<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

年度末お遊戯会

先週の土曜日、年度末にあるお遊戯会(Recita)が開催された。

場所は幼稚園から車で20分ほどもかかるちょっと離れた場所に有るちゃんとしたテアトロ(劇場)だった。

旦那がぐずぐずしてたせいで、入場するのが結構後ろの方になってしまい、前のほうの席は全部既に埋め尽くされていた。なので、仕方がなくもうほとんど一番後ろに近い席に旦那と私、義父母と着席。

先々月だったかに買ったデジタルカメラは今回のこのRecitaを撮る為に買ったようなもの。
買った直後に幼稚園の連絡事項に「Recitaは撮影禁止」なんて書いてあるのを見て、ショックを受けてたんだけど、それでもここはイタリア、実際当日結構たくさんの人たちが平気でフラッシュたいて写真撮ったり、ハンディーカムを回してるのを見て、私もこっそり便乗してしまった(^^;)。

さすがにフラッシュをたくのは躊躇われたので、フラッシュ無し+このカメラ特有の高感度(ISO感度800)に設定して写真を撮ってみる。

d0009639_208553.jpgこの写真はISO感度をAUTOにして。普通のカメラならこうなるのよね、特に室内の暗い場所って。











d0009639_2095981.jpgそれを、ISO感度の最高値800に設定してみたら、フラッシュも無いのにここまで明るくなる。すごいねー。今回初めてこのISOのありがたさを実感したよ。

ただ、ちょっとだけ残念なのはISOの感度を上げると画像が荒くなる。ま、仕方ない。暗い場所でこれくらい明るく撮れるならそれも仕方が無い、と自分を慰め...。それに、10倍ズームも付いてるのでそれもフルに使って今回は撮影した。
このカメラほんと買って良かったよー。こんな後ろの席からちゃんと「デジカメ」で撮影できたんだもん。


カメラに関しては全然詳しくない方なので、カメラの話はここまでにして・・・(笑)。

梅ちゃんって、すごい照れ屋さんなのよねー。なので、5月にも幼稚園の庭であった歌ったり踊ったりする小さな発表会の時も最初から最後までほぼ固まった状態だったの。

だから、今回も行く前から「今回もきっと全く動かないだろうなー」なんてちょっと思ってたのよ。

今回はね、101匹ワンちゃんの犬に扮装した梅ちゃん。
d0009639_20171719.jpg


この写真は動画から抜き取ったものなので、かなり画像が悪いけど、雰囲気は伝わるかな。真ん中が梅ちゃん。
梅ちゃんの左隣の子と一番右の大きいお兄ちゃんはしっかり踊ってたね。
で、梅ちゃんはと言えば・・・うん、その他の子達に比べてたら動いてたよ!
ちゃんと振り付けも小ぶりではあったけどやってたし、私の想像からは全然頑張った!

もうね、このRecita、始まって即行、他の子供たちがやってるの見ただけで目頭が熱くなってきたね(笑)。自分の子でもないのに。

で、もちろん梅ちゃんなんか出て来ようもんなら・・・「こんな立派な舞台に立って・・・(涙)」って感じよ(爆)。

家に帰って、梅ちゃんの出てる動画見直すたびに目頭熱くなって鼻すすってるもんね。親ばかだわー。でも、きっとどこの親もそうだと思うわ。

まだ、2-3歳児クラスって大した役もしないし、ほとんど舞台に立ってるだけのようなもんだったけど、「んー!みんな頑張った!」って拍手送りたい。

2-3歳児、3-5歳児のクラス全部合わせて、それを8つのグループに分けて、8つの演技が行われたんだけど、こんなにたくさんの子供達に、こんなにたくさんの演技を各グループに教えた先生達もすごいね。主にジンナスティックの先生が教えたらしいけど。大変な仕事だわ。
だから、先生にも拍手。

子供達の演技の後に、先生が2名、司会をした子供達と一緒に踊ったのも良かった。
d0009639_20373677.jpg


で、一番最後は、みーんなが舞台に登場して、園長先生の最後の言葉で締めくくり。
d0009639_2030137.jpg


話はそれるけど、この園長さんすっごい美人なのよ。年は30代中くらいなのかなぁ。彼女の子供も確か、この幼稚園の赤ちゃんクラスにいるはず。

で、園長先生の挨拶が終わると、観客席からは盛大な拍手。

それにつられて、舞台の子供達も一緒に拍手(笑)。
梅ちゃんも、しっかり笑顔で拍手してたよ(=^^=)。
d0009639_20423980.jpg


ほんと、梅ちゃん、こんな暑い日にこんな暑苦しい犬の衣装を汗だくになって最初から最後まで着て頑張ったね。

娘よ、ほんとよく頑張った!


