったでしょ?おっぱいさんにバイバイって言って。今まで有難うって。』って言うと、絆創膏を見て、その柄がくまのプーさんだと思ったらしく(同じ黄色なので(爆))、『ぴーしゃん(プーさん)・・・』とひと言(笑)。
で、ちゃんとおっぱいに向かって、『バイバイ』って言いながら手を振る。で、『あーとー(有難う)』もちゃんと言ってくれた。

『じゃ、おっぱいさんにバイバイのチューは?』って言うと、絆創膏のせいか一瞬ひるんだけど、チューってしてくれた(T-T)。で、『バイバイ・・・』って言いながら、私の服でおっぱいを隠す。

すごいねぇ~(涙)。本人は完璧に状況を分かってるみたい。

お昼にのどかちゃん&ママが来てくれたので、皆でご飯を食べ、そのあとは梅ちゃん、二人が来てくれたのが久しぶりだったので嬉しかったのか、大はしゃぎ。
あー、良かった。完璧に気が紛れてるよ。二人に感謝、感謝。

ほんと、梅ちゃんたら私と2人きりで家に居ようもんなら、新生児顔負けなくらいおっぱいを要求する。ほんとにすごいおっぱい星人なのだ。
なので、今回の断乳はかなり苦労するかも・・・なんて思ってたんだけど。

夕方17時半くらいまで2人が居て、帰って行った後も、一向におっぱいをせがむ様子もない。すごいね。やっぱり分かってるんだわ。
吃驚したのが、夕食時ある程度お腹がいっぱいになると、必ずと言っていいほど、私の膝に乗り込み、『おっぱい、おっぱい!!』って騒ぎ出すのに、それも無かった。信じられない・・・。

で、夕食の後梅ちゃんのお風呂。機嫌よくいつもの通りにお風呂に入り、そのあと私の番。

一瞬考えたんだよね。梅ちゃんをいつもバスルームの中で待たせてシャワーを浴びるんだけど、おっぱいに貼った絆創膏をいつ剥がそうとか、お風呂から上がった時におっぱいを見られてしまう・・・とか。

で、絆創膏はシャワースタンドの中で剥がすことにした。剥がした後、置き場に困り(笑)、壁のタイルにべたっと貼り付けて、シャワーをする。

シャワーしてる間に、今日一日一回も搾ってなかったがちがちになったおっぱいを搾乳機を使って、右(出はそんなに良くないので25ccくらい)、左(牛のように出るのでちょっと控えめだけど硬さがちょっとだけでも取れるくらいの50ccほど)を搾った。左は搾りすぎかなぁ、と量を見て思ったけど、がちがち具合が取れないので、ちょっとだけ大目にしてみた。ネットとかで読んだけど、30ccくらいがいいのかな、ほんとは。

シャワーから出た後も即行バスタオルで胸を隠し、知らんぷりでパジャマを着る。

パジャマを着ている最中に、梅ちゃんが急に『おっぱい!おっぱい!』って言い出すので、ギクッて梅ちゃんを見ると、必死でタイルに貼り付けた絆創膏を指さしながら、『おっぱい、ばいばーい。ちゅーっ!』なんて言いながら、投げキッスを送っている(爆&涙)。なんども、なんども。なんか、けなげで見てるほうがせつなくなってしまったよ。
我慢してるんだねー・・・。

で、恐怖の寝かし付け。どうなるんだろう、なんてすごい不安だったけど、最初抱っこで試してみて、寝そうにないので、ベッドルームを真っ暗にして一緒に添い寝。でも、なんとなくおっぱいが恋しくなるみたいで、でも絶対以前みたいにおっぱい発作は起こさない。小さな、小さな声で『おっぱい・・・』って言ったけど『バイバイしたでしょ』で言うとすぐに諦めた。で、ついには起きだしてしまったので、又抱っこを試してみることに。

その間も欲しいくせに絶対、おっぱいをせがむ事をしない。『梅ちゃん、一緒に頑張ろうね。えらいねー。かしこいねー。ほんとにこんな賢い子他で見たこと無いよ』なんて励ましつつ、抱っこで家の中をうろうろ~。

最初の抱っこの試みから、所要時間約1時間の末、抱っこで寝てくれたー(T-T)。

あんなに、あんなにおっぱい大好きだった子が。全然ねだらない梅ちゃんを見ながら、こっちがうるうるしそうになったよ。大きくなったね。こんなに我慢の出来る子になってたなんて。

絶対、おっぱい欲しさに発狂するかも、なんて覚悟してたのに。今までおっぱいあげてた時はすぐにあげないとそうだったのにね。ほんとに、ほんとに信じられない。
ほんとに、いい子だ。よく頑張ったよ。

これで第1関門通過。

第2関門は今から。きっと夜中に2回は目を覚ますだろうから、その時の方がしんどいかも。本人寝ぼけてるし。いつも夜中にかなりしっかり飲むから、かなり欲しがること覚悟してるんだけど。せめて夜中の2時まで起きずに持ってくれれば、旦那が仕事で2時起きだから、起きて泣き喚いても旦那に迷惑かけることもないし。

さぁ、どうなるんだろ。
でも初日はまずは大成功かな。なんか、おっぱいせがまない梅ちゃん見ていて、急に又成長したように見えた一日だった。

なんか、おっぱいのことばっかりしか書いてないので、読んでて飽きてしまった方、ごめんなさい。これからもしばらくこの話題になりそう(*^^*)。何せ、私たちにとってのビッグイベントなので、お許しを・・・。でも読んでくれて有難う。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-25 23:36 | 育児

