<   2006年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

梅ちゃん便秘事件

今回はかなり愚痴入ってます。ネガティブ思考がいやな人は読まないほうがいいかも(^^;)。で、結構長いです。

**************************************

あ~~~~~~っっ、うるさ~~~~~~いっっっ!!!!!

誰がって?義母よ、義母(ーー;)。
今朝も義母との電話を切った後、桃ママに電話してマシンガンのごとく愚痴ったよ。

たいがい私も色んなこと言われても、眉間にしわは寄せながら聞き流してるつもり。
言われたことを書き出すと本が一冊できるくらい長くなるので全部は書けないけれど、今回は梅ちゃんの便秘事件。

梅ちゃんって通常、お通じは良くて毎日する。よく出る日は一日2回。
でも、たま~に2日ほどでない日とか有るんだな。でも、3日目には必ず出るし、でた後は又通常通り、お通じの良い日が続く。

出なくなるときって、大体が私が野菜を食べさせない日が続いた時。
注意してミネストローネ(野菜スープ)を食べさせるようにはしているんだけど、ここ最近お通じが快調だったもんだから、何日かあげてなかったんだよね。

でも、夕食で私や旦那が食べる野菜とかは偶につまませてはいたんだけど。

それに、一日おきに義父母宅に預けているけど、どうも彼らも梅ちゃんには一切野菜を食べさせてなかったみたい。

今回のことで、義母に「普段からそちらでも野菜を食べさせてね」って言ったら、「この子は食べないのよ」なんて言うんだもん。

いや、お義母さん、梅ちゃん野菜スープならお腹すいてるといっぱい食べるんですけど・・・。それに生のトマトも食べる時は丸々一個食べる。

なんて言ったら「私がミネストローネを作ったときは全く口にしなかったわよ」と半信半疑。

もう、この時点で結構嫌気がさしていたので「きっとお義母さんが作るミネストローネの味が口に合わなかったんだと思うわ」なんて言っといた。

いやいや、私がうんざりしてるのはこんな事ではなく、彼らの心配性。
今回の梅ちゃんの便秘でどんなに心配したか。

ことの始まりは月曜日。

バスタブや便器等を扱うお店に旦那と梅ちゃんとで行った時のこと。

この日とその前の日はうんちをしていなかった。その前の日は義父母宅に居て、私もお義母さんに梅ちゃんがその日うんちをしたかどうか聞くのを忘れていたんだけど、梅ちゃんの様子からはどうもしなかったのかな。

で、このお店で展示品の便器やらビデやらを見ていると、どうももよおした様子の梅ちゃんがいきみ始めた。
でも、出なくて半泣きで気張っている。すごく辛そう。本人も展示品の便器に腰をかけるといって聞かない。でも、「座らないでください」って書いてあるから、いくらオムツをしたままとはいえ、座らせられなくって、「梅ちゃんごめんね。ここは座れないんだよ。」って言ってなだめた。

そう言うのが、店内をうろうろしている間にも3,4回はあったかな。

この日の朝も同じように半泣きで気張ったけど出なかったので、「あれ、便秘かな」くらいに思ってたんだよね。

で、帰りの車の中でも半泣きで気張りだし、私の座っている足の間に立たせて、梅ちゃんのお尻を外側に引っ張る感じで手伝ってあげたら、大きい固いのが出た。

でも、おしりがかなり痛いみたいで、家に帰ってオムツを換えるときも泣きっぱなし。可哀相に。でも、結構な大きさが出たから、これで便秘は解消したかな・・・と思いきや。

次の日(昨日)義父母宅に預けた時も同じ事が起こったらしい。

夕方迎えに行くと、お義母さんとっても心配そうな顔で「今日は何度も苦しそうに泣きながら気張ったんだけど、これだけしかうんちが出なかったのよ」と、汚れたオムツを見せてくれた。
小さいのがコロンと一つだけ。(汚い話でごめんなさい)

そこからもう、なんどもなんども梅ちゃんが苦しんでた様を聞かされる(ーー;)。

「お義母さん、今朝も言ったでしょ。梅ちゃんがちょっと便秘気味だって。昨日も同じだったから、どんな感じかよーく知ってるわ。今日はミネストローネを用意しといたから、家に帰ったらすぐに食べさせるわ。大丈夫、心配しなくても。で、気張りだしたら、お尻を開いてあげてさせるってコツもあるし。」などという会話をして、義父母宅を後にした。

家に帰って、梅ちゃんにミネストローネを上げるとすんごい量を食べてくれた。良かった。それにお通じを良くするクルスカ(麦の皮で出来たパン)も食べたので、これで大丈夫かな、なんて思ってると、早速義母から電話が。

第一声は「梅ちゃんはうんちをしたの?うんちをちゃんとさせた?」

私「・・・・・・・・・・・。お義母さん、そんなに心配しないで。ちゃんと私が付いてるから。それにうんちなんてさせようと思って出来るもんじゃないのよ。梅ちゃんが気張りもしてないのに出る訳無いじゃない。」

お義母さん「そうね、でも、今日は梅ちゃんはほんとにほんとに苦しんで半泣きで気張っていたのよ。(何回聞いたかこの台詞)」

私「お義母さん、知ってるって言ったでしょ。昨日一日その様子を私も見てたんだから。彼女が辛い思いをすると私も辛いのよ。でも、大丈夫よ、今晩ミネストローネをお茶碗2杯分は軽く食べたし、クルスカも食べたから。あとは様子を見るしかないわ。」

なんて会話をしてたんだけど、この後もいつものごとく、ミネストローネの材料は冷凍食品なのか、新鮮な野菜なのか、にんじんは食べさせなかったか(便秘を招くので。もちろん外したわよ!)、どういう風に料理したのか、おしりの穴にすべりを良くする為にオイルを塗った方がいいとか(最低5回は聞いてるね、この台詞)、浣腸もやってみた方がいいとか、etc.etc.・・・・(ーー;)。ほんっとにまるで尋問受けてるみたい。こんな調子で、毎回よ、毎回。

可愛いのはそりゃあ分かるし、私も出来ることなら義父母ともうまくやって行きたい。だって、私がどんなに嫌っても、梅ちゃんにとったら実のお婆ちゃんとお爺ちゃんなんだし、私の、もう居ないけど、同居してた父方のおばあちゃんもうちの母を結構若い時に色々と苦しませたみたいだけど、私にとったら大事なおばあちゃんだったから、出来るだけ梅ちゃんにもお爺ちゃんお婆ちゃんの存在価値も分かってもらいたい。

