明けました

皆さん、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。


今回年明けは義父母たちと過ごさず、スペイン人の友だちヌーリア&彼(伊人)に招待されたので、彼らの家で年越しをすることにした。

梅ちゃんは、おそらく23時ごろには眠くなるだろうと思っていたのに、人の家だからか興奮してしまって、ついには最後までずっと起きていた(^^;)。
ヌーリアの彼のお母さんがプーリアから来ていて、色々相手してくれたお陰かな(笑)。

下の動画は年が明ける直前のもの。23時を過ぎた辺りから、近所で恒例の花火や爆竹の音が聞こえ始め、0時20分くらい前からはかなり激しくなってきていた。

私たちはベランダに出て、近所の人の花火を見物するだけだったんだけど、花火の音が「ばん、ばーんっ!」ってすごいので、それに対抗して梅ちゃんも「声花火」で(爆)。
動画のバックに聞こえる?梅ちゃんの声花火(^^;)。



そうこうしている内に、隣のアパートの建物の屋上から(?)本格的な花火を打ち上げる人も。これはすっごい迫力あった。携帯の動画だから、あんまり綺麗には撮れてないけど、撮る角度も80度くらいで、見ていて顔に花火のくずでも落ちてくるんじゃないかってほどの距離。
梅ちゃんはちょっとびびってたな(笑)。



動画の最後に聞こえる梅ちゃんの声、「マンマー!ジラッファー(きりんさん)!」とか言ってるね(笑)。なんで、きりんさんなんだろう・・・(^^;)。

で、年が明けた後は、テレビ番組も年明けのダンスパーティーのノリで、皆ラテンの音楽に合わせて踊ってる。それを見ながら梅ちゃんも超ノリノリ(爆)。
この動画もやっぱり携帯で撮ったので、梅ちゃんの動きが早すぎて、梅ちゃんの姿がはっきり見えないけど、どれだけのってたかは分かるでしょ(笑)?



踊りまくってる最中の写真。
d0009639_1855919.jpg


結局、家に帰ったのは1時ごろだったかな。で、寝付いたのは1時半頃。
寝かし付けには1分もかからなかったね(笑)。

ま、一晩くらい夜更かしさせても・・・ね。楽しかったね、梅ちゃん。今年も実りのある一年にしようね。
[PR]
# by honestpumpkin | 2007-01-02 11:32 | イタリアの生活

クリスマス

前回の日記を書いた2時間ほどあとに目が覚めた梅ちゃん。やっぱり耳が痛くて目が覚めたみたい。起きるなり愚図りだす。

確か、中耳炎とかって寝転んだ状態だと余計に耳が痛むんだよね。その後はずっと愚図って泣いて・・・で、耳をとにかく触る。耳を肩にこすり付けるような仕草もするし、泣きながら「いーたーいー」って言うので、義兄に電話してプロントソッコルソ(救急病院)に連れて行ってもらうことにした。旦那が居たら良かったんだけど、あいにくこの日は旦那は仕事で帰宅が午前1時ごろの予定だった。
病院に着いたのが0時くらいだったかな。
プロントソッコルソって通常何時間も待たされるはずだけど、時間帯もあったし、子供は「小児科」へ通されるので、受付後結構すぐに入れてもらえた。

私たちが受付した後に入ってきた3歳か4歳くらいの男の子を抱っこしたお母さんも「子供が耳を痛がるんですけど・・・」って入って来てて「あ、うちと一緒」なんて思った。この時期多いんだろうね、こう言うの。

中に入って、簡単な検診の後、最近中耳炎になって抗生物質をとっていたことや、薬の名前やらを先生に伝え、耳を診てもらう。

先生曰くは、外耳の部分が赤くなってるらしい。でも、熱も無いし、とりあえず抗生物質の治療ではなく、痛み止めで様子を見るように言われた。

痛み止めは耳に点す点耳薬なんだけど、2年前にも耳痛を訴えた時に買ったものがあり、それがまだ有効期限内だったので、それでOKと言われた。
あとは、タキピリーナがあまり効かない様だったらと、それよりもきつい薬も処方された。

結局その日は帰ってから、耳に薬を点して、本人も痛みが和らいだのか、すんなりと寝てくれた。

で、次の日からもそんなに痛がらないし、「耳、痛いの治った!元気になった!」とか言ってるから、大丈夫かな・・・。良かったね、大事に至らなくて。


さて、さて本題。
1年間待ちに待ったサンタさんに会える日。

d0009639_236113.jpg


義兄が扮するサンタさんがドアをノックして家に入って来た。

梅ちゃん緊張と恥かしさのあまり、固まってしまう。まともにサンタさんの顔が見れない。
もじもじと身体を左右に動かして足踏みしてばっかりいるので、写真にとってもブレてしまってちゃんと撮れない(^^;)。デジタルカメラの電池が切れ気味で携帯で撮ったから余計にブレが入っちゃってるわ(苦笑)。

d0009639_23103189.jpg

とにかく恥かしくてサンタさんが直視できない(笑)。
ほんとに恥かしがり屋さんだね、あんたは。

d0009639_2312336.jpg


↑どれだけ照れてるか分かる?旦那が見ていて「可哀相・・・」ってくらいもじもじしてるの(笑)。でも、心の中ではすっごい喜んでるはずなのよ、この子。何せ、去年のクリスマス終わってから1年待ったんだもんね。


さ、プレゼントを開けて・・・。

梅ちゃんへのプレゼントは全てサンタさんが持ってきてくれたことになってるんだけど、これは義兄から。
d0009639_23162639.jpg

プーさんのコンピューター。梅ちゃんのツボに入ったね。すごい気に入ったみたい(^^)。
簡単なアルファベットや単語やらを教えてくれる。


d0009639_23201915.jpg


そして、これは24日の夜に包みだけ開けて、箱は開けずに持って帰り(大きいから)、家に帰ってから開けたものなんだけど、私たちと義父母から。

水性のマジックで消して書いてできる白板で、反対側はチョークで書ける黒板になっているもの。これも結構気に入ってくれたな。白板のほうには磁石のついた数字やアルファベットが引っ付けられるようにもなっている。








d0009639_2328583.jpgそして、家のクリスマスツリーにも何か置いておかなくちゃ寂しい、と言うことで、25日の朝には別の私たちからのプレゼントもクリスマスツリーの下に置いてあげた。

