<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

海辺へ散歩

今日は天気も良く、絶好のお散歩日和。

旦那と一緒に梅ちゃん連れて海辺のマックへ昼食を食べに行った。
マックはお昼時&天気が良いのでみんな海辺へ散歩に来てるのかすごい人ごみ。場所を何とか確保して、マックの子供用の椅子を持ってきて食べる。

d0009639_6443137.jpg梅ちゃんにはHAPPY MEALと言って、子供メニューを注文した。
この子供メニューはBOXにハンバーガーとポテトが入っているんだけど、それと一緒におまけも付いている。
今日のおまけは小さな犬のぬいぐるみ。

今まで梅ちゃんはマックのハンバーガーをひとりで完食した事無かったんだけど、今日はなんとほとんど全部ひとりで完食(ピクルスは口に入れた途端ペーッてしてた(笑))。きっとハンバーガーのことをアンパンマンの中のキャラクターの『ハンバーガーキッドだよ』って言ったせいも有るかも(^^;)。ははは。(ちなみに朝食の食パンは『食パンマンだよ』って言った日から完食するようになった(爆)。)

その食べっぷりをどうぞ(笑)。↓
d0009639_645650.jpg


☆◎☆◎☆


d0009639_64920100.jpgマックを出た後、すぐ近くに有る桟橋でお散歩。

風は少しあったけど、ほんとにいい天気。春だなぁ・・・って感じ。

梅ちゃんは近くに居た子供たちが、砂浜から飛んできたのであろう砂山の砂で、砂遊びをしているのをじーっと観察。

d0009639_6551022.jpgその中の女の子が、砂遊びをしてるのを見て真似して砂を触ろうとする。するとその女の子は年上ぶって『砂は触っちゃいけないの!』と梅ちゃんに注意。自分は触ってるくせにね(笑)。

梅ちゃん分かったのか、砂を触ろうとするのを止める。

で、その子『Brava!(えらいわ!)』だって(笑)。

それを何回も何回も繰り返し、結局梅ちゃんは砂を触らせてもらえなかった(爆)。

d0009639_710264.jpgその後、桟橋を歩く。
梅ちゃん海をじーっと覗き込んで、『・・・お水』。

私『梅ちゃん、このお水何色?』

梅ちゃん『きいろ!』

私『・・・(^^;)。違うでしょ。このお水は青!(いや、ほんとは透明なんだけどね)』

梅ちゃん『あお・・・。お水・・・・飲む!』

私『梅ちゃん、このお水は飲めないんだよ。(笑)』

面白いねぇ。

ここに連れてくるのは久しぶりだけど、去年の夏とかしょっちゅう連れてきてた。去年は全然言葉も喋れてなかったんだけど、この海を見ながらどんなこと考えてたんだろ。

梅ちゃんを抱っこして桟橋を歩きながら、『このお水はね、海って言うんだよ』って言って、『海~は~広い~な~、おおきぃ~なぁ~♪』って繰り返し歌ってたら、梅ちゃんも一緒になって私に合わせて歌う。
最近、大分歌も上手になってきたね。『糸巻き巻き』もかなり上手に歌えるし。

この後、帰りにいつもの公園に寄ってブランコしたり、ばねの付いた乗り物に乗ったりしていっぱい遊んで家に帰ったのは19時前。

今日は午後いっぱい外で過ごして楽しかったね、梅ちゃん。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-03-30 23:37 | 育児

梅ちゃん2歳になりました

25日で梅ちゃん2歳になりました。

25日当日は、私たち家族だけで昼食を外で食べることに。旦那がぎりぎりまで仕事で何時に終わるかはっきりしていなかったのもあり、義父母や義兄は誘わず私たちの3人だけで行ってきた。

旦那が仕事から帰ってくるのがちょっと遅くなり、私も梅ちゃんもお腹すいて家にあるものを既につまんでたので、外食っても軽食で済ませるつもりでいつも行く近所のレストランへ。

全部3人で分け分けして食べたんだけど、これは私たち恒例のボンゴレとムール貝のソテー。
d0009639_22143858.jpg

身がすごく大きくて貝の内側いっぱいに詰まってて美味しかった!


で、次はマリナーラって言うアンチョビとオレガノ、ガーリックの入ったトマトソースのパスタ。
d0009639_22175518.jpg

ソースは美味しかったけど、ペンネッテ(パスタ)は茹でが足りずちょっと硬かったのが残念。

この他、フライドポテトも頼んだんだけど、これだけでもうお腹いっぱい。

d0009639_22202561.jpg料理が運ばれるのを待ってるときに梅ちゃんに『何さ~い?』って聞いたら、『2さ~い』って言って2歳のポーズ(笑)。

まだ片手で『2』を作るのは難しいから、両手で1本ずつね。来年には片手で『3』が作れるかな。




d0009639_22271639.jpgで、今年の私たちからの誕生日プレゼントはこれ。

旦那が前々からどうしてもプレゼントしたかった品。最近は電池で動くおもちゃばっかりで、ピアノ系もほとんどが電池式が多い中、こういう昔ながらの電池無しで鳴るピアノのおもちゃをあげたかったらしい。