それに、何か困った時に頼らなくてはいけないのも彼らだしね。

でも。

何回も電話してきて、梅ちゃんの便秘をどんなに心配してるか言うのは止めて欲しいんだよねぇ。
今朝も早くに(通常こんな時間にはかけてこないのに)、電話してきて又第一声に「梅ちゃんはうんちした?」

私「・・・・・・・・。まだ。お義母さんほんとに、もう心配しないで。」なんて言ってると梅ちゃんが気張りだしたので「お義母さん、気張りだしたから行くわ。」って言うと、

義母「分かったわ。うんちが出たらすぐに電話しなさいよ!」 

私「はいはい」(溜め息)

で、この後やっとこさ固いのがごろごろ・・・っと出てくれた。結構出たからこれでもう大丈夫かな。

で、言われたとおりに電話したけど、もうかなりこっちもうっとおしくなってたので、お義母さんに吠えようかとも思ったんだけど(笑)、必死でこらえてうんち報告をする。

またそこからだらだらとおしゃべり好きな義母のオンステージを相槌打ちながら聞く私。

ほんっとに大袈裟なくらいの心配性なのよ、こと孫にかかると。

明日は義父母宅に預ける予定。はっきり言って預けたくないんだけど、ここで預けないと梅ちゃんがほんとにうんちしたのかどうか未だに半信半疑な義母がもっと心配するので仕方なく預けることにしている。(今晩も電話してきたからね。うんちはしたのかって。今朝したって言ったじゃない。)

でも。

昨日の夕方義父母宅から帰ってきた後に気付いたんだけど、梅ちゃんの左眉上と右腕に大きな蚊に刺された痕がある。

はぁ~(溜め息x3)。どうしよう。又心配しだすよ、これ。蚊に刺されただけでも大騒ぎするからね、義父母ともに。毎回「ただの蚊よ」って言ってるんだけど。

で、第一声は「可哀相に!!」のはず(^^;)。ちょっとした擦り傷でも「どうしたの!?」だもんね。

で、きっと梅ちゃんを迎えに行ったら、この蚊に刺された後に歯磨き粉が塗られてるはず(ーー;)。(歯磨き粉は爽快感を与えてすっきりするかららしい)
で、私は延々と家に蚊取り線香をたくように指示されるはず。

あー、もう頭が痛い。

でも、うちの義母、ほんとに細かいのよ。日曜のご飯の日なんか、私の後ろに付いて逐一私のすることを色々と注意したり指図したりするくらい。

いやもちろん厳しい言い方なんてしないんだけど、私が「これでいいの」って言うと、まるで「梅ちゃんがそれじゃあ可哀相」ってな顔されるの。

はぁー。もう。梅ちゃんが30度を越す日に水で手を洗ったからって、どうもならないわよ、ったく。でも、ここで水を止めてお湯を出す義母。

洗った梅ちゃんの手も、私ならざざざって拭いておしまいだけど、義母は「だめよ、ちょっとかしなさい」で、一本一本丁寧に拭く。

こんな感じ。すべてが。ま、イタリアのマンマって下着のパンツやタオルにまでアイロンかけるのが普通だからねぇ。わたしゃ、そこまで出来ません。

結構、私来てるね。ははは~。
今日はこんなに愚痴ってしまって、ここまで読んでくれた人、有難う&お疲れ様でした(^^;)。

ちょっとはすっきりしたわ。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-05-31 06:30 | 育児

ピアノの発表会

昨日はPallina姐と彼女の同僚の教え子達のピアノの発表会がローマの中心街であったので、梅ちゃんと二人で電車とバスを使って行って来た。

d0009639_6425386.jpg会場は有名な遺跡マルチェッロ劇場(この劇場は、ジュリアス・シーザーによって着工され、アウグストスによって完成され、一万人もの人を収容できたそうです。そしてこの劇場の上には、16世紀に、オルシーニ家の人達が宮殿を建てていたそうです。)のすぐそば。

←梅ちゃんの後ろの方の丸い建物がそう。一見コロッセオに似てるね。

私たちはちょうど発表会の始まる直前に着いた。良かった、間に合って。受付に坊母さんが立ってらっしゃったので、軽く挨拶をして中へ。

私的には「梅ちゃんに発表会が何か、が分からなくても、子供達がピアノを弾いている姿を見せてあげたい」って気持ちで行ったんだけど、なんかあんまり反応がなかったな(ーー;)。

ま、別に将来ピアノを絶対習わせたいから・・・みたいな乗りでもなく、いろんなものを見たり聞いたりして、本人の好奇心を少しでもくすぐられたら、位の乗りで行ったしね。あんまり反応なくても、少しでも何か心に残ってくれてるかもしれないし。

家でピアノをよく弾きたがるから、もうちょっと喜ぶかな、とも思ってたんだけどねー。ははは。

ま、又来年連れてくれば、違った反応が見れるかもしれないしね。

d0009639_6523942.jpgで、私も子供達がピアノを弾く姿を見るのは結構好きだな。
こう、可能性に満ちているって言うか。

発表会では、生徒さんたちはイタリア人の生徒さんたちが7割くらい(?)で日本人生徒さんたちは3割くらいだった。日本人の生徒さんたちはみんないかにも日本人駐在員さんファミリーっぽかったな。

で、休憩中にPallina姐にも言ってたんだけど、日本人の生徒さんたちって全然イタリア人の生徒さんたちよりもテクニック的にめちゃくちゃ上手いんだよね。見てても、普段から家で一生懸命譜面を読んで練習しているのが分かるくらい。これが、日本人とイタリア人の文化の差なのかねぇ(笑)。

第一部の一番最後を飾った日本人の男の子(12,3歳くらい?)、そりゃあもうすっっっごく上手くて吃驚したよ。
旦那にその子の弾いた曲言ったら吃驚してた。(あ、ちなみにうちの旦那、その昔ピアノの先生をしていたことがあるので) あんな子持った親御さん、そりゃあ自慢の子だろうなぁ(笑)。

その前に弾いた日本人の子も結構上手くて、それでも感心してたのに、その後にこのトリの子。うわ~、将来ピアニスト?って感じだったわ。
いかにも賢そうな子で、演奏が終わったら急いで両親と一緒にテニスのラケットを担いで、帰って行ってたから、きっとテニスのレッスンでも有ったのかな、あの後。

・・・てな具合で私が感心しながら、演奏を聞いてた中梅ちゃんと言えば、
d0009639_745419.jpg

ぼりぼりぼりぼり・・・クラッカーを食べ続ける。

いや、私は少し黙らせる為に欲しがるままに与えてたんだけど(爆)。

だって、あの静まり返ったホールでのピアノの演奏中に、「おっぱい!」なんて言うんだもん(ーー;)。あんた、卒業したんでしょ、おっぱい。
イタリア人ばっかりの中だったらいいけど、日本人の人たちも結構居たからねー。恥かしいったらありゃしない。