・・・それと、このRecitaに行かせてくれた仕事場のマネージャーに大感謝☆・・・
[PR]
by honestpumpkin | 2007-06-26 12:57 | 育児

いろいろ

先週の木曜日、Pallina姐が紫蘇とよもぎ餅&にらを小一束持ってやって来てくれた
\(^▽^)/。
d0009639_17365954.jpg


ありがとーございますー♪

d0009639_1736137.jpg


紫蘇もこんなに生い茂った鉢を持ってきてくれて・・・。感激ですー♪

確か、おととしもその前の年も紫蘇の鉢をPallina姐から貰ったんだけど、季節が過ぎて全部枯れた後は、翌年に持ち越すことも無く絶滅させていた私(^^;)。いや~、だって、きっとね、種が取れなかったんですよー。(・・・と言い訳しときます(汗))
あ、でも去年はね、おととし貰った赤紫蘇さんが復活して出て来たんですがね。ただ、赤紫蘇って、使い道無くって・・・(^^;)。今年も芽が出てきたんだけど、途中で駄目になっちゃったの(汗)。ま、赤紫蘇さんよりも青紫蘇さんのほうが使えるしー。今年は青紫蘇さん種が取れるといいなー。

よもぎ餅も、急いで作った(らしい)割にはすごく美味しかったし。姐御、またお願いしますぜ!(笑)

で、帰る時には、私も梅ちゃんのお迎えで一緒に出て、幼稚園まで送ってもらって。お世話になりました、姐御。

思えば、Pallina姐とはもうかれこれ5年くらいの付き合いになるのかな(あれ、6年?)?
もともとネットで知り合ったんだけど、私が独身時代からだもんね。時の経つのは早いわー。

ほんといつもいつもお世話になっちゃって。これからも宜しくお願いしますわー。


これで、紫蘇さんも我が家のベランダの仲間入りしたんだけど、ベランダ・・・と言えば、もうひとつ。
私がこのひと月ほど温かく見守って来た、Pianta di Cera。日本語でなんて言うんだろ。Piantaが(植物)で、Ceraが(蝋・ワックス)。蝋の植物??うーん、まあ、いいや。

写真で紹介するわ。確か去年も写真載せたんだけど、写りが悪かったし、花が咲く過程は載せてなかったからね。

なんかねー、ほんとに不思議な花を咲かせるんだわ、この植物。


d0009639_17513363.jpg

まず、今月頭の6月2日の時点。

つぼみが出来て来たところ。
昔、仁丹って有ったよね。(未だに有るの?)なんかそれみたいで(笑)、赤い丸いぽちっとしたのが先っちょに付いてるって感じ。


それが、3日後には・・・。



d0009639_17544366.jpg

つぼみが五角形に変形して・・・。

それにしても、この花って花びらと花びらの境目がつぼみの時点では全く無いの。

ほんと、見ててキャンディーみたい、っていつも思う。


それが、6日後には・・・。


d0009639_1757071.jpg

こんな美味しそうな色に変化して(笑)。ほんとにね、キャンディーみたいで美味しそうでしょ?

形も前の写真よりも平べったくなってる。この時点でも、袋状って言うか、花びらの境目は全くなし。


これがね、私が週末仕事してる最中に開花したのよ。
開花する所、ほんと一度見てみたいわ。花びらの境目が無いのに、咲く時ってはじける様に開くのかしら。

ボアラ!

d0009639_1822072.jpg


お星様のお花の中に、もうひとつお星様が。
なんか、可愛いんだわ、ほんと。

でね、この写真では分かりにくいと思うけど、花びらはとっても肉厚で、ベルベットのような起毛状なの。で、中のお星様から、涙のようなしずくが垂れてくるんだけど(分かるかなぁ、ちょうど真ん中より右寄りの上のほうの花からしずくが出てるの)、このしずくがね、触った時はさらさらなんだけど、時間が経つとねちょねちょしてくるの。だからかなぁ、Cera(蝋)って言われるのは。


ちょうどこの時期、ゼラニウムの花もほとんどなくなって来て、ベランダが少し寂しくなってきた所だったから、うれしいわ。
今年はこの植物さん、頑張って5つも花を付けてくれたのよ。