ちょっと残念なのは、普通のピアノで言う黒鍵の部分が鳴らないこと(^^;)。ま、でも梅ちゃんが遊ぶくらいだからいいっか。

d0009639_2232505.gif


で、翌日の26日は、友達も呼んで家でお誕生日会をした。

梅ちゃんもたくさんの人が来てくれたので大興奮。ほとんどの人のほっぺに『プレゼント有難うのちゅー』をして、みんなを喜ばせていた(笑)。

自分の同年代の友だちには男女構わず直接口にちゅーしてたけどね(^^;)。


d0009639_22401013.jpg梅ちゃんより3ヵ月半年上の桃ちゃんともおおはしゃぎ。二人して、騒いで笑って叫んで...楽しかったね(^^)。








で、今年の梅ちゃんのケーキはこれ。
d0009639_233790.jpg


去年は梅ちゃんの顔写真にしたんだけど、今年は本人の喜ぶデザインにしたかったので、苦労してインターネットから画像をダウンロード&編集して、プリントしたものをケーキ屋さんにて食べれる素材のものにプリントしてもらうって言う去年と同じ方法でケーキを作ってもらった。


半分カットしかかっているけど上から見たらこんな感じ。
d0009639_22463710.jpg


予定では梅ちゃんと同年代の子達が4人来るはずだったんだけど、うち2家族がかなり遅れての到着、みゆきちゃんファミリーはみゆきちゃんが風邪で欠席・・・とかだったので、子供たち5人の集合写真は残念ながら撮れずじまい。ま、でも又来年もあるしね。

来てくれたみんなほんとうに有難う。みんなのお陰で楽しい誕生日会が出来ました☆
[PR]
by honestpumpkin | 2006-03-27 15:08 | 育児

冷蔵庫到着!

今日やっと冷蔵庫が我が家にやってきた。

旦那が先日電気屋さんで『配達は午後の14時以降にしてください』ってわざわざ言っていたにもかかわらず、やって来たのはお昼の12時40頃(ーー;)。

いや、ここはイタリア。なんとなく想像はしていたんだけどね。ドアのブザーが鳴り、応答すると『○○からです』と。
『え゛~!まだ冷蔵庫の中片付けてないよ(大汗)。それにまだ家具から冷蔵庫取り外してないし・・・』と私たち。

旦那が急いで下に下りて行き『まだ全然片付けてないんですが。それに予定では14時以降でお願いしていたのに・・・』なんて言ってみたが、冷蔵庫は既に階下で箱から出されて、いざ運ばん! の体勢(^^;)。

仕方が無いので冷蔵庫を家に運んでもらうことになった。で、古い冷蔵庫を持って行ってくれる予定だったんだけど、まだしっかり家具の中に入ってるし、冷蔵庫の中身も出してないので、『じゃぁ、明日戻ってきます』ってことになった。

はぁ~。やっぱりここはイタリア。なんかの配達があっても、時間を守って来た試しが無い。
配達のお兄ちゃん曰く『僕の配達予定表には"午前中"って書いてあるんです。』と。

お願いした電気屋のおやじが言い忘れてるらしい。なので、お兄ちゃんに当たっても可哀相だし、明日戻って来てくれるらしいから、ま、良しとしよう。いいように考えれば、もちっとゆっくり冷蔵庫の片付けも出来るし。

で、ここからが、んもー大変だった。

冷蔵庫の入ってるこの家具、高さ約210cmくらいかな。全然びくともしない。もちろんこの作業は旦那がやったんだけど、私も横で補助を勤めたり、ああだ、こうだとアドバイスしてみたり。

とにかく、最初にどうやって冷蔵庫が取り付けられてるかを理解し、四苦八苦の上取り外す。

で、次は家具。びくともしない。どうも隣の食器棚とねじでくっついてるらしいことを発見し、それを外し、二人がかりで引っ張り出す。(これがかなりの重労働だった)

それを何とか二人で廊下まで運び、廊下で解体作業。
解体するっても、外にはねじも何も無い状態で『どうやって解体するの??』状態だったんだけど、力の無いはずの私が、バキッ!!って一つのパネルを外せたのをきっかけに(^^;)、他のパネルも旦那と一緒になって外すことが出来た。

15年も経っていたこの家具、裏の部分とかが結構埃だらけだった。二人して手をどろどろにしてなんとか解体し、そしてやっと新しい冷蔵庫がそこに入るかどうかを見るときが来た。

二人してドキドキもんだったけど、ピッタリ!