で、第一部が終わり、第2部が始まるまでの休憩時間もこうしてアイスクリームを食べ、
d0009639_781736.jpg


第2部がやっと始まったと思ったら、「帰る!」の一点張り。

仕方がないので、最初の生徒さんだけ聴いて帰ることにした。


私の住んでる街へ行く電車ってどんなのかと言うと、
d0009639_7102974.jpg

こんな感じで大体が落書きだらけ(>_<)。

d0009639_7125666.jpg窓にまで落書きされてるから、外も見えない。・・・って言うか、落書きされていなくても、窓も全然掃除されてないのか、どろどろで汚いので外が見えない状態。










d0009639_7143575.jpgそれにこんな誰かが蹴って開いたであろう穴まで(ーー;)。












d0009639_7153975.jpgこんなごみが落ちてるのなんて日常茶飯事。それに、始発でこれよ。普通始発だったら、もちっと綺麗にしてない、普通?

あ、でもこの日のこの電車はこれでもまだ綺麗な方だったな。電車の中の壁とかの落書きが掃除して落とされてたから。(うっすら落書き跡が残ってたけど)
偶にかなり下品な落書きとか有るもんね。こんなの子供に見せられないよー、みたいな。

最近新しく改装された綺麗な車両も走り出してるみたいだけど、それもきっといずれは落書きされまくっていくんだろうなぁ。ローマの若い子達に・・・。ほんとどういう教育されてるんだろうね。

で、電車大好きな梅ちゃんは・・・

d0009639_7202183.jpg

こんな感じで電車のチケット咥えて超ご機嫌(笑)。
この写真梅ちゃんに見せたらかなりウケてたわ。ははは。自分でやって自分でウケるなんて幸せな子だね。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-05-28 23:36 | イタリアの生活

赤ちゃん返り?

少し前に、日記で梅ちゃんが夜泣きをすることを書いたけど、一時マシになっていたのに最近又ひどくなってきた。ここのところ連日夜中に泣いて起こされる。

で、毎回「こっちー(PCのある部屋)、くっくー(室内靴を履かせろ)」って言いながら泣く。

運が良ければ(ほとんど無いが)、なだめるとそのまま寝付いてくれることもあるが、大体が梅ちゃんの命令通り、室内靴を履かせてゆらゆら~っと家の中を徘徊orPCの椅子に座って眠りにつくのを待つ。

歯のせいだと思うんだけど、それだけじゃないのかなー。母は辛いんだよー(T-T)。
で、ここの所寝不足続きで昼間っからあくびばっかりしている。

今朝はひどかったなー。3回起きた。3時、6時半、7時。今回はすぐに寝付いてくれはしたんだけど、こんなに小刻みに起きられちゃぁ、休んだ気がしない。もちろん私は抱っこしながら起きて、PC電源点けて、座って抱っこで寝付くのを待つという状態。

なんだか、おっぱいあげてた頃みたいに小刻みに起きるね。

おっぱい・・・と言えば、2週間ほど前だっけか、他の子がおっぱいを飲んでいる姿を見て、急に思い出したかのように家でも「おっぱい、おっぱい」って言うようになった。

「冗談でおっぱい飲む?」って聞くと「はい」って。で、おっぱい出してあげてみるも、おっぱいを吸うことはなく、おっぱいにチュって。毎回。それが最近では毎日。見てるとなんか、触るだけでも精神安定剤になってるみたいにも見える。

偶にセルフサービスで、私の服を捲り上げて「おっぱいおっぱい」って言いながら、頬をすりすりしたり、チューしたり(笑)。

・・・・でも。

梅ちゃん、それおっぱいじゃなくって、お腹の贅肉なんですけど(ーー;)って時も有る(爆)。

おっぱいはちゃんとおっぱいって認識してるけど、お腹のこの贅肉も好きらしい(汗)。

か、少し前に私が梅ちゃんをはらんでた時の大きなお腹の写真を見せて、「この中で梅ちゃんねんねしてたんだよー。」って言ったせいもあるのかもしれないけど。そん時はお腹にすりすりしながら、「梅ちゃん、ねんねー」なんて言ってたからね(笑)。

それに。

最近下駄箱をちょっと片付けて、梅ちゃんの去年はいてた靴を外に出したんだけど、その中の去年履いてたサンダルを発見し、「履くー!」って言い出した。

あんまりにもしつこいので履かせたんけど、もちろんサイズは全然小さくて指がはみ出てる。

だから「梅ちゃん、赤ちゃんみたいー。これ赤ちゃんの靴だよー。梅ちゃんはもう赤ちゃんじゃないから、これは小さすぎるよー。」って言ったんだけど、嬉しそうに「赤ちゃんみたい!」って喜んでる(ー▽ー;)。

で、2日前のこと。
外を散歩中に、おしゃぶりをしている子供を発見(って言っても至る所にそういう子居るんだけど)。そこから家までず~~~っと「ちゅっちゅ!ちゅっちゅ!(おしゃぶりのこと。ちなみに伊語ではチュッチョが正解)」と騒ぎまくる。ベビーカーの上であんまり暴れるので「分かった、分かった!家に帰ったら梅ちゃんが赤ちゃんの時に使ってたの有るから、それ出したげるからちょーーーっと我慢して!」って何とか押さえ込み、家に着いたら忘れてるかと思いきや、いやいや。

子供の記憶力はあなどれないね。

家に着いてから「ちゅっちゅー!ちゅっちゅー!」って騒ぎまくり。

(ーー;)。

引き出しの奥に閉まっていたチュッチョを引っ張り出してきて渡すとこれまた嬉しそうにおしゃぶりしだす梅ちゃん。

で、去年のサンダルも「履く~~!」で、履かせるとまたもや嬉しそうに「赤ちゃんみたい!」って喜んでる。

なんか、こういう最近の梅ちゃんの行動見てると、「これって赤ちゃん返り?」なんて思ってしまった。

ちなみに今日の散歩の時の写真。
d0009639_722856.jpg

梅ちゃん、おしゃぶり逆さまなんですけど(ーー;)。

昨日は散歩に行く時にも去年のサンダルを履くって言って、どんだけゴネたか。10分くらい玄関で泣きじゃくって「履くー!」って騒ぎまくったね。何とか言い聞かせて別の外出用を履かせたけど。あんなの履いて外出たら恥かしいじゃん。まるで、「この子は自分のサイズに合った靴も買ってもらえないのね」なんて思われるのもイヤだし。

d0009639_795516.gif


d0009639_75544.jpgそうそう、今日キッチンのカーテンを新調した。
朝市で可愛いのが有ったので思い切って買ってみた。
この店のお兄さん、セールスがとっても上手くて、半分乗せられたような気もしたけど、買ってみて正解。かなり気に入ってる(^^)。

d0009639_772189.jpg風船を持った可愛いくまさんたち(=^^=)。

こんな柄、独身時代なんて考えられなかったね(爆)。もう何もかも梅ちゃんのこと考えて買っちゃうからね。




梅ちゃんもこのカーテン見て、「くまさん!可愛いねー。」って嬉しそうにしてた♪

今日は昼から、超大型日曜大工店に行って、その事もUPしたかったんだけど、もうそろそろ寝る時間になったので又次回・・・って言うことで。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-05-26 23:24 | 育児

桃ちゃんと海へ&初うんち@便座!