出来るか、断乳

おとといくらいから、断乳しようかと思案中。

今まで断乳に踏み切れなかった理由は、

おっぱいを吸わせる幸福感って言うか、『私にしか出来ないこと』であるし、『生まれたときからずっと梅ちゃんに安心感を与えてきたもの』だし、おっぱいをこんなにも大好きな梅ちゃんの姿を見るのが嬉しいって言うか、なんて言うか・・・。これはまさに母性本能なんだろうね。

それに、今まで夜の寝かしつけは決まっておっぱい攻撃で寝付いているので、これを止めたら夜寝付かせるときにどうなるんだろう・・・って言う不安感と、夜中におっぱいを捜して最初の何日かは何度も目が覚めて大泣きするんでは・・・なんて心配したり。当たり前のことなんだけど。
未だに夜中に2,3回は寝ながらおっぱい飲むからね。

ま、泣くのはしょうがないとしても、夜中にそれで旦那を起こしてしまうと、旦那が怒るんではないか→ああ、めんどくさい。とか。

あと、断乳後におっぱいががちがちになって、それの手入れをするのも怖い。乳腺炎にでもなったらどうしようって言う不安も有る。

今月に入って旦那の仕事が少し落ち着いてきているんだけど、又来月から働きづめの毎日が始まるはず。それも、きっと早朝の仕事がしょっちゅう入るであろうから、3時起き4時起きとかの日も出てくるだろう。

そんな状況では、夜中に梅ちゃんに大泣きされるときっと旦那もたまったもんじゃないだろうし、するなら今しかないかな・・・と。

出来るもんなら、本人が自分から卒業するのを待ちたいけれど、でもそれっていつのことか分からないし、おっぱいをあげている限り、*私*の自由も色々と制限されているのも確か。

たとえば、家の中でも昼間私は椅子に座れない。朝ごはんは立って食べる。(さすがにお昼と晩ご飯は座って梅ちゃんと一緒に食べるけど)ちょっとでも昼間座ろうもんなら、梅ちゃんがよってきて『おっぱい、おっぱい!』とすぐにせがみだすから。

それに、外出中、特に電車の中とかでもおっぱいをせがまれると大変困る(^^;)。こんな大きくなった子がまだおっぱいを吸ってるなんて、イタリア人たちはみんなすごく吃驚するし、特に込んでる電車とかじゃぁ、恥かしくておっぱいなんて出せない。

2ヶ月ほど前だったか、アレッサンドロ君(2歳半)のママんちへ夕ご飯をよばれに行った時に、彼女の義母が居て一緒に食事をしたんだけど、未だに授乳してることを言ったらすっごく吃驚されて『もうおっぱいなんて出ないでしょう。きっと出てるのは水よ、水。』なんて言われてしまった(笑)。いや、でも全然出てるんだけど・・・(^^;)。今でもバリバリの現役。

ま、とにもかくにも、梅ちゃんにはもうかれこれ半年以上も前から『そろそろおっぱい、バイバイしようね』とは言い続けてるんだけど、ずるずるずる・・・と今に至っている。

それになんと言っても、寂しいんだよね~。私も。この姿見れなくなると思うとかなり切なくなる。
でも、でも。
そうでもしないと、私以外の人が梅ちゃんを寝かし付け出来なくなる=自分の負担も増えるし、電車に乗ってお出かけするのも怖いし、薬も安心して飲めないし(私が)、何より産後から今まで朝まで授乳のせいでぐっすり眠れたことがない・・・。で、まぁもうすぐ2歳だからもうそろそろ止めてもいいかなぁ・・・なんてね。

で、2日前から、今度こそ真剣にカレンダー見せながら、22ヶ月(1歳10ヶ月)になったら止めようね、と言い続けている。(今月の25日)
昨日くらいからは、『おっぱいバイバイしようね、言える?おっぱいバイバイって。』って言うと、おっぱいから口を離して私の服を下ろしておっぱいを隠して、『バイバイ』って手を振ったりもする。
私の言うことはかなり分かっているので、きっと理解はしているはず。ただどの位真剣に受け止めているかは・・・だけど。でも、ここ2日間ほどは、かなりヘビーに言い続けてるので分かってくれてることを祈るけど。

今日もおっぱいをせがむ中、2回ほどは結構すんなり諦めてくれた。おっぱいを捜してセーターを引っ張ったりしてたけど、胸元にちゅってチューをして諦めてくれたんだから、本人も頑張ってるんだろうな(涙)。でもひどい時はかなり暴れる。そんな時だけ今はあげてるんだけど。まだ2日有るしね。

あ~、断乳決行日からしばらくはどうなるんだろう・・・。1週間は泣くかな、って予想してるけど。
私も1週間はつらいだろうなぁ。おっぱいケアと、夜中の泣いた時の寝かし付け。はぁ・・・(溜め息)。

でも、なによりも・・・・・・・・・・さみしいなぁ。出来るもんならまだあげていたいけど、今がチャンスだし・・・。(・・・って、止められないのは実は私のほうだったりして(^^;))

なので、25日からしばらくは、夜は梅ちゃんとの格闘が待っていると予想されるので、更新はちょっと難しいかも。でも、出来るだけ今回は断乳 諦めずに頑張りたいんだよね。