良かった~。横幅、かなり心配してたんだよね。
明日、電気屋さんに扉の取り付け換えに来て貰うので、一番奥までは冷蔵庫を入れない状態にしてるんだけど、明日やっと定位置に入る予定。

唯一、残念なのが去年の夏に壁塗りをした際に(ここを参照ここに有る2枚の写真の一枚目に冷蔵庫の入っていた家具が上の方だけど、ちょろっと見えてます(左端)。)、家具の周りだけを塗ったので、家具をのけた跡の部分、もとの白い壁がむき出しになってしまったこと。冷蔵庫の上30cmほどかな、白い壁が見えている(T-T)。ま、しようが無い。塗料を余分に作らなかった私が悪いのだ。

で、この冷蔵庫の中をちょろっと紹介☆
d0009639_7285072.jpg

これが上の冷蔵庫の部分。野菜室も二つに分かれてるし、その上の段にも透明の引き出しが付いている。
ドアの部分も、色々と小分けに収納できるようになってるのも嬉しい。

で、下の冷凍庫の部分。
d0009639_7301651.jpg

半透明のプラスチックの3段の大きな引き出し。その上に(ここがポイント!)小引き出しが付いてる。これが有るのが欲しかったのよね。これが無いと製氷皿置くとこ無いし。それに、小さな冷凍物とかはここに入れられるし。

なーんて感じで、やっとこさうちにも大きな冷蔵庫が来たよ。うれしいわ~。
旦那も『冷蔵庫が変わっただけでキッチンが新しくなってみたい』だって(笑)。

あ~、でも重労働な一日だったわぁ~。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-03-21 23:52 | イタリアの生活

公園にて

明日の午後、先日見に行った冷蔵庫が我が家へ到着予定!

ただ本来の予定では、冷蔵庫の扉がもともと左開きなのを右開きに変えてもらって、うちに届く予定だったんだけど、それが諸事情により左開きのまま到着する。で、扉の取り付け換えは後日店の人がうちに来てくれて直してくれることになった。(ま、この店うちの目の前だから店の人にとっても来るのに何の問題ないしね)

なので、明日の午前中は冷蔵庫の入ってる家具の上段(物置になっている)を空にして、家具に取り付けてある冷蔵庫を旦那が取り外す作業をし、その後冷蔵庫内のものを全部取り出して空にしておかなければならない。あ~、面倒な作業。でも、古い冷蔵庫もって帰ってもらわないといけないしね。

d0009639_7132654.gif


今日の午後梅ちゃんを連れて近所の公園へ行ってきた。

梅ちゃんって子供が大好きで、自分からどんどん近寄って行ったりするんだけど、今日は近くに居た2歳半の金髪の女の子と遊びたかったらしく、『チャオ~』なんて言いながら近寄ったものの、その子恥かしがり屋さんみたいで、あまり相手にしてもらえなかった(笑)。ま、そんなことも有るよ。

で、その後場所を変えて遊んでると、今度はスリランカ人親子の子供キアラちゃん(♀:1歳3ヶ月)が梅ちゃんに興味津々で近寄ってくる。梅ちゃんも嬉しそうに『チャオ~』なんていっちゃったりして、一緒にうろうろ歩いたり、なかなか楽しそう。
でもキアラちゃんはまだ小さいから一緒に遊ぶって言ってもこうやって一緒に歩くくらいだったんだけどね。

私はいつもは公園で子供のママさんたちを見かけても、話しかけたりしないんだけど(ちょっとめんどくさいので)、今日はこんな梅ちゃんの姿を見ていて、喋ろうかなって気分になった。

おんなじ外国人だからってのもちょっと有ったからかも知れない。ま、普段も全然しゃべらない訳じゃなく、近くに居るママさんやその子のお婆さんとかにも二言三言は喋ったりするけど、私の性格かな。心のどこかで『きっと貧しい国から来た外国人って思われてるんだろうな』なんて思ってるのかもしれない。

ま、そんなことはさて置き。

この公園のすぐ近所に住んでるというこの親子。

私『便利ね、そんなすぐの所に住んでるなんて』
キアラちゃんのママ『そうね、私たちの住んでる所って一室なのよ。だから狭くてねー。ちょっとでも外に連れて出してあげたいの。狭い部屋の中じゃ息も詰まるだろうし。』

私『え?大家さんと一緒に住んでるの?』
キ『ペルー人と住んでるの。全部で4室(3室って言ったかな?)有るんだけど、そこにその人たち8人と住んでるの。だからこの子が可哀相でね。一部屋しかないから。』

この国に住んでる出稼ぎとかで来てる外国人の人たちって狭いアパートに大勢で住んでるとは聞いてたけど、こんな小さな子が居る家族でも別の国の人達とこうやって住んでるのが現状なんだ、って思った。

なんだかなー。私からは想像できないわ。とっても大変なことだと思う。
思わず聞いてみた。

私『子供が夜中に泣いたりしないの?』
キ『するわよ~。しょっちゅう泣くわ。』

うちでも、夜中に梅ちゃんが激しく泣いたりすると、旦那が目を覚まさないかって心配して、台所に梅ちゃん抱っこして逃げて行ったりするけど、彼女そんなことも出来ないんだ。もちろん、旦那さんもそれに対して文句も言えないんだろうけどね。

キアラちゃんが生まれる前からずっとこの家に居るようで、なんかキアラちゃんが新生児の頃とかどうだったんだろう、何て思わず心配してしまったよ。
新生児の頃なんて泣きまくりだっただろうし、それを一部屋の中であやし続けなくてはいけない状況。なんだか、同情してはいけないんだろうけど、彼女の背負ってる精神的ストレスやらもちろん肉体的ストレスなんか考えると、『私って恵まれてるんだなぁ』なんて思ったり。