前回に続き海ネタ。

昨日は、桃ファミリーが海に行くのにこちら方面へ来るというので、便乗させてもらった。

桃ちゃんも梅ちゃんもお互いに会えるのをかなり楽しみにしていたよう。うちまで桃ファミリーが迎えに来てくれたので、桃パパの運転する車でうちから車で5分ほどのビーチへ。

d0009639_692560.jpgここのビーチ(ここ参照。去年行った時の写真です。)は遠浅で通常結構子供づれのファミリーが多い。

が、昨日は車でそこまで行ったら、ビーチの道路沿いの所をずーっと工事してる(-△ー)。で、ビーチも結構枝やら砂の上に焦げた跡やらがあるし、風もあったので波もあって水も濁ってるしで、ちょっと残念だった。せっかく、桃パパに「お勧めのビーチは?」って聞かれて勧めた所なのに・・・。

波も結構有ったので、梅ちゃんは結局水に入れず。でも本人は砂遊びに必死になってて、ずーっと動かずに同じ場所で黙々と遊んでた。

私なんか”海に行く”って言ったら、荷物は梅ちゃんのオムツの替えとおせんべいと水くらいで最小限にしてちょっと散歩の延長くらい・・・で出かけるんだけど、桃ファミリーは軽食+デザートまで持参ですごい!桃ママ、お母さんしてるよねー。ちょっとは見習わないとね(^^;)。
d0009639_6165585.jpg


桃ちゃんと梅ちゃんは、この位の月齢の子特有の「他人のものは自分のもの。自分のものは自分のもの。(笑)」で、スコップを取り合いしたり、他の遊具を取り合ったり。
ま、こういう過程を経て協調性も学んでいくんだろうから、見守るしかないね(^^;)。

d0009639_6255863.jpg可笑しいのが、ものを取り合ったりしてもお互いすごく好きなんだよね。砂浜を後にした後も、その隣にあるポート(ローマ港)へ行くことになり、各自の車で(旦那が迎えに来てくれたので)向かってる最中、桃ちゃんは「梅ちゃんは?」、梅ちゃんは「桃ちゃんは?」って車の中で騒いでたくらい(爆)。

昨日は桃ママに桃ちゃんの入らなくなったお古のサンダルを貰ったんだけど、梅ちゃんかな~り気に入ってしまい、家に帰った後サンダルを洗い、それを干してるのを見て「履く!」と。
で、昨日は寝るまで家の中でずっとそれを履いてて、今日も一日ず~~~っと、「ピンク くっく!」で、他の靴を履こうとしなかった(笑)。有難うね、桃ママ。

でも砂浜用だから、普段履きを履いて欲しいんだけど(^^;)。しばらくは言っても無理そうだね。

d0009639_630260.gif


話は変わり今日の話。

梅ちゃんのトイレトレーニングって、「そろそろあったかい季節になってきたし本格的に始めなくちゃな~」なんて気楽に考えてはいたもののまだ真剣に始めてなかった私(^^;)。

でも。毎晩お風呂に入れる前には一応補助便座に座らせてみたりはしてた。・・・って言うのも、しょっちゅうお風呂に入れた途端、お湯の中でおしっこをしてしまうから。

でも、一回成功したくらいで、その他は「出ないー」って言うから、補助便座から下ろしてお風呂に入れると、中でじゃー・・・・(ーへー;)がほとんど。

ま、この位しかやってなかったんだけど、今日義父母宅へお昼に行っていた時。
ご飯を食べて終わりそうなときに「うんち!」って言うから、「やったの?ほんとにうんちした?」って聞くと「はい」って返事をする。
で、臭いをかいでも臭いなし。オムツの中を覗いてみても出ていない。

で、「出てないじゃーん。」ってほったらかしてると又「うんちした!」って言う。もいっかいオムツを覗いてみても何にも無い。

「梅ちゃん、おならだよー。出てないよー。」って言ってたんだけど、「ねんね、ごろん!(うんちをした時にオムツを替えて欲しい時に言うせりふ)」って言って、私の手を引いて奥のいつもオムツを替える客室へと連れて行こうとする。

しょーがないなー・・・なんて思いながら、そこまで付いて行ったんだけど、なんか部屋の前の廊下で気張りだす梅ちゃん。
なので、うんちが出るまでしばらく様子を見よう、とそっと見守っていた。

で、今度はその隣にあるバスルームに向かう梅ちゃん。で、バスルームの中で一生懸命気張ってる。
「いいよー、ゆっくり頑張ってね。お母ちゃんここで待っててあげるから~。」って言ってたら、便器の方に行こうとする。

「えー?梅ちゃん、ここでうんちしてみるー?」なんて言いながらも、心の中では“もったいない性”の私が『えー、でもきっと梅ちゃんのこと。ここで便器で頑張らせても結局せずに下りて、で、新しいオムツに変えたらきっとすぐに中でして、又オムツ替えることになって・・・あー、おむつすぐに換えるのもったいないなー』(こんなこと言ってたらトイレトレーニングなんか出来ないね(笑)なんて思いながらも、「ま、いっか。仕方ない。じゃ、梅ちゃん、トイレで頑張ろうっか。」って、便座に座らせてみた。

すると。

うーん、うーんって必死に気張りだして、あっと言う間にでっかーいのがぼたぼたぼたっ!って落ちて来た(汚い話でごめんなさい(^^;))!!