これは、おままごと大好きな梅ちゃんの為にキッチンセット。
現在、毎晩お風呂のなかで、これを使っておままごとを楽しんでくれている(笑)。





d0009639_2332580.jpg
そして、もう一個。

先日桃ちゃんちで覚えたパズルに習って、もうちょっと高度な24ピースもの。

ピノッキオのパズル。朝市で見つけて安かったので、プレゼントのおまけに買うことにした。

もちろん梅ちゃんは、家のツリーの下で見つけたプレゼントもサンタさんからと思っている。

プレゼントを全部あけた梅ちゃん、「サンタさんにいっぱいもらったー」だって(笑)。

と、今年のクリスマスはこんな感じでした。

ちゃん、ちゃん♪
[PR]
# by honestpumpkin | 2006-12-27 15:52 | イタリアの生活

ルーさん便秘解消 \(^▽^)/& 梅ちゃんまたもや中耳炎?(ーへー)

昨日の日記を書いた2時間ほどあとに、でっかいうんちが出たルーさん。良かったー\(^▽^)/ 。

ネットでも読んだんだけど、老猫ってあまり動かないせいで運動不足になり、便秘になりやすいらしい。
猫って人間みたいに年をとると見た目が変わるわけでもなく、若い頃と見掛けが全然変わらないから、我が猫も「年を取った」って実感がなかったんだけど、こう言う現実を見るとやっぱり「年をとってきたんだなぁ」って思わされる。なんだかちょっぴり寂しいな。

毎晩、ベッドで一緒に寝てる猫たちを見ながら「後どのくらいこの生活が続けられるんだろう・・・」って思ったりする。2匹とももうすぐ13歳になるのかな。94年の春生まれ(推定2月&4月)だからね、二人とも。20歳くらいまで生きてくれればうれしいんだけどなぁ。それってやっぱり稀なのかな。

そうそう、面白かったのが、昨日ルーさんがうんちをした後に私が喜んで旦那に報告してると「何言ったの?」って梅ちゃんが近づいてきたので「おにぃにぃ(ルーさん)がね、うんちしたのよ!よかったわー。」って言ったら、「おにぃにぃ、すっきりした?」だって(笑)。

で、その後、さささーってどっかに消えたと思ったら、今度は手にトイレットペーパーをちぎったのを持ってきて、ご飯を食べてるルーさんのところへ行って、ルーさんのお尻を拭こうとする(爆)。面白すぎて噴き出しちゃったわ。でも、優しいね、梅ちゃん。

そんな梅ちゃんが昨日幼稚園から持って帰ったもの。
d0009639_5364919.jpg


旦那と共に帰ってきた梅ちゃんに「誰が作ったの?」って聞いたら「タマーラ(先生)」って言ってたけど、一緒に作ったのかなぁ...。

写真じゃ、ちょっとセロファンが反射して見えにくいけど、ちゃんとサンタさんの眉毛と口ひげが綿を貼り付けて作ってある。

で、ツリーの形をしたものの中央には、梅ちゃんの写真がぽつっと張ってある(=^^=)。
で、ツリーの紙の裏には、ポエムが書いてあった。

d0009639_5465224.gif

サンタさんはしなくちゃいけないことが有る。
大きいおもちゃや小さいおもちゃ、大きな箱に小さい箱、ひとつひとつ準備して・・・。
夜中の12時に飛び立つの。

でね、ひょっとしたら・・・私の家にも来てくれるかも!
d0009639_547430.gif


きっと先生が考えたんだろうね。でも、可愛いね。

梅ちゃんはほんと、サンタさんが来るのをすっごくすっごく楽しみにしてるから。もう、毎日毎日「サンタさんは?」って聞いてくる。

で、梅ちゃんが言う事を聞かない時は「あ、じゃぁ、もうサンタさん来ないよ。梅ちゃんが言うこと聞かないんだったら、サンタさんに電話してプレゼント要らないって言っとくね。」って言うと、電話の受話器(空想のね)を取る振りをして、私にその目に見えない受話器を渡して、サンタさんに電話しろって言う(笑)。もちろん、「ちゃんと言うこときくから、プレゼント持ってきてね」って言う内容の電話をかけるためにね。マジにそれをするから、又可愛い。それも、一日に何回も何回もさせられるからね、ほんと(^^;)。

うちの近所のディズニーキャラクター商品を売っている店に、毎年この時期にウインドーにサンタさんの格好をしたおじいちゃんが座るんだけど、そこを通るたびに梅ちゃんに「ほら、サンタさんだよ。クリスマスまではここに座ってて、クリスマスにちゃんとプレゼント持ってきてくれるんだよ。だから、ちゃんと手を振っておかないと、持ってきてくれないよ。」って言うんだけど、本人緊張しちゃって逆に固まっちゃうのよね(笑)。

ベビーカーに座ったまま、手首がほんのちょっと上に向くくらいで、「ほら、ちゃんと手を振らないと。」って言うんだけど、恥かしがりやさんだから手の振り方もかなり消極的。

今日は、もうちょっと手が上に上がったんだけど、緊張の為かその場を立ち去った後もしばらく手が上がったままだった梅ちゃん(笑)。サンタさんに投げキッス送ってもらって恥かしかったのかな。ははは。

話は変わるんだけど、このサンタさんの居るお店の隣が八百屋さんなんだけど、今日なんとそこで大根発見!
なかなか売ってないんだよなー、大根。どこでも見つけると即行買うんだけど、そのお店で売ってるの見るのは初めてだった。お店のおばちゃんと喋ってて、おばちゃんが「このラーペは、ダイコンとも言うのよ。」って言うので「あら、それは日本語だわ」って言うと「そうね、もともとはそっちの方が原産だからね。」って言ってた。

で、今晩はそのダイコンを使って、以前旦那が韓国食品店で買ってきてくれてた冷凍おでんの元(ちくわやらごぼ天(でも中はごぼうじゃなかったぞ)やらのおでんの具が入ったパック)と一緒におでんを作った。

あー・・・。感無量・・・。

おでんのお汁をたっぷり含んだ、とろとろに柔らかくなったダイコンを口に入れた瞬間。

あー、私って日本人・・・・・・・・。う゛ーっ、うまいっっ!