ちょっと心配になって『同居人は夜中に泣いたりした時、文句言ったりしないの?』って聞いたら『しない』って。まだそれが何よりもの救いだね。私までほっとしたよ(笑)。

この後この親子は公園を去って行ったんだけど、また会えるといいな。
次回会えたとしたら、『雨の日とかはうちに遊びにおいでよ』って言ってあげたくなった。

いや、変な同情とかじゃなくて。
梅ちゃんも近所に住んでたのどかちゃんが居なくなってしょっちゅう遊べる相手もいなくなっちゃったし、私も彼女となら気楽にしゃべれそうな気がして。

また会えるかな。(・・・なんて言いながら、会えたとしてもキアラちゃんのママが私に気を許してくれなければ、実現することも無いんだろうけどね。笑)

ちょっと今の自分の状況のありがたさを思い知らされた午後だった。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-03-20 23:06 | イタリアの生活

冷蔵庫決定か

冷蔵庫探し、色々と何軒か電気屋さんを周り、未だに購入まで至っていないんだけど、今日やっと『これかな』と言うのに出会った。

うちのキッチンの配置条件でかなり選べるものが限られているんだけど、最終的に候補を4つくらいには絞れてた。

私たちの条件は配置の関係で、冷蔵庫の扉が薄いもの(分厚いと壁に当たって扉が開かないから。ほとんどの型が分厚い扉なんだよなーこれが(T-T)。)、容量が最低でも300ℓのもの、横幅が60cmまでのもの(これもスタンダードで出てる最低の幅。これより狭いのは冷蔵庫の背も低くなるから除外。)、霜取り機能のついてるもの、冷凍庫内の引き出しは透明のもの、消費電力がAクラスのもの(一番消費が少ないタイプ。詳しく言えばA+って言ってもっと消費の少ない物も有るけどそこまでは追求していないので)、出来れば冷凍庫に氷皿を置ける小引き出しが付いてるもの、これも出来ればだけど、取っ手の無い型(梅ちゃんが簡単に開けられない様に、と後冷蔵庫を全開にした時に取っ手が有るとその分開きが狭くなる為)、かなぁ。
冷蔵庫を置く場所にもう少し幅があれば、もっともっともーっと選択幅が広がるのに・・・。

ともかく。

今日再度初日に覗いたうちの目の前にある電気屋さんへ梅ちゃんと私の二人で覗きに行って来た。前回色々話を聞いた店員さんが居て、私たちのことを覚えててくれていたみたいで、又色々と相談してみた。

*余談なんだけど、前回行った時にこの店員さんに『日本には右からでも左からでも開けられるリバーシブルの扉があるんですよ』って言ったら、最初信じてもらえなかった(爆)。何度も説明してやっと冗談じゃないと分かった店員さん、『信じられない・・・』と。ははは。*

で、別の店で見た候補に上げているモデルの会社のカタログを見せてもらっていると、今の条件に全て適いそうないいのを発見。

これ。
d0009639_7113929.gif


展示には無くかと言ってカタログで選択するのはあまりにもリスクがあるので、又その店員さんに相談してみる。
『この型だったら値段も型も完璧なんですけど、何とかしてモデル見ること出来ますか?カタログで決めるのはリスクがあるし・・・。』って言ったら、コンピュータで在庫確認してくれて、ちょっと考えた後『じゃぁ、明日店内に出すようにしておくから明日戻ってきておいで』と。わ~い。

なので、明日旦那も引き連れてそれを見に行く予定。
家に帰ってから旦那も説得したので、おそらく何も問題が無ければこれに決定予定☆やっほー。ついに決まりそう。


☆◎☆◎☆


ここからはおまけ。
2,3日前に旦那と一緒に近所のいつも行くBARへ行った時。
いつもの様に、カフェ・マッキアート(エスプレッソにミルクが入ったものなんだけど、ここのバリスタのお兄ちゃんはお願いすると、ミルクを泡立てて、カプチーノ風にしてくれる)を頼むと、こんなのが出てきた。
d0009639_84956.jpg

『上手、上手ー☆』って褒めると、嬉しそうに自分の携帯の中のカフェ作品写真集をいーっぱい見せてくれた(笑)。馬やら牛やら鳥やらいろんなものをこうやってカフェのミルクの泡を使って作っては写真に収めてるみたい。やるね、兄ちゃん。ははは。




もう一個おまけ。

d0009639_8183320.jpgいつもはコインを入れてあげないんだけど(癖になるからね)、特別コインを入れてあげて、動くぱっかぱっかに乗れて至福のときを過ごす梅ちゃん(爆)。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-03-17 06:51 | イタリアの生活

アンパンマンのビスコット & 最近の梅ちゃん

d0009639_6331461.jpg梅ちゃんはアンパンマンが大好き。日本からアンパンマンのお菓子やらグッズが届くとそれはもう大喜びする。
でも、お菓子やら食べ物って食べたら終わりなんだよね。
終わってからも、何度も何度もお菓子を置いてる棚を指差しては『アンパンマン!アンパンマン!』と催促する。
日本からもそう頻繁に荷物を送ってもらってるわけでもないし、無いのにねだられても・・・困ってしまう(^^;)。