第一弾の後、しばらくして小さな第2弾。

すごーい!!初めて便器でうんちしたよー。全然期待もしてなかったのに。やっぱ、もったいない、なんて言ってずにやらせてみるべきだなー。

可笑しいのが、一応うんちは流さずに、それにお尻を拭いた紙もうんちにかからないように便器に捨てて、皆に報告に行くと、ぞろぞろと義父母と旦那がこの記念する“初うんち@便器”を見にやって来た。みんなとっても嬉しそう(笑)。

で今晩はお風呂の前に補助便座に座らせたらおしっこも!なんと言う偶然(?)。
この調子でこれからも行ってくれたらなー。

なので、「ちょっとここでトイレトレーニング頑張らなくちゃ」なんて思った日だった(笑)。
いや、ほんとめんど臭がったらだめだよね、うん。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-05-21 23:54 | 育児

初海!

今朝、うちから徒歩3分の所に住むハンガリー人のママ友(アレッサンドロ(2歳11ヶ月)&マルティーナ(6ヶ月)のママ)から電話が有り、彼女が夏の間カビーナ(着替えをしたり荷物を置くことの出来る小屋)を借りているプライベートビーチへ誘ってくれた。

前々から誘ってもらっていたんだけど、お互いの都合が付かず今日やっとそれが叶った。今年初の海☆

今日はとってもいい天気。もう夏!だ。

d0009639_632571.jpg私は海に海水浴に行くって言うよりも、彼女とずいぶん長いこと落ち着いておしゃべりをしていなかったので、半分それが目的で。それに、一年前の梅ちゃんは初日は海の水を怖がって入ろうともしなかったし、今年の反応もどうなるのかなぁ・・・なんて思っていたから、慣らしのために今日は水着は持参せずに行った。

今日はサンドロ(アレッサンドロ)に会えると思っていた梅ちゃん。出かけるときから「サンドロ!サンドロ!」って言ってたんだけど、残念ながら今日はサンドロは幼稚園の日。
代わりにマルティーナちゃんとお婆ちゃんがいっしょに来ていた。

しばし、砂遊びを梅ちゃんにさせてその間、彼女と絶え間なく喋り続ける。こんなに近くに住んでるのに、彼女はフルタイムで仕事をしているし、子供の昼寝の時間やらなんやらで3月末の梅ちゃんのお誕生会以来会っていなかったので、色々と喋りたいことが溜まっていた。

d0009639_69686.jpgかなり梅ちゃんをほったらかしにしていたので、ちょっと水のところまで連れて行ってあげようと、水際まで梅ちゃんを連れて歩いて行く。

最初はちょっと戸惑っていたけど、結構すんなり水に足を浸けて歩き出す梅ちゃん。風もなくてそんな大きな波も来ないし、海に慣らすには絶好な日だったな。

でも、やっぱり波が近づくと、どどどーって私のところに逃げてくる。まだちょっと怖いのかな。でもこの調子だったらあと数回で自分から海に入っていきそうな感じ。
海に来て水に入るの怖がったら海に来る意味がないもんね。この勢いで頑張ろう!

d0009639_6141124.jpg


お昼ごろ砂浜を後にしたんだけど、このプライベートビーチの横にあるパブリックビーチの前を通りかかった時、ドイツの観光バスが3台も停まっているのを見た。

うち1台は、若者達の団体がわさわさとバスに乗り込んで帰るところだった。もう1台は、どうやら老人グループだったみたいで、パブリックビーチの砂浜と駐車場との境のコンクリートの50cmほどの塀にみんな飲み物やら軽食やらを並べて、ずらーっと塀沿いに老人達がピクニック(?)をしていた(笑)。

へえ。こんな所まで来るんだね、旅行客の団体さんたち。ドイツみたいに北に住んでる人たちはきっとイタリアの海、イタリアの太陽を楽しみに来てるんだろうなぁ。・・・なんて思いながら、その光景を横目に帰途についた(笑)。






これはおまけ(笑)。
梅ちゃんの毎朝の朝食の光景。
d0009639_6412517.jpg

こんな感じでいつも、ルーさんやらゾヤさんといっしょに朝食をとる梅ちゃん(爆)。あ、でももちろんニャンコたちは梅ちゃんの食べるものに手は出さないよ(大体・・・がね(^^;)。目を離した隙に、マーガリンのついたナイフとか舐められてる時有るけどね(笑)。)仲良しでしょ?
[PR]
by honestpumpkin | 2006-05-18 23:56 | イタリアの生活

母の日

ユリの花が咲いた☆

3日ほど前から開きはじめて、今ではこんな感じ。
d0009639_6275966.jpg


各々のつぼみから二つの花。きれいだねー。後2つつぼみが残っている。今のが枯れかけたら咲くかな。これで又ベランダが華やかになったわ。

で、今日は母の日だった。
うちの旦那はすっかり忘れてたみたいで、朝「ケーキ買いに行くからお金出して」って言ったら「何で?」だって(ーー;)。

確か、去年は小さかったけど花の鉢をプレゼントしてくれたな~。ブツブツ・・・。

で、「今日は母の日でしょ?あなたのお母さんにケーキ買うから」って言ったら、「・・・あ、ごめん。忘れてた。(←この“忘れてた”の意味するものは、私に対して何もしなかったってことで)」だって。
いや、あんた、私にごめんって言う前に自分のお母さんにごめんでしょ(笑)。そりゃぁ、梅ちゃんの代わりに旦那からなんかしてもらったら嬉しいけど、私あんたのお母さんじゃないんですけど?(笑)。謝られてもねぇ。いやでも、私もお母さんみたいなもんか(爆)。偶に子供が二人居るみたいに思うとき有るもんねぇ。

でも、なんか気持ちだけでも欲しかったんだけど(笑)、うちの旦那のこと。しょーがない。こういうヤツなんだわ。梅ちゃんが保育園なり幼稚園に行きだしたら、きっと梅ちゃんがなんかしてくれるでしょ(学校の行事でそういう事するだろうし)。来年か再来年を楽しみにして・・・。

あ、でもね。今朝起きた時に「梅ちゃん、今日は母の日なんだよ。有難うって言って。」って言ったら、訳も分からず私に「有難う」って言ってくれたから、それでいいや(^^)。

d0009639_638636.jpgで、今日は毎週恒例の日曜のお昼を義父母宅で。
*私*が買って来たケーキ持参でね。

梅ちゃん、お昼をあんまり食べなかったのに、ケーキだけは一人前ぺロリ。もう一切れ梅ちゃんにあげそうになった義母をストーップ!お願いだから、ブタの子にしないで(溜め息)。
ほんとに、好きなだけあげるからね。子供の健康とか、虫歯になるとか、オーバーウエイトになるとか、って一切考えないからねぇ。






d0009639_6553922.jpgなあんて言いながら、この後散歩して家に帰ってからちょっとだけアイスクリームあげちゃったけど(^^;)。いや、でもあのケーキの方がかなりカロリー高いと思うよ。それに散歩していっぱい歩いたからね今日は。