おでんの具も最高だったし、おでんのお汁色がついたゆで卵・・・。

はー・・・・。

ご馳走様でした。(◎´∀`◎)


旦那は仕事で居ないから、梅ちゃんと一緒に食べようと思ってたのに、夕食前にお風呂に入る前くらいから、耳を触りだした梅ちゃん。

「痛いの?」って聞いても「痛くないー!お薬しないー!」って言うので、ちょっと気にはなったんだけど、お風呂に入った。

で、入ってる最中も出た後も頻繁に耳を触るので、「ほんとに痛いの?どの位痛い?」って言ったら、「タキピリーナ(鎮痛剤)しないーっ!!絶対しなーいーっ!!」と泣き出す始末。

結局、薬したくなくて泣いてるのか、ほんとに痛くて泣いてるのかが分からない。

でも、泣きながら「きーっ!!」って言って、耳を肩にこすりつけるような仕草もするし、偶に「いた~~いっ」って言ったり、両耳を押さえたりするので、タキピリーナを入れることにした。

本人も、嫌がるけど心の中では分かってるみたいで、座薬を入れる時には泣きながらもおとなしく入れさせてくれた。

はー。これはやっぱり中耳炎みたいだね。またかよー。それもよりによって、クリスマスの連休に入ったところで。先生、休みで居ないよー(涙)。

明日又痛がるようなら、救急病院だね、これは。かかり付けの先生が居ないとなると救急病院しか手が無い。

でも、旦那の居ない今晩、薬を入れたすぐあとに寝付いてくれたから良かったよ。
結局泣いて泣いてしたので、梅ちゃんご飯も食べずに寝てしまった。

なので、申し訳ないけどおでんは私一人で堪能・・・。でも、まだ半分くらい残ってるから、又明日のお昼にでも梅ちゃんと食べようっと。

あ、おでんの写真はあまりの腹減りと梅ちゃんのことでバタバタしていたので、撮る間もなく私の胃袋へ・・・(^^;)。へへっ。
[PR]
# by honestpumpkin | 2006-12-24 06:34 | 育児

新・携帯!& ルーさん便秘

d0009639_21202279.jpg2日前、旦那が携帯を買ってくれた☆ 
うききーっ!

いやね、今まで使ってた携帯ってもうかれこれ5年も使ってたのよね。もちろん白黒よ。だって、今は主婦やってるんだし、携帯自体そんなに使ってなかったから、別に特に新しい携帯の必要性もなかったからね。動けばいいのよ、動けば。

ただ、さすがに5年も使っていると、バッテリーの方がそろそろ寿命が来たのか、充電しても電池が一日持たなかったりしていた。

朝充電して、夕方誰かから電話がかかってくると、携帯を手にした瞬間には電池が切れて、結局誰からかかってきたかを見る間もなく・・・って感じを最近繰り返してたので、「このクリスマスの時期を利用しなくては!」と思いつき、旦那に猫なで声でお願いしてみた(笑)。

最初はね、安いのでいいって思ってたのよ。でも、人間って欲が出るもんで(笑)、色々機種を勉強していくと、「やっぱり同じ買うなら妥協をせずにいいものを」ってところに行きついた私。
それでも、やっぱりうちの家計の予算も有るからね、そんなに高すぎず、かといって高機能のもの・・・で、買ったものが上の写真のものなのだ。(早速、待ち受け画面に梅ちゃんの写真なんかもダウンロードしたりして(^^;)。)

まだまだ、この携帯についてる機能に関して勉強しなくちゃいけないんだけど、これ、なかなかの優れもんよ。
この機種が選択肢に入ったのも、桃ママのお陰。同じ機種を旦那さんが使っているらしく、かなり気に入っている、とのこと。お店の人とかも、「このメーカーから出てる分ではかなりの優れもので、あまりの人気に製造を中止したらしい」とのこと。

ただ、型が出たのが2年ほど前なのかな。だから、ま、2年落ちって感じなんだけど、内容は全然2年物でも今の出てる分と変わらないし値段もいい感じで出てたし、これに決定したのだ。

d0009639_2156345.jpg早速、内臓カメラを使って色々試し撮りとかをしてみた。

梅ちゃんメインの日記だから、うちのニャンコちゃんの影が薄くなっているので、ここいらでちょいとゾヤさんでも。うちの姫猫。

やっぱり、今持ってるデジタルカメラに比べると画像がちょっと落ちるけど、これでも1.3メガピクセルもあるから、携帯のカメラにしてはいいほうじゃないのかなぁ。
(なんて言ってるけど、日本で今出てるのだったらもっといい画像が出せるのとかあるんだろうなぁ・・・)
こっちで、2.0メガピクセルを超える携帯になると300ユーロ前後(約45,000円)もするからね。ちょっと主婦用には手が出せる値段じゃないしね・・・。

d0009639_2215474.jpgで、今度はルーさん。

2匹とも目の中に入れても痛くないほど溺愛してるのよ、私。

で、今回の題名にも書いたようにルーさんがちょっと便秘気味。

昨日とおとといは猫トイレにルーさんのうんちが無かった。その前の日は旦那が掃除をしてくれたので、有ったのかどうかも分からず。旦那に聞いても覚えてない、と。(ほんと、うちの旦那はこういうことに無関心だからねぇ。)
あ、どうして2匹のうんちが見分けられるかって言うと、全然大きさが違うのよ。ゾヤさん体つきもルーさんの半分くらいのサイズしかないので、うんちもルーさんが特大サイズに対してゾヤさんはミニサイズ(笑)。猫トイレの中でする場所も決まっていて、ルーさんは決まって入り口近く、ゾヤさんは反対側にする。

2匹とも老猫だし、ここ最近は2匹とも(特にルーさん)うんちのペースが一日おきになってきてるのは気付いてたんだけど、2日も(もしくは3日かも)空くなんてちょっと心配になる。

2年前に腸閉塞になって手術もしたしね、ルーさん。あれも、確かうんちが詰まっちゃってなったように記憶してるんだけど。

今のところ食欲もあるし、寝てばっかりいるけど元気だし、おしっこもしてるし・・・してないのはうんちだけだから様子を見てるんだけど、いかんせん、今はイタリアはクリスマス休暇に突入しようとしてるから、動物病院にいざ・・・って言う時に開いてるのか、とか心配だわ。ま、最悪緊急病院があることはあるけど。

ネットで色々調べてサツマイモがいいって言うから、今サツマイモを茹でて潰して、かつを節と混ぜたものをあげてみたけど、一口食べたらもう食べないしね(ーへー)。

綿棒にオリーブオイルつけて、肛門辺りをちょろちょろっと触ってみたけど、それもあんまり効果が無いみたいだし。

ルーさーん、お願いだからうんちしてー!