梅ちゃんと一緒に「綺麗なお花だねー」って観賞したよ(笑)。


ところで、話しは全く変わり、ネットラジオのこと。

普段はカナダのインターネット・トークラジオを掛けっぱなしにして、家の用事とかしてるんだけど、最近はまってるラジオ局がシアトルのJazz専門のラジオ局。

昔一時、よく聞いてたんだけど、途中で接続先が変わったのか、聞けなくなってたの。それがね、最近また新しい接続先を見つけたので、聞き始めたの。ラジオ局名はKPLU World Class Jazzって言うんだけど、これがまた、私のツボにはまりまくりの曲ばっかり流してくれるのよ。

ほとんどがJazzで、偶にBluesとかも入るんだけど、ほんと最高。

Jazzって結構範囲が広くていろんな種類が有るんだけど、ここで流れる曲はどれもこれも聴いてるだけで、ワクワクしてくるくらい私好み。今も日記を更新しながら流している。

好きな音楽かけて、家の用事したり、日記の更新したり、ネットサーフしたり・・・。最高ね。やっぱり音楽って大切だわ。うん。

この局から流れる音楽聴いてると、私の中の「音楽大好き」魂が復活しつつある(=^^=)。ほんとここ3年ほどは育児、そして最近始めた仕事で頭がいっぱいだったもんね。

さ、音楽聴きながら家の用事でもするッか(笑)。
[PR]
by honestpumpkin | 2007-06-19 11:24 | イタリアの生活

年度末記念写真

先々週くらいに、幼稚園で年度末の記念写真の撮影が有った。
(前回の《去年の年末》の記念写真はこちら

一応、スカートを穿かせて、髪も二つにくくり(いつもは大体ひとつにくくるんだけど)、身だしなみを整えて登園。

梅ちゃんにも、「今日は幼稚園で写真を撮ってもらうから、写真のおじさんが写真撮ってくれるときは、笑顔でね!」って一応言っておいた。
梅ちゃんも幼稚園で「写真を撮る」と言うことは理解したみたいで、「うん」と返事。

家に帰ってから「梅ちゃん、今日はどんなポーズで撮ったの?」って聞いたら、

d0009639_18231554.jpg


「こうやって!」とか言ってこんなポーズを取っている(^^;)。 ほんとー?

で、調子に乗って、色んなポーズを取り始めるので( ↓ )、結局どんなポーズで撮ったのかは不明。

d0009639_1825918.jpg

この写真は投げキッス送ってるところね(笑)。あんた、だから、サングラスがさかさまだって・・・(笑)。

で、それが今週の頭に出来上がってきたので、早速購入して来た。

今回は個人写真3枚プラス集合写真を3枚の中から一枚選ぶ、と言う形。

個人写真の3枚も、要らなければ1枚だけでも、2枚でも、3枚全部でも、って言う選択形式。値段も前回同様の一枚当たり約5ユーロ。カメラマンも前回とおんなじだった。

前回撮ってもらった写真がとても気に入ったので、今回も見ずして全部買う予定で行った。
で、やっぱり全部お買い上げ(^^;)。親の痛いところついてるよねー、こういう商売。
でも中には「私、これは要らないわ。」って選んでるママさんも居たけどね。

集合写真は3枚のうちから一枚選択したんだけど、後日引渡しらしい。集合写真って言っても、クラスを半分に分割して撮ってたから、仲良しのルーナちゃんとは別々の写真になってしまったのが残念。
ちなみにルーナちゃんは、同じクラスの「うんち友達」らしい(爆)。なんでも、よく一緒に並んでうんちをするそうな。ははは。

で、今回の写真3枚は・・・。(あ、ちなみに今回はカラー写真だった。)

d0009639_18372019.jpg


d0009639_183746100.jpg


d0009639_18392773.jpg


オリジナルの写真をデジカメで撮ったから、写りがイマイチになってるね(^^;)。でも、感じは伝わるでしょ?
感想は、前回のほうが色んなポーズに凝っててそれに白黒だったから、今回のを見てちょっとだけがっくりしたけど、でもでも、全然OKよ。

しいて言えば、3枚目のアップの写真、梅ちゃんの口元に朝食べたんであろう、チョコレートの跡がちょっぴり見えてるのが残念だけどね(笑)。(この写真では見えないけど)