それに、義母にはしっかり言っとかないと、果てしなくあげ続けるからね。
・・・って言っても、普段から私が何度言っても影であげて、私にうそつくんだけどね・・・(ーー;)。
あのー、バレてるんですけど、お母さん。 ヾ(ー。ー) 梅ちゃん、だてにおしゃべりが上達してる訳じゃぁないんですよ(笑)。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-05-14 23:26

レシート1枚罰金160ユーロ

いや、あくまでも私が罰金を食らった話ではないんだけど。

3日前、うちの近所の金物屋さんにカフェカーテンのポールを支える粘着テープ付きのフックを旦那と買いに行った時の事。

2個買っても何十セント、って言うくらい安いものなんだけど、旦那がお金を払ったときに冗談で「いやあ、レシート発行する分の方が高くついたりして」なんて店のおばさんに言ったら、「レシートは絶対に出さないといけないのよ」と溜め息混じりに言う。

なんでもおばさんの話によると、この前日の朝一番お店を開けたと同時に来たお客さんが20セント(30円)のものを買っていったんだけど、すごく急いでいたらしくお金を置いてすぐに出て行ったらしい。
で、その直後。
Guardia di finanza(財務境警備隊)って言う、いわゆる不正を取り締まっている警察の人が入ってきて、さっきの買い物した人のレシートを発行したかどうかを確認し、まだレジを売ってないことが分かって罰金を160ユーロ(約2万2千円ちょっと)お店に課したらしい。

店のおばさんは何回も何回も「20セントで160ユーロよ。ったく・・・。店開けたばっかりでレジもまだ開いてなかったのに。」って。

以前はお店で買い物をする人もレシートをちゃんと受け取ってお店を出ないと、レシートを持っていないところを捕まると、客の方にも罰金が課されていたのは知ってるけど、今は法律が変わってお店の方だけに罰金がかかるようになったらしい。

いや、実際こんなチェックを入れられたことも、入れられた人の話しも今まで聞いたこと無かったので、「ほんとにチェックなんてしてるのかなぁ」なんて思ってたけど、こうやって有るんだね。

この後、旦那と切り売りピザ屋さんに行ってこのことを話したら、店主のおじさん「そうだよ、いくらお客がレシート要らないって言って出て行った後でも、ちゃんとレジだけは売っておかないといけないんだよ。」と。その言い方からも、きっとここにも何度か警察の人がチェックに来ているんだろう。ふ~ん。

で今朝、梅ちゃん連れて朝市に行った時。
先週旦那に買ってあげたショルダーバッグの同じものが自分用に欲しくて(笑)、色違いのものを買いに行ったんだけど、先週はレシートなんてくれなかった(と思う)のに、今日は「あ、ちょっと待って。レシート渡すから。」なんて丁寧にレシートを渡してくれた。

朝市みたいな屋外でテント張ってものを売ってるお店なんて、大体レシートくれない確率の方が高いのに。やっぱ、最近チェックが厳しいのかな、なんて思った。

この国で店やってる人の大半が脱税やなんやで現金で買っていく人にレシート発行せずに不正に売ってるところが多いのが現実。こうやって、抜き打ちでチェックする警察の人が居なければ、みんなやっちゃうんだろうなぁ。

旦那と知り合った頃に働いてたレストランでも、脱税しまくってたしね。で、思い出したけどそこで一時マネージャーしてた人が言ってた。
「以前、自分のレストランを持っていたけど、まじめに税金を払っていたら続かなくなった」って。
だから、まじめにやっていたら生活が出来ないって。すごく正直ないい人だったんだけどね、彼。結局自分の店を売り払って、そこで雇われマネージャーすることにしたらしい。

厳しい世界だね。

d0009639_6451462.gif


話し変わってちょっと梅ちゃんのこと。

3日ほど前から、寝かし付けをするときに急にベッドで寝るって言い出した。
断乳してから今まで、抱っこでないと寝なかったのにベッドで寝るようになった。すごい進歩だね。
初日は、「ベッド、ベッド」って言うから、連れて行って一緒に寝ようとしたけど全然寝ようとしないので、2日目に言われた時も「うそでしょ。寝ないくせに。」って言ったんだけど、あまりにもしつこく言うので「じゃあ、寝なかったらもう知らないからね。分かった?」って言ったら「はい」って(笑)。
で、今日で3日続けておとなしくベッドで寝るようになった。それに、枕元の電球を点けてると、「電気消して」って言うから、真っ暗にして寝る。
生まれてから今までずっと電球点けた状態で寝ていたのに。
寝付くまでの大体の所要時間は20分。成長したなぁ。抱っこ無しで寝れるようになったなんて。

これで私無しで一人でベッドルームに行って寝てくれるようになったら、大分楽になるんだけど(笑)。まだもうちょっと先の話かな。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-05-10 23:03 | イタリアの生活

サッカーボー(ル)

2日前に公園に梅ちゃんと散歩に行った時のこと。

最近の梅ちゃんのブームは「サッカーボー(ル)」(←一応英語っぽい発音で(笑))。
義妹が日本から送ってくれたDVDの中にNHKの「英語であそぼ」って言うのが入っていたんだけど、それのテーマが「サッカー」。「Soccer Ball」とか「Kick」って言う単語を覚えるものだった。

で、その中でアメリカ人(?)のお兄さんがギターを弾きながら「サッカー、サッカー、サッカーボール♪」歌うんだけど、これがすっかり気に入ってしまい、一日に何回かこの番組をかけさせられる。

で、当然公園に行く時は、おもちゃ屋さんで買ったビニール製のサッカーボール持参で(笑)。
そのくせ、公園に着くと全然サッカーボールで遊ぼうとしないんだけど(ーー;)。


で、この日も「梅ちゃん、サッカーしようよ~」って誘っても、地面の砂で遊ぶ方が面白いみたいで、完全無視(-゜ー|||)。
公園に行くまでの道を、私と一緒にあの番組のお兄さんの歌を合唱しながらここまで来たのにね。

公園に着いてからは、梅ちゃんが座り込んで地面の砂をいじっているのを、横でしゃがんでただボールを手に持ってボーっと見つめるだけの私。何度ボール遊びを誘っても、反応無し。

はっと気付くとボールがふっと手から無くなった。
えっ?って振り向くと、梅ちゃんよりちょっと小さめの男の子が(でも梅ちゃんより身長はあったけどね(^^;))、私からボールを奪い取っていた(笑)。一緒に居たその子のおばあさんが叱って「返しなさい」って言っていたんだけど、「いいですよ、飽きるまで遊んで。どうせ、この子全然遊ばないですから」って言ったんだけど、お婆さんちょっと恐縮気味。