なので、皆さん応援してくださいね(T-T)。
経験者の方、何かアドバイスが有れば教えてくださいねー。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-23 23:23 | 育児

ひえ~、何これ~・・・。

ついつい育児日記なもんで、うちの猫たちのことをあんまり書く機会がない。
梅ちゃんの存在が大きい為に陰薄になっているけれど、私って実は結構な猫キチなのだ。

梅ちゃんの存在がなかったなら、きっと猫ブログでも作っていたかもしれない(笑)。
で、今日はちょっとうちのゾヤさん(カナダ生まれ♀、現在12歳)のことなど。

ゾヤさんってルーさんと違って、毛玉をものすごく上手に吐く。猫って自分の身体を綺麗にするために舐めるんだけど、舐めた時に自分の毛を飲み込んでしまう。で、定期的にこの胃に溜まった毛玉を吐くのだ(って猫飼ってる人はみんな知ってることだけど)。

ルーさんは吐けないヒトで、だから1年ちょっと前腸閉塞まで起こしてしまった。きっと猫によって、吐くの上手な子と下手な子が居るんだろう。

で、ゾヤさんなんだけど、それはもう上手に吐く。いつも毛の塊の長さ10cmくらいは有りそうなのを、定期的に吐くのだ。一見見た感じは、知らない人が見ると『え?うんち?』の様。
でも、よ~く見ると、毛の塊で食道を通って来るためか、細長ーいうんちの形をしているのである(笑)。

と、前置きはこのくらいにして。

今朝、起きてからベッドルームに何かの用事で入ったときのこと。旦那が寝る側のベッドの足元あたりに、ゾヤさんが吐いた跡発見。ちょっと暗がりだったので、何にも思わずに『梅ちゃんや旦那が踏む前にきれいにしなくちゃな』なんて思ってその場を去った。

で、旦那が梅ちゃんと居る隙に(梅ちゃんに邪魔されると困るので)、こそっとそれを取りに行った。
ベッドルームの電気を点けてキッチンペーパーを手に、さぁ、取るぞ!とその時、手が止まった。
『あれ?これ毛じゃない・・・』 いや、でも決してうんちではないのだ。
キッチンペーパーで上から掴んで、即行バスルームへ。

流しにヘアストッパーの網をかけて、そのブツを水で濯いで見る。

ひえ~。何これ。サランラップ?それともナイロンの袋?きっと確率的にはサランラップかな。

旦那を急いで呼んで見せる。旦那も『サランラップみたい』と。ほんと、ゾヤさんったら・・・(ーー;)。こんなもん食べて。危険すぎるよー。
ルーさんみたいに腸閉塞起こしたらどうすんの。お腹切るんだよ。それに、よく吐いてる最中に窒息しなかったよね。このサランラップ、食堂通過の際に出来たのか、グルグルにねじれてる状態で、吐いたものの長さも約10cmほど。

で、濯いだ後、広げてみると結構な大きさなのだ、これが。
はぁ~。ほんと何も無くて良かった。通りで、昨日の夜は寝るときに私のところに来て寝なかったはずだ。ゾヤさんはいつも寝るときに私の腕から肩にかけての部分にのっかって丸くなって寝るんだけど昨日は来なかったのだ。きっと調子が悪かったのかもしれない。

梅ちゃんが生まれたての頃は、枕元には近寄らせなかったんだけど、つい最近解禁して、一緒にくっついて以前のように寝るようになったのだ。以前は同じ布団の中で頬寄せ合って・・・状態だったけど、今は布団の中にはなるべく入れさせないようにしている。

通常私がベッドに入ると、喉元をごろごろ言わせながら寄って来るのはルーさん。で、15分ほど私と一緒にくっついて甘えた後は、自分の好きな所に移動して寝る(通常は足元かな)(笑)。

その後、必ずゾヤさんが来て、私の上に乗るのだ(笑)。(今もこの日記書きながら膝の上にはゾヤさん(^^))。

と、まあ話は飛んだけど、すごい吃驚したよ~。この子なんでも食べるからねー。昔っから。ほんと何も無くて良かったよ。

ゾヤさんは生まれてこのかた、超健康猫でその点ではほんと、医者知らずで助かってるんだけど、たまにこうやって私を吃驚させる。とんでもないことしでかしたり、好奇心かなり旺盛な為に家から出て行って帰って来れなくなったり(家から外に出てしまったのが分かった時はどんなに焦ったか)。

d0009639_720087.gif


d0009639_752345.jpg話は変わり、昨日先日話題にしたカスタニャッチョ(栗菓子)を作ってみた。作り方が超簡単なので、あっと言う間に出来たんだけどね。
写真を撮ろうとカメラを取りに行ってる隙に、旦那に一切れ食べられてしまった(^^;)。旦那曰く、『すごい上手に出来てる』らしい。いや、上手もなにも、こんなに手のかからないお菓子なんてそうそう無いので、誰でも作れると思うんだけど・・・(^^;)。

中にはピノーリ(松の実)、上にはローズマリーを振っている。二切れほど食べて、もう既に飽きてきてる私(笑)。やっぱり、こないだ作ったケーキの方がいいね。このカスタニャッチョはちょっとクセが有りすぎるかも。たま~に食べたくなるけど、ちょっとでいいや、って感じ。
なので、残りは明日義父母宅にでも持って行こうかなー(^^)。ははは。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-21 23:23 | うちのニャンコたち