ある日ビスコット(クッキー)を作ったんだけど、何を思ったか渡したビスコットを手に嬉しそうに『アンパンマン! バイキーン!(バイキンマン)』と言う。どうも、私の作ったビスコットがアンパンマンだと思ってるらしい(爆)。
『これはお手軽』と思い、私もビスコットを渡すたびに『ほら、アンパンマン!』って言ってみたり、おやつの時間に『アンパンマンのビスコット食べようっか』って誘ってみたりして、私の作ったビスコットを手渡している(笑)。梅ちゃんも嬉しそうに毎回毎回『アンパンマン!』とか言ってるし。

なので、今ではビスコットを作る時も『梅ちゃん、アンパンマンのビスコット作るよ。』 『ほら、アンパンマン、もうすぐ出来るよ!』って言っている。本人大喜び。オーブンの前に自分の椅子を置いてアンパンマンが焼けるのを嬉しそうに待っている。ははは。(でも、全然アンパンの形してないんだけど(写真見てね)(^^;)。)

だって、子供にとったら結局一緒なのよ。それが本物のアンパンマンか、偽物なのか、『信ずる者こそ救われる』なんだから(笑)。だって、日本にでも住んでいるんであれば、いくらでもスーパーに行ってアンパンマンの物買ってあげられるけど、こっちに住んでるとそうはいかないからね。

心で『ごめんね、梅ちゃん(^^;)』って言いながらビスコットをあげ続ける私(笑)。あ、ちなみにずっと前からおにぎりせんべいもアンパンマンのせんべいだと思ってる梅ちゃん。
いや、これも私が言い聞かせた訳ではなく、勝手に自分からそう思うようになったみたいなので、あえて訂正してないだけ。ははは。
ま、それだけアンパンマンが好きってことよ。

d0009639_731876.gif


最近の梅ちゃん、ますます言葉が正確になってきている。
いままで、『あーとー』だったのが、ちゃんと『有難う』って言えるようになったり、『ピック』だったのが『ピノキオ』になったり、『あっこ』が『抱っこ』になったり。『消防車』やら『電車』やら『おせんべい』やら『勉強』やらちょっと難しそうな単語まできれいに発音する。

旦那の机の傍に有る本棚から、ミッキーマウスの漫画やら本やらを取って来ては、『勉強』って言いながら嬉しそうに本を見る梅ちゃん。面白い。

あと、『こっち』とか『反対』とか『大きい』とかもちゃんと意味を分かってて、その場の状況によって使っている。

後、今日急に『2歳!』って言葉を言い出した。今月25日のお誕生日までに教え込もうと思ってたんだけどすっかり忘れてて今に至ってた。で、なぜか急に『2さい』って言い出したので、『梅ちゃん何歳?・・・2さーい!』って言うやり取りを教えてみたら覚えたみたいで、すっかり『梅ちゃん何歳?』 『2さーい!』って両指を1本ずつ立てて並べて見せて言うようになった☆
可愛すぎ(^^)。賢いねー。

後面白いのが、出かける時に目に付くあらゆる物に『バイバーイ』ってあいさつをして出かけること。靴を履いてさぁ出掛ける、って時に『パッカパッカ、ばいばーい(木馬に向かって)』、『赤ちゃん、ばいばーい(赤ちゃんの人形に向かって)』、『オウム、ばいばーい(オウムのぬいぐるみ)』、『アンパンマン、ばいばーい(それまで見ていたアンパンマンのDVD)』等々。

後、ひとり遊びもかなり出来るようになったな。結構長いことひとりで遊ぶようになってくれたのは本当に助かる。今までも結構遊ぶようにはなってたけど、わたしが視界に居ないとすぐに探しに来ていたのに、それが少なくなってきた。

2歳目前にして、めきめきと成長し続ける梅ちゃん。どんな2歳児になっていくのかなぁ。

そうそう、余談なんだけどあの腱鞘炎の治療所のおじさんが『治らなかったら、どうしたらいい?』って言ったとき、レーザー治療を勧めてくれる前に『とりあえず、4,5日様子を見てごらん』って言っていた。
で、確かに今。治療前よりもかなり良くなってるのが分かってきた。義母も『この治療は結果が出るのに時間がかかるのよ』とは言っていたけど、確かに。

まだ、無理をすれば痛みが逆戻りしそうな感じはあるけど、治療前と比べるとかなり手首を動かせるようになっている。
なので、又ホームドクターにちょっと相談してみて、同じ治療を続けた方がいいのかどうか聞いてみるつもり。半信半疑で受け始めた治療だったけど、こんなに良くなるなんて意外。
このまま治ってくれるといいんだけど。

ネットで調べた一説によると、女性ホルモンと腱鞘炎って繋がりがあるらしく、ひょっとしたら断乳したことも関係してるのかなぁ。誰かの経験談でも『断乳したら腱鞘炎が治ったんです』って言ってたの見たこと有るし。
ま、なんにしても色んな要素が重なって良くなってるのかもね。

そうそう、後もう一つ。

掲示板がどうも復活したらしい。私的にはコメントを書いてくれたのの読み忘れ、読み落しが有ったら嫌だから、掲示板一本で行きたい所なんだけど、ひょっとして又使えなくなる可能性があるかもしれないから、もうしばらくはこっちのコメント欄も生かせておくつもり。