その子少しボールで遊んでいたけど、その内別の場所へその子をおばあさんが連れて行き、又ボールが私の手に戻ってきた。

で、今度は芝生の所へ梅ちゃんを連れて行って、「せっかくボール持ってきたのにあそぼーよー」なんて言ってボールを転がしていると、今度は別の2歳半くらいの男の子に奪い取られる。その子のおじいさんがすぐに来て「返しなさい。その子のだろ」って言うんだけど、その子は「これ、僕の!」ってボールを持って逃げる(笑)。

「梅ちゃん、あの子と一緒にサッカーしようよ。ほら、キック!でしょ。蹴って!」って言うけど、ちょっとその男の子の勢いに押されてしまって、どうしたらいいか分からない梅ちゃん。

そうこうしてる内に、もう一人小さな女の子ジュリアちゃんがやって来て、転がってきた梅ちゃんのボールを手に取る。
その子のお父さんもやって来て「これは、彼女(梅ちゃん)の?」って言って子供からボールを奪い取って返してくれた。・・・のはいいけど、こっちに向かって勢いよく蹴って来るもんだから、私が受け取りそこない、またまた「これ僕の!」の男の子に奪われる(笑)。

「梅ちゃん、みんなであそぼうよ!」って背中を押してみんなの所へやるんだけど、そこまで行って、で、恥かしくなって私のところに戻ってくる。

なんか、ボール一つ持ってくるだけでこんなに子供がぞくぞくと集まってくるなんて(^^;)。みんなボール好きなんだなぁ。

で、この3人でもぞもぞ遊んでるのか、何してるのか・・・してると今度は12、3歳くらいの大きな女の子3人がやって来て、じーっと様子を見てる。

その内、その中の一番年上そうな女の子が「このボールは彼女のでしょ?」って言って、梅ちゃんのところに持ってきてくれた。どうも、梅ちゃんのボールが他の子に取られてしまった、みたいに思ったのかな。

で、この3人のお姉ちゃん達があっと言う間に梅ちゃんを囲み、「かわいぃ~っっ!!」なんて言いながら、皆にハグされたり、抱っこされたり、ほっぺにキスされたり。もう、おもちゃ状態(爆)。

d0009639_6444083.jpg「梅ちゃん、お姉ちゃん達と一緒にボールであそんでおいで」って背中を押すんだけど、どうも恥かしいらしい。

で、その一番年上っぽい子、マダレナちゃんが梅ちゃんを抱っこして、「ほら、一緒に遊ぼう!」って、抱っこしたままボールで遊び始めた。

最初のうちは私のほうを何度も見て、ちょっと戸惑っていた梅ちゃん。私が笑顔で「梅ちゃん良かったねー!」って手を振ると、安心したのか、ボールがマダレナちゃんの所に飛んでくるたびに、きゃっきゃ言って喜んでる。

マダレナちゃんもボールが梅ちゃんに当たらないように、妹(かな?)や友だちに「ボールに気を付けるのよ!」って毎回命令している。

その内、「これ僕の!」の男の子も参加して、皆で遊び始める。

d0009639_6513195.jpgで、お父さんと来ていたもう一人の女の子ジュリアちゃんはどうも入り辛いのか、私の横にピターっと引っ付いて座ってる。
お父さんはちょっと離れたベンチで様子を見ていたんだけど。

この子、梅ちゃんと誕生日が5日違いらしい。でも、身長結構有るから梅ちゃんよりも大きいのかな、って思ったんだけど、いや、梅ちゃんが背が低いだけか(笑)。なんか周りの梅ちゃんの年の子達ってみんな梅ちゃんよりずっと背が高いのに吃驚させられる。
梅ちゃん、あんたおちびさんだからねぇ。ははは。

私にくっついて座ってるジュリアちゃんに「あなたも行っておいで。たのしいよ~。」
「NO!」
「何で~?みんな一緒に遊んでるでしょ~。ほら、頑張って。」
「NO!」
「え~?私といっしょに居るほうが楽しいの~?あっちの方が楽しいと思うけどなぁ~。」
「NO!」

・・・てな具合で、すべて「NO!」な彼女(笑)。それも、かなり頑固な「NO!」(笑)。

「こりゃぁ、家でお母さん大変だろうなぁ。ぜんぶ“NO”かぁ・・・。(笑)」なんて、この子のお母さんのことまで思ってしまった(爆)。イヤイヤ期なんだね。梅ちゃんよりすごいね。NO具合が(^^;)。

ま、とにもかくにも、こんなに色んな子供巻き込んで遊ぶことになるとは思ってなかった散歩。
梅ちゃんも楽しかったみたいで良かった。でも、もうちょっと自発的に「サッカーボー(ル)」で遊んで欲しかったなー(笑)。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-05-08 23:15 | 育児

チューップリーの花が~♪

*************

さーいーたー、さーいーたー♪
ちゅっぷーりのはながー♪

なーらんだー♪
あかーしろーきいろー♪

どのはなみてもー♪
きれえながー♪

by梅ちゃん 
(注:誤字脱字では有りません(笑))
*************

忘れないうちに書き留めておかなくては。。。(笑)

最近梅ちゃんのリクエストで日本の童謡をしょっちゅうかけているせいか、一日中何かしら口ずさんでる梅ちゃん。
歌によってはかなり完成度も高くなってきた。けど、チューリップの歌みたいな感じで、いつもどこかチョコっと間違えてるけど(笑)。

あと好きな歌は、「ぞーさん」「でんでんむし」「糸まきまき」「雨雨ふれふれ母さんが~・・・」「きらきらお星様(なぜかお月様って歌うけど(^^;)」「南の島のお猿さん(って言うんだっけ?)」「お馬のおやこ」等々。

散歩の途中でもベビーカーの上でしょっちゅう歌うので私も一緒になって歌いながら歩く(^^)。

家で私がピアノを弾きだすと、必ず何かしらリクエストされ、最後には梅ちゃんの知ってる歌しか弾かせてくれない(ー▽ー;)。か、いっしょに連弾。

ちなみにこれは旦那が邪魔されていっしょに連弾している所(笑)。
d0009639_2215174.jpg


上から見た図。
d0009639_2216087.jpg


ピアノは好きみたいで、しょっちゅう「ピアノ弾く!」って言う。このままピアノに興味を持ち続けてほしいなぁ。押し付けて強制的には絶対習わせる気はないので、こうやって自然に好きになってくれれば私も旦那も嬉しいな。

あ、ちなみにお誕生日にプレゼントしたおもちゃのピアノはすっかり忘れ去られて部屋の端っこで埃をかぶりつつある(^^;)。ま、これもその内思い出して遊んでくれるようになるでしょ。

d0009639_22555754.gif


話し変わって、うちのベランダ。
先月はフリージアがいっぱい花を付けてくれていたのが、今は全部枯れてその代わりにゼラニウムが満開になってきた(^^)。
d0009639_22362153.jpg



d0009639_22374378.jpgそれに、ユリの花のつぼみが開き始めた。

梅ちゃんに「ほら、きれいなきれいなお花の赤ちゃんだよー。もうすぐお花が咲くんだよー。」って言ったら、「赤ちゃん!」って言って花の茎を引っ張られそうになった(汗)。

でも、去年は花が3つくらいしか付かなかったのに、今年は5つも!