アレルギー検査へ

今日は朝から早起きをして、ローマ中心街に程近い病院へと梅ちゃんのアレルギー検査へ行って来た。

最初の電車を下りて、地下鉄に乗り換えようとしたんだけど、ちょうど早朝ラッシュの時間帯だったので、あまりにすごい人で断念。3本くらい見送って待ってたんだけど、梅ちゃん抱っこであんな電車に乗れないよ。押しつぶされる。イタリア人って押すからねー。必要以上に。

私と旦那だけだったらどうやってでも乗ってたと思うけど、あれは・・・ね。なので、そこから病院まではタクシーを使うことに。タクシーでも結構道は込んでて普通なら10ユーロもかからない距離なのに15ユーロもかかった。

で、ここの病院、大学病院ですんげえデカイ。病院内、小児科アレルギー部門探してあっち行ったりこっち行ったり・・・もちろん旦那の機嫌もいつものことだけど(笑)どんどん悪くなる。廊下で道を聞く看護婦さんとかにもお礼も言わずに、ブツブツブツ・・・で、私が申し訳なさそうに『有難う』と礼を言って旦那に着いていく(笑)。

アレルギー部門に着いたはいいけど、そこの人に『先に会計済ませてからでないと、受け付けられない』と。
旦那も『9時に予約入れてるんですけど(この時点で9時10分)、それからでも大丈夫なんですか』って聞くと『みんなそうだから、大丈夫』と。

なので、私と梅ちゃんがここに居残り、旦那だけ会計課へ戻っていく。会計課での待ち人数40名(^^;)。
私と梅ちゃんとで待ってる間、梅ちゃんも比較的機嫌よく廊下を行ったり来たり、クラッカーを食べながらうろうろうろ。で、廊下のベンチに座ってるお婆ちゃんと一緒に来てたマテオって男の子(7歳くらいかなぁ)がGameBoyしてるのに釘付けになり、ず~っと彼の前でゲームを覗き込んでる。

こっちの子供って前から思ってたんだけど、大きい子供は小さい子供にほんとに寛大って言うか、優しいんだよね。
梅ちゃんに向かってゲームボーイの説明を始めるマテオ君(爆)。隣にいたおばあちゃんが、『マテオ、この子は小さすぎてお前の言うことはまだ分からないんだよ』と。
で、マテオ君梅ちゃんを撫で撫でしながら、『キミは本当に可愛い娘(こ)だね。いい子だし、おとなしくしてるし・・・云々』と、まるでナンパでもしてるかのようなせりふ(爆)。でも、そうじゃないんだけどね。ただ本当に年下の子を可愛がってるだけなんだけど、なんだか見てて『こうやってイタリア男って出来上がっていくんだなぁ』と一人感心(笑)。

その内、梅ちゃんに何を言っていいか分からなくなり、自分のおでこや頭を手の平でぶっ叩いて、ウケを狙い始めるマテオ君。梅ちゃんもそれを見て大喜び。けらけら笑い出す。

で、なんでも真似する梅ちゃんが自分のおでこを叩き始めたのを見て、そっと梅ちゃんの手を取り『ダメだよ、これをすると痛いんだよ。キミは真似しちゃいけないよ』と。
やさしいね。
でも意味の分からない梅ちゃんはずっとおでこを叩き続ける。で、またマテオ君『ダメだよ。しちゃいけないよ。痛いよ。』と優しく梅ちゃんの手を取る(^^)。
『この子は何でも真似したがるのよ』と私もマテオ君に言ってみたけど、止める風でもなく自分を叩いて梅ちゃんを笑わそうとする。
梅ちゃん大うけ。

その内マテオ君の番になり、お婆ちゃんと一緒に一室へと消えて行った。で、旦那が会計から戻ってきて(結局、ただだったんだけどね。何の意味があるんだろう。わざわざ会計済ませてから・・・なんて言ってたのは。)、待つこと1時間くらい。

やっと私たちの番が来て、検査室へ入る。生まれてからこのかたの色んな質問をされて、簡単に往診。今回は、生まれた頃から中耳がしょっちゅう赤くなってるし、中耳炎もしたのでひょっとしてそれがアレルギーが関係してるかもしれないって言うことで来たので、耳も一応診てもらったけど、耳垢でよく見れなかったらしい(^^;)。
でも、梅ちゃん耳を診て貰っていた間や、上半身裸で聴診器当てられたりしてる間、すごいいい子にしてた。ほんと12月に耳鼻科に行ったときや小児科検診でも最近ほんとにいい子にしてる梅ちゃん。以前は泣きっぱなしだったのに、ちゃんといい子でおとなしく検査を受けるのだ。母感動(T-T)。

で、アレルギー検査。ひじから手首の間の腕の内側で行うパッチ検査だったんだけど、これも結構いい子でおとなしくしてて、でも液体を押し込む作業だけ『タイターイ』でちょっと痛がったけど、頑張って何とかクリア。

その後20分待つように言われて廊下で待機(なんて言いながら、忘れられて1時間も待った(怒))。その間も、また別の年上の男の子と知り合い、梅ちゃんとっても嬉しそうだった。

d0009639_7335613.jpg今回知り合ったのは、私がもう婿候補にしたいくらいのいい子。さっきのマテオ君は大きくなったらプレイボーイ風になるかな、って感じだったけど、今回のフランチェスコ君(10歳)はもうすんごいジェントルマン。10歳にして、まるでリチャードギアのような感じをかもし出している(^^)。