将来的に又掲示板のみにするかもしれないですが、その時は宜しくです~☆
[PR]
by honestpumpkin | 2006-03-13 23:29 | 育児

IKEAへ

昨日は旦那が午後から仕事がなかったので、梅ちゃんも連れてIKEAへ行って来た。

・・・と言っても、IKEAはついでに行ったんであって、本来の目的は隣にあるモール内のEURONICSという大型電気屋に冷蔵庫を見に。

うちの冷蔵庫、扉がイカレててそろそろ観念して新しいのでも購入しようか、と言うことになり。

こっちでは結構キッチン全体の見た目からなのか、冷蔵庫が家具の中に隠せる仕組みになっている"インカッソ"と言うタイプが多い。

このインカッソのタイプなら、見た感じキッチンに冷蔵庫がないように見える。キッチンの家具の一つの大きな扉を開くと、それが冷蔵庫の扉と合体していて、家具の扉=冷蔵庫の扉みたいになっているのだ。
キッチンは見た目はこの方がいいんだろうけど、問題はこの冷蔵庫が壊れた時。
新しいのを買いなおすのがかなりめんどくさくなる。

インカッソのタイプでも、色んなサイズが有って、うちの家具のサイズに合うものを探そうとなると、かなり種類も少なくなるし、大きさも決まってくるし、普通のタイプよりも割高だし・・・。

今のうちの冷蔵庫って結構スタンダードだけど小さめのタイプなので、容量も230ℓほどしかない。
旦那との二人暮しなら、まあこんなもんでもいいかって思うけど、子供も出来たし、これからもひょっとして家族が増えるかもしれない。
なので、私たち的にはもっと大きい冷蔵庫が欲しいのだ。

今の案では、この冷蔵庫が入った部分の家具を取り外してしまって、大きなタイプを買いたいで一致してるんだけど、家具を取り除いたとしても、大き目のスタンダードのタイプの一番小さい(幅が)のでも60cmで、どうにも入りそうにない(涙)。

理想は185cm~200cmくらいの高さの300ℓくらいの容量の分なんだけどなぁ・・・。旦那が言うには『キッチンの家具全部変えよう』とのことなんだけど、そうなるとすごい作業+費用がかかりそう。
う~。じっくり考えねば。

・・・と、前置きがこんなに長くなってしまった(^^;)。

いや、IKEAに行って、ただ今日書きたかったのは、私の好きなスウェーデン製のアーモンドケーキのことだったんだけどね(笑)。

これ。
d0009639_7463949.jpg
3種類あって、今回買ったのはチョコレートフレークが上にかかったもの。後は、ホワイトチョコ(だっけ?)がかかった分と、アーモンドが乗った分(だっけ?)がある。
前回、このアーモンドが乗った分を買って、はまってしまった。

今回のこのチョコレートの分も美味しいけど、やっぱ前回買った分のほうが私的には美味い。

d0009639_7553948.jpg旦那はIKEAに行きたがらなかったんだけど、なんだかんだ言い訳して、これを買いに(買わせに?(笑))行ってきたのだ。

行ったついでに前から買おうと思ってた小さい絵の額やら電池やらも買って、出る手前で小腹が減ったのでホットドッグを梅ちゃんと一緒に食べる。(食後の梅ちゃん(^^)→)

IKEAって、こういう休憩所でも子供用のテーブル(写真右奥)やら、ハイチェアーやら(全部IKEA製で同じタイプを販売もしている)充実してるし、トイレには子供のオムツ替えの台もあるし、とってもありがたいわ。

今回は冷蔵庫は下見に終わったので、又次回この電気屋に戻ったら、IKEAのケーキ買いに来ようっと(笑)。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-03-08 23:30 | イタリアの生活

ガイアママとお散歩

今朝、いつもよりも早めに義母に梅ちゃんを預けてから、ローマの中心街へ電車と地下鉄を使って一人で出て行った。ガイア(1歳8ヶ月)ママと久しぶりに二人っきりで会うために。

子供もしくは旦那無しでこうやって女同士で、出かけるなんてお互いに産後はじめて。
ガイアママも最近ガイアが保育園に行き始めたので自由時間が出来、私も梅ちゃんが義母宅に聞き分け良く行ってくれる様になったお陰だ。

ローマの中心街に一人で出かけるなんてほんとにほんとに久しぶりでいい気分転換になった。地下鉄に乗るのも久しぶりで、なんか一人で地下鉄に乗っていると、子供が出来る前に当たり前のように出勤で毎日乗っていた頃を思い出す。まるで、あの頃から時間が経ってない様な感じ。ふとすれば、仕事にでも向かってるかのよう。

2年間も梅ちゃんとべったり一緒に暮らしてきたはずなのに、こうやって一人で地下鉄に乗っていると『あぁ、自分には梅ちゃんが居るんだ』って考えるんだけど、なんか嘘のよう。


待ち合わせ場所のスペイン広場へ行くと、ガイアママはちょっと早めに着いた様で私を待っていた。
そこからは、喋って喋って喋り倒す(爆)。ほとんど私のオンステージ状態で喋りまくってたんだけど、ほんといい気分転換になった。