なんか、梅ちゃんもトイレトレが完了したものの、オムツ外して以来3日に一回ペースのうんちでちょっと便秘気味だし、二人揃って母ちゃん心配させないでよー。とほほ(^^;)。
たかがうんち、されどうんち・・・。

・・・とここまで書いて、旦那が今動物病院に電話をしてくれた。
明日まで待って、まだしないようなら「(人間の)子供用の浣腸」もしくは「便秘用シロップ」をしてみるといいらしい。
ちょうど、梅ちゃん用に今日薬局で便秘用のシロップと浣腸を買ってきたところだから、最悪使ってみよう。
[PR]
# by honestpumpkin | 2006-12-22 16:14 | うちのニャンコたち

またまた桃ちゃんちへ

今回も前回に引き続き、桃ちゃん宅ネタで(^^;)。

いや、実はね。桃ちゃんのお誕生会の時にメインのもの、そうお誕生日プレゼントを持って出るのを忘れたドジな私・・・。はい、1週間送れて渡しに行ってきたのA(^^;;)。桃ちゃんごめんねー!

お誕生会当日は、きっと風邪で頭がぼけてたんだと思う。
プレゼント、ちゃんと梅ちゃんと一緒に包装して、*忘れないように*玄関に置いている梅ちゃんのベビーカーの上に置いておいたのに、いざ出かけて車に乗り込んで半分くらい行ったところで「・・・・・!!!!!」なんて思い出した。

小さい子供が居ると、あれや、これやって持っていくものが増える上に、梅ちゃんが「赤ちゃん持って行っていい?アンパンマン持ってっていい?熊さん持ってっていい?」なんて言うからね(←ちょっと言い訳も有ったりして(笑)。)

で、梅ちゃんに必要なものとか「これで大丈夫かなぁ・・・。道中に飲ませるお水にクッキーに、タオルに・・・。」って言ってる間にすっかりプレゼントの存在を忘れるなんて。ほんと私も年だわ。それも一番大事なものをね(苦笑)。

ま、とにもかくにも、そういうわけで再度桃桜ママんちへ。

d0009639_23165251.jpg今回は、前回のようにたくさん大人も居ないし、勝手知ったる桃ちゃんち。
着いてすぐにエンジンかかって、桃ちゃんといつもの様におもちゃの奪い合い。
幼稚園で覚えたのか、どこで覚えたのか、今まではおもちゃを奪われたら、奪われっぱなしだった梅ちゃんが、桃ちゃんを叩いたりするようになった(ーー;)。

で、「ごめんなさいは?」って言っても、絶対言わない(ーー;)。ったくねー。











d0009639_23441236.jpg
昨日は、梅ちゃん生まれて初めてのパズルにも挑戦。

桃ちゃんはもう既にベテランの域(笑)。結構何十ピースもの難しいのを難なくこなしている。すごいねー、桃ちゃん。→















d0009639_23451153.jpg
梅ちゃんは初めての体験なので、まずは2ピースパズルから(笑)。で、2ピースの後は3ピース。お、これも出来たぞ。
で、4ピース。この辺になると、まあ出来るけどちょっと難あり、って感じ(笑)。でも、なんとなく出来るね。













二人でパズルをする様子。  まずは取り合いから(笑)。
d0009639_23473886.jpg

梅ちゃんのしているパズルを奪おうとする桃ちゃん。
梅ちゃん「いやー!」って必死の顔(爆)。



桃ママ登場。桃ちゃんを説得して二人を少し引き離す。
d0009639_23491920.jpg


でも、梅ちゃんの方から又桃ちゃんに引っ付いていく(笑)。
d0009639_2350865.jpg

この後は比較的仲良くパズルをしていたかな。

良かったね、梅ちゃん。ちょっと違う体験が出来て。

d0009639_0144320.gif


で、昨日は家に帰ってきたときに向かいの家を見るとドアの前にこんなものが有った。
d0009639_053664.jpg


日本以外の国って家の中では靴で生活する、って思われてるよね。でも現実は意外とそうでも無いんだなぁ(笑)。
うちも、基本的に土足禁止の家にしているんだけど、友だち以外の来客、例えば工事の人や何かの修理に来た人には「脱いでください」とも言えず、靴のまま上がってもらっている(嫌なんだけどね)。
でも、義父母の家もうちと同じ。あちらはうちほどは徹底してないけど、基本的に家族には「靴を脱ぐように」言っている。でも、絶対この方がいいよね。だって、土足で入るのと全然床の汚れ具合が違うもん。なんと言っても衛生上この方がいいよ。特に小さい子供が家に居る場合はね。

で、話は戻りお向かいさん。
彼らんちでも、家の中では靴脱いで生活してるんだろうね。偶にこういう光景を見かける。
・・・でも、家の外に靴を脱いで置いておくなんて・・・(^^;)。さすが、ナポリ(近郊)出身の家族だわ(笑)。
[PR]
# by honestpumpkin | 2006-12-18 16:55

桃ちゃんの3歳のお誕生会 & 梅ちゃん中耳炎(涙)

土曜日、桃ちゃんの3歳のお誕生会へ行って来た。

参加ちびっ子メンバーは、主役の桃ちゃん、うちの梅ちゃん、nanaさんのあきら君、欠席予定だったけど何とか出席できたえど君の4人。

この中で梅ちゃんが一番年下かな。って言っても、桃ちゃんと3ヵ月半ほど違うだけだから、まぁ、言ったら、あきら君が4歳で一番大きいけれど、皆おんなじ様なもんね(笑)。