梅ちゃんの赤ちゃん語に対しても、常にニコニコ(写真の笑顔で)、ベンチの上を歩く梅ちゃんの足元を常に注意して、自分の手でかばって梅ちゃんが落ちないように気を使ってるし、梅ちゃんがベンチから下りようとすると、そっと手を貸して抱っこで下ろしてくれ、登る時もそっと抱っこをして登るのを手伝ってくれる。見てても、常に梅ちゃんが怪我しないように細心の注意を払ってるのが伝わってくるのだ。

梅ちゃんたらフランチェスコ君がかなり気に入ったらしく、口にちゅーしようと顔を近づけると、フランチェスコ君嬉しそうな顔しながらそっと自分の口をずらしてほっぺにちゅーさせる(何て紳士なの!梅ちゃんの唇は奪わないなんて!:写真参照)。しかも何度も。で、梅ちゃんが両腕を開いて、フランチェスコ君を抱擁すると、そっと彼も梅ちゃんを抱擁する。とっても嬉しそうに。これも何度もやってた梅ちゃん(^^;)。さすがイタリア人の血が入ってるぞ、あんた(笑)。

きゃ~。ほんとたった10歳なのに、私まで『素敵~!』なんて思ってしまったよ(爆)。もう、是非、うちの娘の婿に!なんてね(笑)。

と、その内フランチェスコ君も順番が来て去って行ってしまった。で梅ちゃんの検査結果を通りがかった(アレルギー検査をやってくれた)先生に聞いたら、すぐに見てくれて『何にもアレルギーで引っかかってませんね』と。良かった。
後はさらに詳しい検査の為に後日PristとRastという血液検査をするよう指示される。

なんか、ほんとめんどくさいねー。また今日みたいなめんどくさい事しなくちゃいけないんだ。とほほ。ま、これも子供の為。頑張らなくては。

☆★☆


ローマはおとといから冬のセールが始まったんだけど、昨日梅ちゃんの来年用のコートでいいのが有ったので即買いした。だって、70%オフだったんだも~ん。
それもDPAMので。
d0009639_7554521.jpgこのブランドってフランスのだけど、日本でも売ってるんだよね。70%オフよ、70%。
色は正直言って他のが欲しかったけど、さすがにこの値段、これしか無かったの。それも最後の一個だったし。
でも、家に帰ってじっくり見たら、結構気に入ってきたかも。ありがちな色でもないし、つるつるタイプの素材だから雨もはじきそうだし(^^)。

何よりも目立つ色だから迷子にもなりにくいし(笑)。ただ、来年くらいはきっと梅ちゃんも自分の好みとかがより一層ついてきてそうだから、ひょっとして『お母さん、これ嫌』なんて言われるかもね(^^;)。梅ちゃん、着てね。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-16 23:03 | 育児

海外からの便り

d0009639_6271281.jpg昨日旦那が4,5日ぶりに郵便ポストを開いたら、私宛に4通海外からのクリスマス&新年のあいさつカードが来ていた。

上から順にルクセンブルグ(ローマで知り合ったフランス人の友だち)、カナダ(カナダ時代の元同僚)、日本(旦那の知り合いで私と旦那宛に来ていた)、ブラジル(イタリアで以前働いていた所の元同僚)。

なんかEmailでのあいさつもいいけど、こうやって遠く海外からカードが届くのもいいね。(なんて言いながら、私なんてほとんど誰にもカード送ってないか、簡単なメールで済ませたんだけど(^^;))封筒についた切手を見ながらそう思った。

海外に住む友達なんて、ともすればその内連絡が途絶えたり・・・なんてありがち。いままでにも何人の友だちと連絡が取れなくなってしまったか。すごく残念。特に私みたいな(結婚するまでは)住所がしょっちゅう変わってた人間・・・でこんなに筆不精なヤツなんて、仕方ないよね。

いまやEmailなんてすばらしい物があるから、偶に連絡取り合ったりも出来るけど、でもやっぱり何年も会うことなく、そしてこれからもいつ会えるかも分からないような環境だとよほどなにかお互いの中にない限りはこうやって、連絡取り合い続けるのは難しいよね。

フランスの友だち、サバに関しては、ま、近隣国だしきっとこの先も彼女がまたローマに遊びに来たりするだろうから会えるだろうけど、カナダの友だち、リサなんて97年にバンクーバーに遊びに行って以来会ってないなぁ。この先もいつ会えるんだろうって感じ。

このリサとも、私がイタリアに来てから(98年)1年位前まで連絡が途絶えていた。ずっと気にかかっていたんだけど、私の方から連絡を取ることをしなかったために、私の居所がわからない状態になっていたのだ。もちろん私がイタリアで生活してるなんて、彼女知らなかったしね。

で、ずっと気になっていたのをついに重い腰を上げて(大袈裟ね(笑))、彼女の実家の住所に手紙を書いたのが1年ちょっと前。中にEmailの住所もつけて。

すぐに返事が来た。それ以来はメールのやり取りをやっている。
返事が来たときに、吃驚したのが彼女も結婚して一児の母になったこと。私が手紙を出した頃にちょうど出産したばかりだったみたい。
彼女の子供は今1歳2ヶ月。結婚した相手はラテンアメリカ出身の人らしく、彼女曰く『私たちってお互い似た境遇ね』だって。
結婚相手がラテン系、子供は7ヶ月違いで同じ女の子、彼女はカナダ生まれだけど中国系の2世で私と同じアジア人。そうね、似ていると言えば似ているね(笑)。