昨日までは4つしかつぼみを見なかったのに、今朝よ~く見ると下の方にもう一つ。




d0009639_22391167.jpgつぼみをアップで見るとこんな感じ。

来週くらいには開いてるかな。わくわく。

でもユリの花って、とっても可憐で好きなんだけど、枯れた後がなんか不気味で怖い(^^;)。

なのでからからに枯れて花が自然に落ちるまで触れないの(笑)。









d0009639_22435587.jpg
これが今朝見つけた下の方に有ったつぼみ君。

又咲いた暁には、ここに写真をUPしますね~。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-05-05 18:32 | 育児

オスティアアンティーカで散歩

今日5月1日はメーデー(労働者の為の日)で祝日。
天気が良ければピクニックに行こう、って言っていたんだけど、昼前にちょっと曇り気味だったので断念し、家でランチ。
ちょうどお昼を食べてるくらいにいい天気になり始め、ちょうどつけていたテレビのニュースで、「今日は全ての美術館やらコロッセオやらの観光名所の入場料が1ユーロ」だと言う。

ふ~ん、って聞いてたんだけど、最後に「オスティア・アンティーカも1ユーロ」と言うのを聞き逃さなかった私。
オスティア・アンティーカと言えば、うちの近所。電車で2駅で、電車さえすぐに来ればドア・ツー・ドアで20分ほどで行ける。

旦那に「オスティア・アンティーカへ散歩へ行こうよ。1ユーロだし。私行ったことないし。」で即決。

すぐに準備をして、バールでエスプレッソを飲んでから駅に向かう。
d0009639_6193670.jpg



d0009639_6205499.jpg中に入ると、梅ちゃんが「ベビーカーから下ろせ!」とぎゃーぎゃー騒ぐので、歩かせることに。

私は歴史にはそんなに詳しくないので、ここではそんなに詳しく説明できないけど、簡単に説明すると、下記の通り。(ネットからの引用)

*****
ローマから南西へ約24km、列車で約40分。紀元前4世紀以降港町として栄え、ローマ帝国時代には人口が10万人にも達し最盛期を迎えた。4世紀にマラリアの流行により衰退、廃墟と化し、20世紀初頭に発掘が始められるまではテベレ川の土砂の堆積層に埋もれていた。そのため当時そのままの町が残され、コルポラツィオーニ広場、ネプチューンの浴場、カピトリウム神殿、劇場など貴重な遺跡群が見学できる。
*****

梅ちゃんがでこぼこの道をあっちへ行ったりこっちへ行ったりで、転ばないかとヒヤヒヤしながら(実際何回も転んだけど(笑))、追い掛け回していたので、各所各所の説明書きもゆっくり読む間もなく(涙)。

ま、それでもいくつか写真だけでも紹介。

d0009639_6373040.jpgこれは回廊があった場所。原形は左の写真の絵の通り。










それが現在こんな感じ(↓)で残っている。約2000年前のものがこんなにいい形で残ってるなんてすごいね。もちろん説明がないと、何が何か分からないけど。

d0009639_633137.jpg



















そしてこれが上記の説明にもあるネプチューンの浴場。
d0009639_6435975.jpg


d0009639_6453635.jpgその浴場の床のモザイクのひとつ。きれいだね~。梅ちゃんが「ぱっかぱっか!」って喜んでた(笑)。










はい、もうひとつ。同じものを別の角度から。
d0009639_6493051.jpg




これも上記の説明に書いてある劇場。
d0009639_6523527.jpg

この劇場は現在でもオペラとかの劇場として、年に1度か2度か知らないけど使われてるらしい。こんなところでオペラなんて見たらロマンチックな気分になるね。



これはパン屋さんがあったところで、写真は小麦を挽いていた部屋。この石のモニュメントが小麦を挽いていた石らしい。
d0009639_6585849.jpg


d0009639_6531379.jpg梅ちゃんは相変わらず、あっち行ったりこっち行ったり、座ってみたり(^^;)。

平坦な道が嫌みたいで、厭味のようにぼこぼこの道やら、遺跡の上やら、草ボーボーの中を歩き回る(ーー;)。で、前に進んだと思ったら、後ろに引き返したり、横道に入ったり・・・。全然進まない。

ただでさえ広大な遺跡で見学するのに1日くらいはかかるのに、この調子なもんで各所各所をゆっくり見て回る・・・なんて無理な話で結局今日は遺跡の半分くらいをささ~っと歩いて通ったって感じだった。

ちょうど半分くらい来た所に有るバールでお茶をした後、引き返して帰途に。

あ、ここの休憩したバールの前にあったお土産やさんでの話しなんだけど、このお土産やさんのスタッフが旦那の友だちだったらしく、お互いを見て吃驚。

ま、それはいいんだけど、この人すごく話し好きでフレンドリーなのはいいけど、仕事そっちのけで旦那と喋りだし(典型的イタリア人だね(爆))、自分の居たレジの所から離れるわ(梅ちゃんにそこで飼われている犬を見せる為に店の外まで出てしまう(汗))、お客さんが商品手にレジの前に居ても全然気付かずに話してるわ・・・。こう言うの日本では考えられないね(笑)。仕事しろよ~って突っ込みいれたくなった。レジで待ってたお客さんも呆れて見てたよ(^^;)。

それにしても、今日はとってもいい天気に恵まれて、とっても気持ちのいい散歩になった。何よりも入場料が通常4ユーロなのが1ユーロ、っていうのは嬉しかったね(笑)。ま、でも4ユーロだったらローマ市内の有名観光名所よりは安いかもしれないけど。

また時間が有ったらゆっくりと見学に来たいなーと思った一日だった。
[PR]
by honestpumpkin | 2006-05-01 23:11 | イタリアの生活