この日は梅ちゃん、行き慣れてる桃ちゃんちのはずなのに、大人もたくさんいたせいか、かなり長いこと固まっていた(^^;)。まるで幼稚園の最初の慣らし期間の時のよう。

この子はほんと慣れるまで人見知りがすごいからねぇ。ま、こういう性格だから知らない人には簡単に着いてかないだろうから、そういう面ではいいんだろうけど、こうも固まって同じ場所から全く動かないのもね・・・(苦笑)。みんな、ブロックやらおもちゃやらで遊んでるのに。

でもま、徐々にほぐれてきて、ちょっとはみんなと積み木したりするようにはなったけど、まだまだ本領発揮までには至らず(笑)。あんた、猫かぶりすぎ。
d0009639_2316457.jpg


初対面だったnanaさんには「おとなしい子」って見られたんじゃないかな(笑)。

でもその内、エンジンもまた徐々にかかり始め、皆で4人一緒に車の形をしたテントに入ったり。このくらいになったら、普段の梅ちゃんに近くなったね。
d0009639_23191566.jpg


このテント4人も子供が入れるんだねぇ(笑)。4人きっちり入ったところを写真に収めたかったんだけど、撮ろうとすると誰かが出る・・・(^^;)。子供の写真撮るのはやっぱり難しいわ。




そして・・・・・・・・桃ちゃん、3歳おめでとーっ!!(〃^▽^)o∠※パーン!!”。・:*:・゜☆
d0009639_23205778.jpg

無事に、健康に3歳が迎えられて良かったね。これからも元気に育っていってね。

d0009639_23474112.gif


この日の夜、寝るくらいの時間から又寒気が。前日も38度の熱が一晩中有ったしね。で、夜熱を測ってみると38.5度(>_<)。梅ちゃんも触ると少しふだんより熱かったので、熱が出てきたのかなって思ってたんだけど、自分の熱を測った時点で思う。
「熱の有る私が梅ちゃんを触って熱い、って思うってことは梅ちゃんはそれ以上?!」

で、急いで梅ちゃんの熱を測ってみたら、39.5度(>_<)。あちゃ~。

私の症状からも(4日も続けて熱が出てる)きっと梅ちゃんも熱がしばらく続くかも・・・の想像通り、結局昨日の日曜も39.3度。

今朝(月曜)になってからは、耳が痛い、と言う。少し様子を見たんだけど、朝起きてからずーっと機嫌が悪くて、「耳痛い、先生に電話して。」を連発するので、かかりつけの小児科の先生に電話をして受診してもらうことになった。

耳を診てもらう時も、ちゃんと自分から先生に電話をして、って言ったとおりに、おとなしく耳を診てもらっていた。すごい。今までなら耳診せるのすごく嫌がってたのに。

で、やっぱり、痛いって言ってた方の右耳が中耳炎になっていた。梅ちゃん可哀相。

先生の所に連れて来る前に痛み止めとしてタキピリーナの座薬を入れていたお陰で、その時は痛みが治まっていたけど、家に帰ってからしばらくしたら又かなり耳を痛がりだした。
で、又タキピリーナを入れたんだけど、可哀相、梅ちゃん。かなり痛そう。今は薬のせいで落ち着いて寝てるんだけど、後で又薬が切れたら痛がるだろうなぁ。
先生から処方された抗生物質ってすぐに効いてくれるのかなぁ。

・・・と言う訳で、幼稚園も木曜日まで休むように先生に言われた。とほほ・・・。

昨日もほとんど食べてないし、今日も食欲があんまり無いから、ちょっとそれも心配だわ。きっと飲み込んだりするときに、耳に不快感が有るのかもね。

はやく元気になってねー、梅ちゃん。
[PR]
# by honestpumpkin | 2006-12-11 15:05 | 育児

クリスマスツリーと保護者会

今週一週間は死んでいた私(TへT)。

日曜日に突然の腰痛から始まり、それが少しましになりかけたと思ったら、以前からずっと治りきらない咳風邪が又ぶり返し、昨晩には38度の発熱。
なんで急に腰痛が始まったのか分からないし、ぎっくり腰みたいにギクッて言ったわけでも無いのに急に始まって、日曜の晩なんて歯を磨くのに身体を曲げるのも辛いくらい。ほとんど動けなかった。

昨晩からは熱のせいで、背中やら関節やらが痛い上に、腰痛も重なって、その上咳のし過ぎで腹筋も痛い。
鼻水は絶えず出てくるし、頭もボー。たすけてーっ!なんか、体ぼろぼろの気分よ。

でも。明日は桃ちゃんのお誕生日会がある。頑張って治さねば。桃ちゃんの3歳のお誕生日一緒に祝ってあげたいもんね。

d0009639_6505818.gif


で、話しは変わり、今日のこと。

この病気の身体に鞭打って、クリスマスツリーをイタリアの伝統に従ったわけじゃぁないんだけど(笑)、今日押入れから出した。(12月8日はマドンナの受胎日(だっけ?)で、クリスマスツリーを飾ったりする慣わしが有るんだよね、確か。)

ほんとはもう少し前に出したかったんだけど、こんな状況だったので出来なかったの。それに、今日は祝日で梅ちゃんも幼稚園がお休みだったから、一緒にツリーを飾るいいチャンスだったしね。

d0009639_641629.jpg梅ちゃんが旦那と一緒に「ガットー・ディ・パターテ(もともとフランスのレシピなのかな。潰したジャガイモにチーズやらハムやらを混ぜて、四角いケーキ型とかに入れてオーブンで焼いたもの)」を作っている間に、せっせとツリーを組み立てる。この作業は一人でしないと、邪魔されちゃぁ大変だからね(笑)。