ブラジルに居る友だち、ジョバンニはイタリアでの将来の生活の見通しが立たない、と奥さんの生まれ故郷ブラジルに移住することを決心し、2003年から向こうで暮らしてる元同僚のイタリア人。
彼とはあんまりメールでもやり取りすることはないんだけど、たま~に年に何回かお互いの近況を書いたりして連絡取り合っている。

彼曰く、『僕達がここに居ることをこうやって思い出してくれるのはほんとにほんとに君達だけだ』と言う。
なんか寂しいね。友だちって何なんだろう。海外に行ってしまったから、縁も無くなったって連絡もしなくなってしまうってのもなんだかなぁ。ま、そういうのってもともと友だちって顔しながら、そうじゃなかったんだろうね。

私はきっと『未知の国に行って、言葉の面でもいろんな面でも苦労する』ってことをカナダやイタリアでいっぱい経験してきたから、余計に彼の境遇が理解できるのかもしれない。

でも、カードの中に私とこうやって連絡を取り合うことがほんとに嬉しいってあらためて書いてくれる友達。なんか嬉しいね。うそじゃない、温かい心のこもったメッセージっていうのが伝わってくる。いつの日か彼らにもどこか出会えるといいけどなぁ。

家庭を持って子供も居れば、そう簡単に独身時代のように好き勝手に色んな所にも行けないもんね。ま、でもきっといつの日かどこかで彼らに会えるだろう・・・。それに彼らがイタリアに来るかもしれないしね。

d0009639_7394624.gif


話は変わり、以前栗の粉を使ってケーキを焼いたことがあるんだけど、これを焼き立てで食べた時は、けっこうクセが有ってあまり好きじゃないかも・・・なんて思ってたんだけど、ケーキがなくなる頃には結構気に入っていた。

イタリアはトスカーナ地方で、この栗の粉を使った有名なお菓子Castagnaccio(カスタニャッチョ)ってのが有るんだけど、先日うちの近くの焼き菓子やさんで売ってるのを発見して初めて食べてみた。
まさに、この栗の粉の味なんだよね(^^;)。ま、たしかに作り方も栗の粉にただ水を混ぜて、オリーブオイルを加えて、塩をひとつまみ入れるだけだから、この粉の味がして当たり前なんだけど、でもこれも食べなれると結構クセになる味かも。

d0009639_7232196.jpgで、これを食べて以前作ったケーキを思い出し、残っていた粉を使ってまた今回も前回とほとんど同じケーキを作ってみた。
今回は前回よりもバナナを1本増やして、砂糖はサトウキビを使ってみた。

結構イケてるかも(^▽^)。カスタニャッチョがふんわりしっとり、ボリュームもったって感じだな。あとカスタニャッチョだと松の実が入ってるけど、私のケーキにはチョコチップ(笑)。

全くの別もんだって?まぁ、そうかもしれないけど、食べるとほんのりこの栗の粉の味がする。でも私的にはカスタニャッチョよりもこっちの方が好きだな。

今日のおまけ。
大好きなパッカパッカに乗る梅ちゃん。
d0009639_7373356.jpg

あんまりにも『乗る、乗る、乗る~~~』で聞かないので、乗らせるつもり無かったけど『じゃぁ、一回だけね。で、帰るよ』で乗せてあげたんだけど、この後ここから下ろすのにどんなに苦労したか(^^;)。
引きづり下ろして帰ったよ、わたしゃ。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-13 23:25 | イタリアの生活

友だちと食事会

3日前、私たちと同じ街に住むスペイン人の友だちヌーリアとその彼を昼食に招待した。ヌーリアが9日にスペインに10日ほど一時帰国するので、その前に一緒に食事でも・・・と言うことで。

前日の8日にこれが決まったんだけど、決まった直後にガイアちゃん(19ヶ月)のママから携帯にメッセージが入り『明日、あなたの家か私たちの家で会わない?』とのお誘いメール。
結局彼らもうちに招待し、ちょっと遅めの新年会ちっくな集まりになった。

彼らが来ると分かった時に梅ちゃんに、『明日はね、ヌーヌー(ヌーリア)とぺぺ(彼のあだ名)が来るんだよ。それにね、ガイアちゃんも来るんだよ。ガイアちゃん覚えてるでしょ?(ガイアちゃんの写真見せながら)』って教えてあげた。

それから数時間後、私がシャワー浴びてる最中に外で待ってる梅ちゃんに『明日は誰が来るの?』って言ったら、『ぺぺ』とちゃんと答える。すごいねー、これってちゃんとした会話じゃん。

   私『で、ぺぺと誰が来るの?』
   梅ちゃん『ぺぺ』
   私『だから、ぺぺとそのほかに誰が来るの?(^^;)』
   梅ちゃん『・・・・・ぺぺ』
   私『ぺぺと一緒に誰が来るの?』
   梅ちゃん『・・・ヌーヌー』
   私『そうよ!そう。ヌーヌーが来るの!ヌーヌーのほかにも誰か来るで     しょ?誰が来るの?』こんな感じで何回か聞くと、やっと
   梅ちゃん『ガイア!』
   私『そう!ガイア!ガイアが梅ちゃんに会いに来るのよ。』

なんか、すごいねー。ちゃんと質問に答えられるようになってるよ、この子。
今までは言った事を行動でやって答える事は有ったけど、ちゃんと言葉で返したのはないなぁ、確か。