普段は梅ちゃんと旦那付きでしか会うことがなかったので、なかなか『女同士の会話』って言うのが出来なかったんだけど、今日はそれが思いっきり出来たのが嬉しかったな。

やっぱり何でも話せる友達って言うのは大切だよね。

ガイアママはガイアちゃんを保育園に迎えに行かなくてはいけなかったので、午後3時ごろに途中まで一緒に地下鉄使って行きお別れしたんだけど、私もその後旦那の仕事がちょうど同じくらいに終わったので、途中で会って一緒に帰ってきた。

いったん家に帰り、晩ご飯の用意をある程度済ませて、さあ梅ちゃんを迎えに行こうって言う時に旦那が義父母に一本電話を入れる。

旦那『今から迎えに行くから。梅ちゃん今日は何食べたの?』

義母『パスタとね、セコンド(メインディッシュ)を食べさせようとしたけど、セコンドの方はあまり食べなかったから、16時ごろにそれをちょっと食べさせたのよ』

と、この時点で旦那が怒りだす。

旦那『母さん、昼ごはんを残したら、もうそれを又そんな時間にあげないでって何度も言ってるじゃないか。前にも言っただろ、おなんじ事した時に。そんなことしてたら、梅ちゃんが「残しても後で食べられる」って思うようになるし、第一太る原因になるんだよ。それに、昼ごはん、晩ご飯の時間って言うリズムが本人に分からなくなるだろ。云々。』

でも、義母は『でも結局一口しか食べなかったのよ』なんて言い訳してたんだけど、旦那すっかりお怒りモード。

『そういう問題じゃないだろ。だいいちなんでそんな時間にお昼ご飯の続きを食べる訳?以前にも言っただろ。なんで、言った事を理解できないの。』と。

これは私も同感。ほんと止めて欲しい。あの人たちって、梅ちゃんが離乳食を始めた頃から、『体重が伸びないのは食べないせいだ』とか、『この子は食べない』とか勝手に決め付けてたもんだから、最近長時間預け始めた梅ちゃんがよく食べるのを見て、嬉しくてしょうがないらしい。
で、果てしなく、エンドレスに食べさせ続ける。
甘いものも、ご飯の残りも。

梅ちゃんって離乳食始めた頃からも、偏食は有ったけど、ちゃんと食べていた。それにおっぱい飲みまくってたからね。ちゃんと食べてたのに、義父母の前でたまたま食べないのを見て、勝手に『食べない』って決め付けてたんだよね。体格見たらすぐ分かるのに。食べてるか、食べてないか。でも、彼らにとったら、"彼らの目で食べてる姿を見ない限り"食べてないことになるのだ(ーー;)。

その反動が今。

私が梅ちゃんを義父母宅に預ける唯一の心配事がこれなんだよね。ヨーロッパの中で一番にイタリアの子供達がオーバーウエイトの問題を抱えているらしい。
テレビで聞いた所によると、それもやっぱりイタリアの爺婆が何でも食べさせる、甘いものをほしいままに食べさせるかららしい。

義母と電話で喋っても埒が明かないので、『父さんに代わって』と、義父と電話で喋り始める旦那。こういう時は義父から言ってもらうのが一番効くのだ。

でも、その義父もこれに関しては義母と同様『梅ちゃんの欲しいままにあげた方がいいんだ』などと言い出すもんだから、旦那の怒りもエスカレート(▼▼)。

電話切った後に『もう、あいつらには預けない。月にどんだけお金がかかろうと、プライベートでもいいから保育所に入れて奴らには預けーん!』などと吠え始める(^^;)。

まぁ、ねえ。どうしたもんだか。

私からも何度も義母には言ってあるんだけどね、あの人いつも『Si,Si (はいはい)』って返事をして右から左。人の言うことなんか聞いてもいない。

でもこのままいくと梅ちゃん豚一直線間違い無しって感じ。

ちなみにガイアちゃんのパパ方の婆もガイアちゃんに一時食べさせまくっていたらしい。ガイアママも一日に7,8回うんちをするガイアちゃんを見て、義母に注意したらしい。

でも彼女の所は義母は遠くに住んでて、たまーの旦那の里帰りの時しかガイアちゃんと会わないんだから、まだうちよりはかなりマシよね。それに、その義母さんちゃんと分かってくれて、毎回何かあげる前にガイアママに『これあげてもいいかしら』って聞いてくれるようにもなったらしいし。

ほんと、このイタリアの爺婆事情、何とかならないかしらね(^^;)。

そうそう、ここ最近、梅ちゃんが自分のことを『うーちゃん』って言い出した。自分のことを指差しては嬉しそうに『うーちゃん!』、座っては『うーちゃん、おちんとん!』、寝転んでは『うーちゃん、ねんね!』。面白い(≧∇≦)。

先日突然始まった夜泣きの方も未だにするかな。昨晩は午前3時から5時まで抱っこで付き合わされた(涙)。やっぱり歯かなぁ~。朝までゆっくり寝させてくれよ~(T-T)。

d0009639_756216.gif


そうそう、なぜか昨日辺りからコメントを書き込む掲示板の方が開かなくなってしまいました。
一時的なものなのか、ずっと開かないままなのか分からないですが、こちらの日記に直接コメントを残せるように設定したので、皆さん宜しく!