ジャガイモを鍋の中で洗っている梅ちゃん(笑)。お手伝いできて嬉しかったみたい(=^^=)。→


で、飾りをつける作業の所で、ちょうどタイミングよく私のいる居間に来た梅ちゃん。居間に入るや否やツリーを見て、はっとして立ち止まる。吃驚したみたい(爆)。

そりゃぁ、さっきまで何にもなかったところに大きなツリーが出現してるんだもんね。





d0009639_68919.jpgで、それからは必死に飾り付けをする梅ちゃん。

ほっておくと、同じ場所ばかりにボールを付けようとするので、痛い腰を曲げながら、ツリーをまんべんなく回転させて、付けさせる。
「ここに付けて」ってお願いしても、無視。自分の思うところに付けなければ気がすまないらしい(^^;)。





d0009639_610141.jpgこの飾りも付けたかったんだけど、すっかり梅ちゃんのネックレスと化してしまい、何度言っても付けさせてくれない。→

この後も、この飾りを置いた隙にそーっと飾っておいたんだけど、ツリーを見るや否や、「外してーっ!!」で、引っ張られてしまった・・・。おいおい、梅ちゃん。


あと、ちかちか光る電球のコードもあったはずなんだけど、前回出したときに閉まったのが旦那で、それをどこに閉まったか分からない、と。

結局見つからないので今度外出する時にでも買うしかないか。ったく、旦那に片付け任せると絶対こうなるのよね(溜め息・笑)。





d0009639_6193978.jpg
ほおんと、梅ちゃん、それ返してよー。

この梅ちゃんに奪われた飾りも付けられないし、電球のコードも無いしで、出来上がったツリーもちょっぴり寂しい。

ま、でも飾り自体も未だ少ないし、「毎年買い足そう」と思ってたから、電球コードも買うついでに飾りもちょっと増やそうかな。

このツリー、梅ちゃんが未だ私のお腹に居たときに買ったもの。
梅ちゃんに、と私が買ったのだ。最初の梅ちゃんへのプレゼント。去年は未だ、一緒に飾り付けをしたり、なんて出来なかったけど、今年は一緒に出来たね(^^)。
これからも毎年、一緒に飾りを付けようね。




d0009639_650439.gif


話は又ちょっとそれて、昨日幼稚園へ梅ちゃんを迎えに行ったときのこと。

その前日に、実は18時から保護者会があって、それに梅ちゃん付きで私も参加する予定にしていたんだけど(旦那は仕事)、17時に梅ちゃんをピックアップした時に先生に「じゃぁ、小1時間したらここに戻ってきます。」って言ったら、「こんな寒いのに(風があったからね)、保護者会のためだけに一時間もうろうろしなくちゃいけないんだったら、参加しなくてもいいわ。UMEはとってもいい子で言うこと無いから。明日、旦那さんと来てくれたら、保護者会でも保護者に見せる自身の子供のアクティビティーファイルとかも見せてあげるから。」って言われたので、結局参加せずに家に帰った。旦那も一緒に梅ちゃんのやっていること見れるほうがいいもんね。それに遅くまで残らなくていいし。

で、昨日旦那と一緒に行ったときに、梅ちゃんのファイルを見せてもらった。

中には授業中にやったお絵かきやら、貼り絵、絵の具を使った塗り絵等が有った(笑)。貼り絵なんか「これ梅ちゃんが一人でしたの?」って出来。ま、簡単な栗の絵でこげ茶と薄茶を使って、色分けして貼るものなんだけど、上手に2色を使って貼り絵されてるのを見てちょっぴり感動☆

先生からも、普段の梅ちゃんの様子を教えてもらった。これって親としてはとっても興味深いのよね。普段送り迎えは先生もバタバタしてゆっくりと喋ることが出来ないし。

梅ちゃんは最初通い始めた頃はちょっと大変で、先生にばかり引っ付いて、子供の中に入っていこうとしていなかったらしく、その間、彼女はじーっと子供達を観察していたらしい。---分かる、分かる(笑)。じーっと上目遣いで、まわりの状況を観察してるのね。すごくその状況が想像出来るわ。

で、だんだん慣れてきた頃には、自分から子供達の中へ入っていくようになったし、今では他の園児の口まわりが汚れていたら、拭いて綺麗にしてあげたり、泣いてる子がいたら、なでなでしてあげたりしてるらしい(笑)。

先生が特に強調していたのが「この子はね、すっごく礼儀が正しいの。毎回ちゃんとお礼も言うし、すみません、とかもしょっちゅう言うし。ほんとにこんな礼儀正しい子は居ないわ。」と。

もう、親として鼻高々よね(笑)。これって親の教育のせい?(笑)ははは。
まぁ、そんなに厳しく教育したつもりは無いんだけど、いつの間にか身についてくれてるのね。

それに、これって日本で子育てしてる人だったら結構当たり前のことじゃないかなぁ。最低限でもちゃんとお礼のいえる子、に育てるとか。

ちなみに余談だけど、うちの義母は「この子は生まれたときからちゃんとお礼の言える子なのよ。」と、私が教えた、なんてことは絶対思わない人(ーへー)。ま、いいけどさ。お母ちゃんだって頑張ってるのよ。

ま、そんなこんなでいっぱい褒めてもらって良かったよ。先生困らせるような問題児だったら、こっちも心配になるしね。

最近は幼稚園行くのも全く嫌がらなくなったし、こうやってどんどん成長していってるんだなぁ。
[PR]
# by honestpumpkin | 2006-12-09 22:53 | 育児

添い寝について考える

梅ちゃんは生まれたときから今までずーっと夜寝るときは私と一緒に添い寝している。

添い寝に関しては、各お母さんそれぞれの意見が有ると思うんだけど、私は添い寝賛成派(=^^=)。
親によったら、子供は生まれたときから別室でベビーベッドに寝かせている人も居ると思うし、それはそれで間違っていないと思う。
特に欧米諸国では、別室で・・・もしくは同室でもベビーベッドでって言う人が多いんじゃないかなぁ。

うちも、出産直前に義父母が買ってくれたベビーベッドが私たちの寝室に有る。でも、梅ちゃんを昼寝させるのに、一時ちょろっと使ったくらいで今は物置と化している(^^;)。(←猫のベッドになっていると言う説も・・・。いやー、義父母には秘密よーっ!笑)

それに、うちは現在子供部屋が無いしね。将来、家を改造して子供部屋を作る予定にはしているんだけど。
ちなみにイタリア人の友だち、ガイアママは彼女の家も子供部屋がなくて、ベビーベッドを自分達のベッドの横に置いているんだけど、結局未だにガイア(2歳半)と一緒に寝てるみたい。

親と別のベッドに寝かせると言うことは、子供の自立を助ける、なんて言われてるんだろうけど、どうなんだろうね。確かに合ってるかも知れないけど、どっちが正しい、なんてきっとその子その子によっても違うだろうし、私は私の母性本能に従っているつもり。