で、当日も呼び鈴がなると、『ガイア!』って走って玄関に行き、大人用のスリッパを玄関に並べて(左右反対になってたけど(^^;))、ドアが開くの待ってる。

ガイアママとパパがガイアと共に入ってくると、さささっと台所の辺りまで行って、自分の普段あまり使ってないプーさんのスリッパを取って来て、ガイアちゃんに自分のスリッパを差し出すではないか(笑)。で、ガイアちゃんを触りながら嬉しそうに『ガイア』と、梅ちゃん(^^)。

その後間もなくして、ヌーヌーとぺぺも到着。また玄関まで迎えに行って、大興奮の梅ちゃん。
ガイアママ・パパからも可愛いバッグのプレゼントも貰って嬉しそう。

この日ガイアちゃんは私たちの日本からのお土産であげた梅ちゃんとおそろいの(トレーナーって言うのかな)服を着てくれていて、梅ちゃんも別のを着てたんだけどせっかくだから同じのを着せてみた。
d0009639_7265099.jpg

お互い結構成長したから、やっと少しずつ一緒に遊ぶようになって来たかな。

みんなが帰ってからも、ずっと『ぺぺ・ヌーヌー・ガイア』を連発しまくりの梅ちゃん。未だに言ってるよ(笑)。ガイアちゃんのパパ・ママの名前も覚えさせようとしたんだけど、パパの方だけかろうじて言えるようになったかな。バスコってのを『バッコ』って言う(笑)。

で、みんなが来て帰った日もシャワーを浴びながら『今日は誰が来たの?』ってシャワースタンド越しに聞いたら『ぺぺ・ヌーヌー』ってちゃんと答える。

で、『ぺぺとヌーヌーのほかは?』って質問を2,3回したら『ガイア!』とも言う。
で、『ガイアと一緒にだれが来た?』って聞いたら『・・・・・・・・・・・・バッコ』だって。すごいね~(^^)。
それにちゃんと過去形も理解してるのかね、これは。さすがにガイアママの名前はちょっと難しいらしく未だに言えない。でも、すごいね。母は感心したよ。

それとここ最近、『はーい』って返事もするようになった(^^)。ちゃんと答えてくれるようになると、ほんと『子供になってきたなー』なんて実感。
それに外歩いてても、クリスマスのイルミネーションが消えてるのみて『きれいきれい、ないないね』なんて電球を指さして言ったり、空のお茶碗を見て『ご飯、ないないねー』って言ったりもする。立派な2語文だね。

完璧ではないけど、靴もズボンも一人ではける様になったりしてるし、なんか子供の成長のスピードに着いてくのがやっとって感じだわ。ほんと1歳半を過ぎてからの成長振りってなんかすごいスピードで来てる感じがするなぁ。ウェブカムで母と喋ってても梅ちゃんを見て、『日本に来たときと全然違うねー』なんて言ってたり。

このままあっと言う間に2歳になっていくんだろうなぁ。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-11 23:03 | 育児

ラ・ベファーナ編

今日の寝かし付け所要時間、3分!\(^▽^)/

今日は昼寝無しだったせいだ。年末まで結構このペースでうまいこと行ってたんだけど、梅ちゃんが体調を崩してからこのペースが崩れ、3,4日前に夕方になって手が付けられないほど泣き喚く事件があったので(旦那はかなり焦って救急病院へ連れて行こうか、って言ってたほど)、体調が完璧に回復するまではちょっとでも昼寝をさせることにしていた。

ただ、昼寝も寝付いてくれるのが夕方の5時前後だったりで結構遅い昼寝だったので余計に夜寝ない、と言うパターン。
でも、今日はとっても元気だったし昼寝無しでもずっと機嫌良くしていたので、昼寝させずに頑張ってみた。お陰か今日は即行zzz。。。。(^^)
あぁ、いつもこうだったら。

なので、ここ最近の溜まっていた分を頑張ってUPしちゃおっかなぁー。

今回はベファーナ編。と言うことで。

イタリアでは1月6日はラ・ベファーナと言う祝日の日。もともとはキリスト教の宗教的な祝日なんだけど、この日は子供にとったら第2のクリスマス・・・みたいな感じの日。

前の日の5日の夜にベファーナって言う老婆(一見魔女風)がほうきに乗ってやってきて、悪い子には炭を、いい子にはお菓子とかプレゼントとかを持ってきて、靴下(クリスマスのプレゼントを入れるような靴下)に入れて帰ると言うもので、次の日の朝子供達は靴下を開けて見る、と言う慣わしがあるのだ。

さ、梅ちゃんは何を貰ったのかしら。

まずはベファーナお婆ちゃんと靴下をツリーの上に発見(旦那が全部仕掛けたの)。
d0009639_72716.jpg


何が入ってるのかな?
d0009639_723742.jpg


げげげ。炭だ~~~っ!(この炭は砂糖で出来てるみたいで、強烈に甘い。)
d0009639_731992.jpg


なぁんて、うそ。
梅ちゃんはいい子にしていたので、こんなにたくさんのお菓子を貰いましたとさ。(なんて言いながら、このほとんどは私の胃の中へ(笑)。いや、歯に悪いし、こんな甘いものばっかり食べさせられません。)
d0009639_751144.jpg