あ、でも梅ちゃんに聞いた時にやってくれたポーズ(一枚目の写真)と記念写真の一枚目の写真、手の位置は合ってたね。グーとパーは間違えてたけど(笑)。



イタリアの公立の学校はもう夏休みに入ったらしいけど、梅ちゃんの幼稚園は私立なので、一応7月末まで。(あれ、末までだっけ? また確認しないと・・・(^^;)。)
さぁ、もうちょっと頑張っていったら夏休みだよー、梅ちゃん!
[PR]
by honestpumpkin | 2007-06-14 11:19 | 育児

ごとん、ごとん ♪

ひと月以上も前に携帯で撮ったビデオなんだけど、見返すたびに笑ってしまうので、ここでも紹介するわ♪ 携帯だから、画像が悪いけどね。


どうもね、電車ごっこらしい・・・。 洗濯籠の中身を全部出して、その中に入って遊んでるの。




倒れてイタリア語で、「マンマー、aiutoー(助けてー!)」って言う所がおかしくてね。
笑ってるのは私だけ?

失礼!
[PR]
by honestpumpkin | 2007-06-06 17:59 | 育児

子供孝行の日

6月2日(土)は祝日で仕事が無かった!

前の日の金曜日に仕事に行ったときに『明日は休みだからね』って言われて、その時知った私(^^;)。いちいちイタリアの祝日をチェックとかしてないので、それを知らなかった私は、思わぬ『お休み』に“oh~! che bella notizia!(なんて良い知らせなの!)”を連発しまくってしまった(笑)。

パスクワ(復活祭)ぶりに、梅ちゃんと一緒に一日過ごせる。うれしいわぁ~♪

仕事を始めて、週末を梅ちゃんと過ごせなくなってから、以前より一層梅ちゃんのことがいとおしくなって来た様な気もする。
ま、梅ちゃんが生まれてからずっとそうだったけど、寝ても覚めても「梅ちゃん、大大大好き!」な、私。母親だったら当たり前か(笑)。でも、世の中には自分の子が可愛く思えなくて虐待とかしちゃう親も居るもんね。

梅ちゃん、あんたは幸せもんだよ、こんなに愛されて。

だから6月2日は、私を全て梅ちゃんに捧げて(大袈裟か(笑))子供孝行の日。

お昼ごはんは、前から一度梅ちゃんに食べさせてみたかったお好み焼きを作る。

ワタクシ特製のお好み焼きよー。美味しいのよー♪

d0009639_2035959.jpg


旦那と結婚する前、日本人のルームメートと住んでた時はしょっちゅう作ってたんだよね。特にルームメートのリクエストで(笑)。

旦那はあのお好み焼きの甘いソースがあんまり好きではないので、結婚してからは作ったことあったかなぁ・・・ってくらい作ってなかった。

この日もね、実は旦那が家に居たから、作ろうかどうか迷ったんだけど、お昼の支度をする時間に旦那が昼寝をしてて(早朝の仕事があったからね)、「お昼どうする?何食べたい?」って聞いても、「要らない、食べない。寝る。」とか言うもんだから、「じゃ、お好み焼きく作っちゃおー!」ってことにした。

d0009639_2018444.jpgもちろん、ワタクシ、一応関西人なので、「お好み焼きの素」なんて使いません(笑)。
出来上がりは・・・んもー、最高! 

もう、梅ちゃんと食べながら「めちゃくちゃ美味しいねー、うん。美味しいー♪」って何回も言いながら食べたわ(爆)。

梅ちゃんもね、最初の4分の1までは調子良く「美味しいねー♪」なんて食べてたのに、4分の1を過ぎる頃から「いらない、美味しくない」なんて言い出して、もう食べなくなってしまった(ーへー)。食べる前からかなり眠そうにしてたからかな。それとも、梅ちゃんはこの味があんまり好きじゃないのかなぁ。これからも頻繁に作りたいし好きになってもらいたいんだけどなー。

で、起きて来た旦那に梅ちゃんの残りを「食べる?」って聞いても、チラッとみて「要らない」だって(ーへー)。
そのくせね、やっぱりちょっと興味は有ったみたいで、味見して・・・。
で、結局旦那、絶賛して全部食べちゃった。「今まで食べた中で一番美味しかったよ、何入れたの?」って。何っても、毎回作ってるのと材料変わって無いんだけど・・・。しいて言えば、ウインナー好きの旦那、ウインナーの薄切りを乗せて焼いたからかな。でも、これも毎回そうしてるし。