以前にうちの近くに住んでいたのどかママが、イギリスからアメリカ出身のママ友が彼女のうちに息子(当時13ヶ月くらいだったかなぁ)を連れて遊びに来たとき言っていたことを偶に思い出す。

イギリスの自分の家では息子は子供部屋で一人で寝かせていると言う彼女。のどかママ宅ではよそ様宅なのでゲストルームに子供と一緒に寝るのを余儀なくさせられていたんだけど、彼女が滞在している間、夜「寝れない!」と嘆いていたらしい。

なぜかと言うと、一晩中息子君が愚図ったりするのがうるさいかららしい。でも、それって普段からきっと愚図ってるかもしれないけど、別室に寝ているが為に聞こえないのよね。だから、自分もそれを無視することが出来るし、か、気付かずに朝まで寝れる。

う~ん。こう言った場合って、ほんとにこれでいいんだろうか。

もちろん、泣くたびにあやしてなだめてせずに、ある程度放って置くって言うのも、ある意味甘ったれの子供にならせない為には必要なのかもしれないけど、でも、そんな小さい子を、まだ、親に甘える云々まで思考がいかない子供を・・・なんて思ってみたりするんだけど。

あ、でももちろん、別室に寝かしてて夜泣くたびに行ってあげるお母さんも居ると思うけどね。それに、決して別室で寝かすことに対して反対意見を持ってるわけでも無いんだけど。

自分自身、それをやってみたことが無いから、こうだ、って言う意見も言えないし。

ま、私自身も添い寝をしてて「いつまでこれを続けよう」とか、「そろそろベビーベッドで寝かせる習慣をつけようか」とか偶に思うんだけど、自分自身の甘えもあってか(笑)、未だに添い寝を続けている。

だって。
添い寝って、自分自身にとっても、子供にとっても、とってもいいスキンシップになっていると思うんだな。

夜中に眠りながら無意識に私を手探りで探す梅ちゃん。それを受け止めてあげて、ぎゅっと抱っこして一緒に眠る。

あー、しあわせー・・・なんて思ったり(笑)。

これってちょっと私の我が侭も入ってたりする?(笑)

でもね、梅ちゃんがふっと目を覚まして寝ぼけながら「おかぁちゃん、(背中を)とんとんして。」なんて言う時に、とんとんしてあげながら寝るって、梅ちゃんにとってもこれ以上無い安心感を与えてると思うんだよね。

私が子供の頃、何歳くらいだったんだろう、弟がまだ「赤ちゃんorすっごく小さい」って言うイメージがあったから私が4歳か5歳くらい?の頃かなぁ、ある夜、隣のベッドで寝ていた(子供3人子供部屋で寝ていた)弟が夜中に泣いたのかな。

それをなだめに父が部屋に入ってきて、弟が又寝付くまで傍で付き添っていたのを覚えている。
で、弟が寝付いたら、父がそーっと弟のベッドから離れて部屋から出て行こうとしたその時、私が目を開けて父の顔を見たら父と目が合った。

すると父は「しーっ」って人差し指を口に当てて、そーっと出て行ったんだわ。きっと、「弟が起きるから喋っちゃいけないよ、おやすみ。」って意味だったんだろうけど、私、なんかショックだったんだなぁ。今でもあのときのシーンをはっきり昨日のことのように覚えてる。

そんな小さいときの記憶を今まだはっきり覚えてるって、きっと私の中で相当ショックが大きかったんだと思う。

何がショックだったかって、父が部屋から出て行ってしまったこと。
声に出して「まだ行かないで、私が寝付くまで一緒に居て!」って言いたかった。なぜか、言葉に出すのはいけないような気がして、でも、子供なりに「弟は小さいから、父が来てくれるんだ。」って思ったり、「でも、なんで私にもおんなじことしてくれないの。」って寂しかったり。

だからかなぁ、今梅ちゃんにおんなじ思いはさせたくない、って思ってしまうのは。

中学の頃、夜中に怖い夢を見て、父母の寝ている寝室のドアを何度かたたいたことがある。
中に入れてもらって、父母の寝る間に入れてもらって、川の字になって一緒に寝たときの安心感。

これも今でもはっきり覚えている。あったかくって、何も怖いものがなくて、安心して眠れた。

だから、梅ちゃんにも同じ安心感をあげたいんだよねぇ。

ま、いつかは添い寝は止めることになるんだし、まだもうちょっといいかな(笑)。梅ちゃんのためにも、*私*のためにも(^^;)。

それに、戦前戦後のまだ国自体が貧しい頃なんて、皆狭い家の中で雑魚寝してたんでしょ。そのせいで自立できない甘ったれな人間になったって人も聞いたこと無いし(笑)。

正直言ったら、この先もずっーと梅ちゃんと添い寝したい所なんだけどね(笑)。でも、その内梅ちゃんの方から離れていくんだろうな。ははは~。
[PR]
# by honestpumpkin | 2006-12-01 16:35 | 育児

水疱瘡警告

ここ何日か、旦那の仕事がすこしペースダウンしてきたので、昨日今日と朝の幼稚園への送りは旦那にやってもらった。
で、今日は迎えにも旦那が行ってくれたので楽ちん♪ だった私(=^^=)。時間がたっぷりあったので、家の掃除しつつひっさびさにマフィンまで作ったよ。

で、今日旦那が梅ちゃんを連れて帰ってきたときに、「今日幼稚園の先生が水疱瘡の子がクラスに居るので、梅ちゃんも水疱瘡にかかるかもしれない。」と言われたそうな(>_<)。

先生曰く、潜伏期間も考えて、症状が出るなら10日後くらいかも、と。でもまぁ、水疱瘡は子供のうちにやっておいた方がいいって言うし(大人になってからなると重症化するらしいから)、特に将来妊婦になった時に水疱瘡になるのは、危ないって言うからね。ま、そう考えると今回なってくれた方がいいような気もするが。

もう、どーんと来いよって感じ(笑)。色んな病気もらってきて、どんどん抵抗力つけて丈夫な子になるんだよ、梅ちゃん。

最近の梅ちゃんはすっかり幼稚園にもなじんできた様子で、先週までは幼稚園に近づいた時点でしくしく泣き出していたのが、今週になってかなり機嫌良く家を出る様になって来た。