ルーさん 『ボクのは?ボクのは?』


そして、ゾヤさんも。
『私のは?私のは?』
d0009639_794760.jpg


ごめんね、ルーさんゾヤさん。あんた達のは無いの(笑)。


☆★☆


この日は午後から、ローマ観光名所のひとつであるナボーナ広場へ家族3人揃って行ってきた。
ナボーナ広場ではクリスマス前からこの1月6日の日まで色んな出し店が出ていて、最終日のこの日はベファーナを祝うたくさんの子連れのファミリーで毎年賑わう。
d0009639_720413.jpg


旦那も結構乗り気で行ったんだけど、広場に近づくに連れ機嫌が悪くなる。大体想像は付いてたけどね(ーー;)。
旦那はすごい人だかりが嫌いなのである。広場に近づいてくると、もう、人・人・人。
みんなナボ-ナ広場に向かって歩いてる。広場に着くと、もうそれはすごい人で身動き取るのも難しいくらい。梅ちゃんみたいな小さい子なんて下を歩かせる訳にはいかないくらい。
なので、梅ちゃんはずっと抱っこ。プラス、梅ちゃんが外出中に下痢や嘔吐をしては、とオムツやら大きいバスタオルやらなんやら、いつもならここまで持ち歩かないくらいの荷物を持ってきていたので、それも結構邪魔になる。

旦那はただただ『来た意味が無い。これじゃあ、ここに居る意味も無い。人で何も見えないし、何も出来ない。』とブツブツブツ・・・。
このくらいの事は私は想像していたのでなんとも思わなかったけど、旦那が機嫌が悪くなるとこっちまで気分を害されるよね、ほんと。せっかく楽しい気持ち出来てるのに(怒)。

そんな旦那を無視して、こっちはせっかく来たんだから、とこのお祭り名物のチャンベッラって言う、砂糖のまぶしてあるドーナツパンを旦那に買わせて、梅ちゃんとほお張る。

その後は、義父母が合流すると言うのでベンチに座って、ただただ義父母の到着を待つ。これまた、おそいんだわ、来たのが。で、旦那の機嫌ももっと悪くなるしね(^^;)。


d0009639_7281011.jpgやっと義父母が到着し、でも旦那は『もう帰る』モードに入ってるため、義父母は広場に入ることも無く、着いて早々帰宅の途へ。せっかくここまで来たのに、来てすぐに帰るの?って言ってみたけど、義父母にとったら梅ちゃんに会うのが唯一の来た理由なので、本人達もなんか全然OKみたいだった。すごいねぇ、梅ちゃんパワーって(笑)。

帰る途中に、梅ちゃんは義父母にサンタさんの風船を買ってもらい超ご機嫌。

こんなたかが空気が入ってるだけの風船で5ユーロよ(700円くらい?)。すごい商売だね。いっぱい売れてたわ、この日は。





おまけに帰り道で撮ったローマの観光名所の夜景でも。
これはベネツィア広場。この次の日にはこのきれいなツリーも外されたのかな。
d0009639_7314036.jpg





これはライトアップされたコロッセオ。・・・って言ってもカメラの焦点がサンタさんや義父母の背中になっちゃってるね(笑)。ま、感じだけでも・・・。
d0009639_7332618.jpg



と今年はこんな感じのベファーナだった。

来年になると梅ちゃんも、もうちょっとベファーナの意味が分かってるかな。来年はきっと靴下の中身は全部梅ちゃんに取られちゃうんだろうなぁ(笑)。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-10 23:44 | イタリアの生活

寝てくれ~!(T-T)

ここんとこの梅ちゃん、夜ぜんっぜん寝ないの。寝かし付けに2時間以上もかかるってどういうこと(怒)!
なので日記の更新も書きたいこと山ほど有るのに、寝付いて自由になるのが夜中の0時半とかだから、気力も無く・・・。
もちろん今もおっぱいにぶら下がったまま、私は片手打ち。(現在夜中の0時過ぎ)

毎晩毎晩これじゃぁ、ほんと参るわ。何で旦那は好きな時間に『おやすみ』なんて、私たち残して行くのよ!ちくしょー。
ま、でも旦那には寝かし付けなんて不可能だからね。

でもさっき、一度寝かけたんだけどなぁ~(T-T)。寝付いて、そぉ~っとベッドに連れて行ったところで、お目覚め(>_<)。で、振り出しに戻る。

で、今日は私がシャワーを浴びてる最中にバスルームで私を待ってた梅ちゃん、『あーちゃん(お母ちゃんって意味なんだけど最近私のことをこう呼び出した。でも、人形の赤ちゃん、もあーちゃんなんだよね(笑)。)、あーちゃん』と私を呼ぶので、『なあに?』ってシャワーの扉を開いて梅ちゃんを見ると手には私の眼鏡が。

よく見ると、耳に掛ける柄の部分が曲がっているではないかΣ(゜□゜|||)ガガ~ン。
(過去にも古いサングラスを2個も壊されてる)

すぐに奪い返し、曲がった柄を元に戻そうとしたら、

パキッ


取れてしまったー!!!(涙)。

私が『きゃ~!!!』って言うと、一瞬泣きそうになる梅ちゃん。その後は自分が悪いことしたのが分かったのか、私の足にまとわり付いて、足にちゅーしてくれたりするが、私はあまりのショックと怒りで鬼のような顔をしていたと思う(^^;)。

そんな訳で、なんだかイライラな私。寝ないわ、眼鏡は壊されるわ・・・。
この眼鏡買ってまだ1年ちょっと位しか経ってないのに~。それにMissSixtyので気に入ってたのに~(T◇T)。

ちくしょー。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-01-09 23:52 | 育児