ま、これで旦那もお好み焼きに対する偏見が少し無くなったかな。これからも作るようにしようっと(=^^=)。

で、午後はお約束(笑)の公園へ。
近所に3つ有る中から梅ちゃんにどこの公園か選ばせて、そこへ旦那も一緒に行く。

d0009639_21283154.jpg梅ちゃんが一番乗りで、その後も2,3人くらいしか子供も来なかったし、好き勝手にのびのびと遊ぶことが出来た。

梅ちゃんのサングラスの掛け方面白いでしょ。→
教えもしてないのに、こうやってイタリア人の若い子達みたいにおでこにかけるの(笑)。(この写真はちょっとおでこより上になってるけど、普段はちょうどおでこの真ん中くらいにかけてるわ。)

この日もね、本人のこだわりで「めなげ(めがね)持って行く!」って言って、公園までちゃんと目のところにサングラスをかけて行ったの。

面白いのが、しょっちゅう、サングラスを上下反対にかけてかっこつけてることがあるのよ。ぷぷぷ。





d0009639_2139144.jpg公園の後は、公園前にあるBARで、ジェラートを親子3人で食べることにした。

で、このジェラート食べてる時のことなんだけど。

BARの外においてあるテーブルで3人食べてたんだけど、途中で隣のテーブルに80代位の爺婆カップルが来たのね。

で、青い目のおばあちゃんが
「まぁ、可愛らしい子ね。ジェラート食べてる姿がなんて可愛いの。ちゃんと一人で食べて・・・。で、いくつなの、この子は?」

隣に座っていた旦那が「3歳と2ヶ月です。」

婆「あら、3歳半なの?」

旦那「いや、まだ3歳半まではいってないんです、3歳ちょっとなんですよ。」

婆「あら、そう。でもしっかり一人で食べるのね。・・・・・・・・・・・で、何歳なの?」

旦那「(^^;)3歳です。」

婆「あら、そう・・・・・。まあ、なんて可愛いのかしら。ジェラートを食べるその姿・・・。・・・・・・・・・・・・で、何歳なのかしら?」

ここで爺のつっこみ。「おい、お前聞いたところだろう。3歳って言ってるじゃないか。もう2回も聞いてるぞ。」

婆「あら、そうだったかしら?でもいいじゃないの。覚えて無いんだから。・・・・・・・・・・・・・・・で、何歳なの?」

旦那「さん・・・」

爺「だから3歳って言ってるじゃないか、お前3回目だぞ。(私たちに対して申し訳なさそうに)」

婆「(ちょっとふてくされて)しょうがないじゃない、覚えて無いんだから。・・・・・でも、可愛い子ねー。小さい子がいるってそれだけで明るくなるでしょう。・・・・・・・・で、いくつなの?」

爺「おい! いい加減にしろ。何のジェラートがいいんだ?買ってくるから。」

婆「分からないわ、なんでもいいのよ。あなたは何にするの?」

爺「お前の好きなのを買って来るって言っているじゃないか。(溜め息)じゃ、行ってくるぞ。」

で、爺BARの中へ去っていく。

婆「ほんと、可愛いわねー。(ニコニコ)で、何歳なの?」

旦那&私「(笑顔で)3歳ですよ。」

梅ちゃんも手で『3』をして見せる。

旦那「梅ちゃん、何歳かおばあちゃんに教えてあげて。(イタリア語で)」

梅ちゃん「TRE(3)」

この繰り返しがまだまだ続いている中、爺ジェラート持って帰ってくる。
 
で、またおばあちゃんが何歳か聞いたところで爺が「お前、4回目だぞ、これ。4回目。いい加減にしろ。」

婆「(ふてくされて)そんなに聞いて無いわよ。・・・・・で、何歳なの?この子は・・・・」

私たちが席を立って、BARを去るまでずっとこの繰り返し。

・・・・てな、事が有った。

おばあちゃん見て、「可愛いおばあちゃんだな」って思う反面、「あぁ、呆けてきてるんだなぁ」と言う悲しい現実(^^;)。

仕方ないね、人間長いこと生きていくうちに、どっかでガタが来てしまうんだね。ちょっと、「きっとこのお爺ちゃん、苦労してるんだろうな」って思ってしまったね。

そして歳いく毎に物忘れがひどくなっていく自分の将来を一瞬考えてしまったよ(汗)。
私もこうなってしまうのかなぁ・・・なんて。

今から、頭のトレーニングもしておかないといけないかなぁ。(^^;)
[PR]
by honestpumpkin | 2007-06-04 13:48 | 育児