それに、他の園児達とも一緒に遊ぶようになって来たみたい(^^)。2、3日前から「今日アレッシオと一緒に積み木した」なんて言う様になったし、昨日なんかは「ファブリツィオと遊んだ」(男の子ばっかりかよ(爆)とか、あ、でも今日は「ジュリア(♀)と遊んだ」なんて言ってたな(笑)。

昨日はファブリツィオ(梅ちゃんの発音ではファビツィオって言うの(笑))と一緒に寝た、とも言ってたな(爆)。それを聞いて大笑い。ほんとかよー。かぁちゃん心配するよー。

今日帰ってきたときには「今日はファブリツィオと一緒に遊んだの?」って聞いたら「今日、ファビツィオ居なかった。ファビツィオ、お母さんとこ帰った。」なんて言ってた。ひょっとして水疱瘡にかかってたのはファブリツィオなのかな。

子供がしゃべれるようになると、私の知らない幼稚園での様子とかでも少しだけでも報告してくれるから嬉しいね。ま、それが全部真実かどうかは「?」としてだけど(笑)。でも、梅ちゃんが楽しく過ごしてることは伝わってくる。

そうそう、ついさっきのことなんだけど、晩ご飯を食べ終わったときに、梅ちゃんが今日私の作ったマフィンを入れた容器を発見。
明日の朝に食べさせる積もりにしてたんだけど、「これ何ー?」って言うので、見せてあげた。

見せたら欲しくなるのは分かっていたので「いい匂いするでしょー?じゃ、梅ちゃんがうんちしたら、食べていいよ。」(最近便秘気味で今日でうんちしてないの3日目だからね)って言ったら、「はーい」ってとってもいい返事してどっかに行ってしまった。で、「マンマー、見てー!見てー!」って声がトイレの方でする。

トイレに見に行ったら、パジャマのズボンとパンツを一人で脱いで、トイレにちゃんと座って、「うんち出たー!」なんて言っている。

足掛けの台も無いのにどうやって登ったんだろう・・・(笑)。この便座結構高さがあるのよ。こんなことまで一人で出来るようになったんだねぇ。
で、もちろん「うんちが出た」なんてのはうそ(^^;)。マフィン食べたさにここまでやるとは可愛すぎ(笑)。

で、結局嫌がる梅ちゃん押さえつけて浣腸してうんちをさせて、マフィンをあげた。すんごい勢いで食べる姿を見たら「お母ちゃん、又作ってあげるからね」なんて気持ちになるね。

旦那がお菓子類を一切食べない人だから、こうやって娘が食べてくれると作りがいがあると言うもんだわ。

でも、マフィン作りながら今日ふと思ったんだわ。
「仕事見つけて始めるようになったら、こんなに優雅にお菓子作って・・・なんて出来なくなるんだろうなぁ・・・。仕事をするべきか、お母さん業に徹するべきなのか・・・。」なんてね。

仕事っても、パートタイムしか時間が許されない今の自分の状況。パートタイムすら、ほんとに時間が取れるんだろうか、なんて思う。特に中心街とかまで仕事に出るとすると。

あー、なんだかなぁ。仕事はしたいけど、余裕のある人生が全くなくなると考えると・・・。女って子供が出来ると、子供の手が離れるまではほんと制限つきの人生になってしまうんだなぁ。

ま、かと言って子供を作ったことに関しては全くの後悔の念は無いんだけど。ふ~。
[PR]
# by honestpumpkin | 2006-11-30 07:02 | 育児

桃ちゃんファミリーと過ごした週末

先週はニューヨークの友達カミールが来たり、桃ファミリーと土曜日を過ごしたり、日曜日に旦那の友だちカップルを招いて昼食をしたりで、来客続きだった我が家。
あっと言う間に一週間が終わった感じ。でも、友だちとわいわい過ごすのって楽しいね。

そう、土曜日は桃ファミリーが久々に私たちの街まで来てくれたので、昼食を中華やさんで一緒に食べてその後午後をゆっくり一緒に過ごした。

梅ちゃんも久しぶりに会う桃ちゃんとずっと手をつないで歩いたり、抱き合ったり(笑)、チューしたりで、アツアツ(爆)。

中華レストランでも、ガラス張りの床下に居る鯉やら亀を追っかけてこんな感じで楽しんだり。
d0009639_19511188.jpg


公園でも、こうやって手をつないで歩くふたり。
d0009639_1952761.jpg

ちょっとでも桃ちゃんが先に行ってしまうと、「桃ちゃーん!おいでーっ!」と呼ぶ梅ちゃん(笑)。

d0009639_1959215.jpg


公園の遊具で少し遊んだ後は、梅ちゃんの大好きなお馬さん(ポニー)のところへ。

この公園に来たら馬に乗せないと帰らせてくれないからね(^^;)。なので、すっかりポニー乗り場でもお得意さんになってしまっている(笑)。
この日乗ったのはビオレッタって言う名前のポニー。
d0009639_2031191.jpg


この他にも、フィアンメッタやらパッリーナやらテーオやらほとんどの馬の名前を覚えている梅ちゃん(笑)。
ほんとに馬が好きで、コインを入れて動く乗り物も馬さんしか乗らないからねぇ。

将来乗馬でも習わせようかしら(笑)。

最初は怖がって乗らないって言っていた桃ちゃんも、梅ちゃんが乗っているのを見て「乗る!」と決意。
梅ちゃんが乗り終わった後、この同じビオレッタにまたがり、ご機嫌で上手に一人で乗った桃ちゃん(=^^=)。桃パパも嬉しそうだったわ。

公園の後はうちに寄ってもらって、みんなでまったりと・・・。

いつもは桃ちゃんちでおもちゃを桃ちゃんにすぐに取られてる梅ちゃんだけど、さすが自分の家では「ここは私の縄張りよ」と言わんばかりに、意地悪して桃ちゃんの手に取るおもちゃを奪い取る梅ちゃん(爆)。子供ってほんとみんな一緒ね。

さ、次回彼らに会うのは桃ちゃんのお誕生日会かな。楽しみだね、梅ちゃん。
[PR]
# by honestpumpkin | 2006-11-27 12:44 | 育児