掲示板にコメントまとめた方が、私にとっても、読む人たちにとっても読みやすいかな、と思ってやってたんだけど、仕方ないね。最近変なHなサイトからのコメントが入りまくってたし、この方がいいのかな。もし、又あっちが開けるようになったら、考えます。どっちがいいか。
それまでは、こちらによろすくです~♪
[PR]
by honestpumpkin | 2006-03-06 23:52 | イタリアの生活

最近の色々&のどかファミリーとのお別れ

ここ3日ほどなぜか梅ちゃん夜泣きが・・・。夜中に突然泣きだすのだ。それもなんか不快感か痛みが有るような感じで。

運が良ければ、側に居ればそのまま寝付いてくれるけど、ひどい時は泣きが激しくなって、抱っこしなくてはいけない状態に。昨晩から今朝にかけてはひどかった。1時間おきくらいに、ぐずぐずするもんだから、こっちも寝た気がしない。

夜中もぐずぐずし始めるたびに心の中で『このまま静まって寝てくれ~!!!』だった(^^;)。こっちが寝てるの起こされて抱っこさせられるのって辛いからねぇ。

なんでかなぁ。夜中になると、こんこん咳をしてしんどそうに寝息を立てるときもあるけど、それのせいの様でもないし。

最後の2本の奥歯が出てこようとして疼いてるのかな。それとも、成長するときって骨が伸びるときに痛みがあるって聞いたことあるけど、成長の過程のなんかの痛みなのかな。

う~ん、なんにしても、また以前のようにすやすや眠ってくれる梅ちゃんに戻りますように。

今日はお陰で寝不足プラス頭痛で朝からイライラ。梅ちゃんを迎えに義母が来てくれたんだけど、それのアポを取るのにも、義母の勝手な予定に強引に合わされそうになって朝からムムーっだったしね。はぁ~。ま、でも預かってくれたから、今こうやって少しの自由時間が出来たんだけど。

☆◎★◎☆◎★◎☆


そうそう、昨日で腱鞘炎の治療がやっと終了した。
結果は・・・う~ん。あんまり変わりないな~って思ったけど、それでもちょっとマシになったような気もする。手首を動かすのが少し楽になったような。

でも、長いことこの腱鞘炎をもってるせいで、自分の手をかばいながら使うことに慣れたせいなのか、とも思ったり。ま、せっかくお金もかけて治療したんだし、きっと少しは良くなってるんだろう。←と思うことにしよう(^^;)。

治療所のおじさん(って言っていいのか?ドクターというべき?)に、『これで良くならなければどうしたらいいのか』って聞いたら、残す手段はレーザーを使った治療しかない、と。レーザーを使うと、炎症のもっと奥まで治療効果が行き届いて、より良い効果が出るよ。と。

でも、言い方からして結構治療費がかかりそうで、おじさんも『フロントで治療費確認してごらん』と言うので、帰りに聞いてみた。
一回につき21ユーロで、大体20回くらいはやらないといけないらしい。
ひえ~。全部で420ユーロ(約58,800円)??そんな高い治療受けられません(^^;)。
(あ、ちなみに今回通った治療所は物理療法を行う治療所だった)

ちょっと、またホームドクターにでも相談してみるしかないな、他に手は無いのか。義父母は整形外科医に行く事を勧めている。

ほんとこんなに長びいてこんなにめんどくさいなら、腱鞘炎起こした時にすぐに何らかの治療受けとくべきだったね。
d0009639_23155243.gif

話は変わり・・・
私たちファミリーとあんなに仲良くしてくれていたのどかファミリーがイタリアを発ってしまった(T-T)。
のどかパパのお仕事の関係でいったん日本に帰ってしまうことになったのだ。

今週の月曜日に発って行ったんだけど、やっと梅ちゃんとのどかちゃん、二人で仲良く遊び始めたばかりだったのに。今までは一緒に遊ぶって言うよりも、一緒に居ても個々人で遊ぶか、おもちゃの取り合いをする、みたいな関係だったのが、ほんと最後になって一緒に遊び始めたのに。(のどかちゃんがずっと梅ちゃんのこと怖がってたからね(笑))

のどかママも、とっても気の合ういい話し相手でお互いにストレス発散させたりしてたのに・・・(T-T)。

ま、長い人生色んな出会いがあって、色んな別れがあるもの。彼らの新しい出発を応援してあげないとね。
d0009639_231128.jpg

で、またひょっとしたら、イタリアに戻ってくるかもしれないし...。

のどかママは梅ちゃんにとったら2番目のお母さん、のどかちゃんにとって私って叔母さんのような存在だったから、これから会えなくなるのは寂しいけどね。

Life goes on...

彼らが発った後も、こうやっていつも通りの生活が始まるとそう思う。こうやって、人生は自分の意思にかかわらず前に進んでいくんだなぁって。

彼らとのまたの再会を夢見て、がんばろっと。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-03-02 22:30 | イタリアの生活